今だけ限定の伊勢 その2

それでは早速、前記事の続きになります♪

まずは、今の季節にピッタリのお花。。。

DSCN5439_convert_20170427204629.jpg

伊藤若沖の世界から飛び出したような大鳥さん、凛々しくとても美しい。。。

DSCN5450_convert_20170427204918.jpg

こちらは麗しの純白の鳳凰さま、ようこそ伊勢へお越しくださいました。。。

DSCN5449_convert_20170427211200.jpg

見て!足元!!墨絵の世界観に、一輪の赤い椿がその地に奉げられています。
伊勢の地から天に昇る龍に、作り手の想いが胸に沁みます。

DSCN5451_convert_20170427220224.jpg

頑張る東北の松も来てくれています。
この勢いある針葉、その一本一本に真心込めて、、、それが生き生きとした力強さを生み出しているのだと思います。

DSCN5438_convert_20170427222457.jpg

こちらは流れる水の音さえ聞こえてきそうな~雅な世界

DSCN5453_convert_20170427205159.jpg

こちらは洋菓子で作られた、北の大地の赤レンガの庁舎。
まるでお城ですね~!それにしても、細工が精巧です。

DSCN5464_convert_20170427222523.jpg

ここまで、流れる人の波に乗りながら、本当に沢山の作品を拝見させていただきました。

で、そんな私が唯一足を止めて食い入るようにずっと見つめ続けた液晶ビジョンがこれ! ↓

DSCN5481_convert_20170427222600.jpg

つまりはこれ!↓

DSCN5485_convert_20170427222623.jpg

えっ?いちいち画像使うんじゃないですって~
まあまあそうおっしゃらず~"r(^_^;) (笑)

要はお雛様の横に並べるあのおみかんの木の事ですよ~♪
このやまとたちばな、野生では唯一の日本原産の柑橘類で、日本のお菓子のルーツなんだそうです。
それもなんと、常世の国(エデンの園)から持ち帰った、永遠に香ると言われる非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)がそれなんです。

そこには、国常立尊(くにとこたちのみこと)が治められていた、常春の『常世の国』(エデンの園のような楽園)の祭政の息吹を、再び時の御世に甦らせたいという祈りがあったから…とのお話で、お雛様の横に必ず飾られているのは、人々の真の平和な暮らしや理想的な国づくりへの祈りが込められたものだとの事でした。

鳥羽市の離島にその原生地があり、鳥羽市の市の木に制定されています。

って事は、、、!?
真偽の程は解りませんが、、、

DSCN5195_convert_20170427222651.jpg

春の伊勢 その1 で紹介した、内宮さんのおみかん。。。もしや?
ちょっと大きすぎるからちがうのかなぁ~?
でも、やっぱりそうだと思いたいなっ(´▽`)♪

今だけ限定の伊勢 その1

DSCN5495_convert_20170426212621.jpg

さあて、
いよいよ新芽が芽吹き、空が、山々が、木々が本気の輝きを放つ季節です~(´▽`)

ズームすると、、、朝熊山です。

DSCN5491_convert_20170426212645.jpg

鼓ヶ岳も、、、

DSCN5493_convert_20170426212709.jpg

柔らかな新芽の芽吹き、そしてこれから金色のお花をつけますから、更に空気感が神聖さを増すように思うのです。

そんな今日この頃、伊勢で開催されています『お伊勢さん菓子博』に行ってきました。
とは言え、このブログにそれを書くつもりはなかったのですが、やはり『お伊勢さん』と枕詞が付くように、伊勢参宮に主観を置いた素晴らしい展示の数々に、皆様にも報告させていただきたいなと思いました。

DSCN5470_convert_20170426212737.jpg

こちらは浮世絵師歌川広重の「伊勢参宮 宮川の渡し」をモチーフに、多くの人が行き交い活気あふれるお伊勢まいりの様子を表現しているシンボル展示です。
三重県の和洋菓子職人100人以上が制作ジャンルを分け、5つのチームが各パーツの制作を行うことで、幅約10m×奥行約5.5mの壮大なスケールの工芸菓子展示です。

DSCN5477_convert_20170426141349.jpg

美しい満開の桜並木、そのお花は10万輪、松の針葉も10万本!1年半もの歳月をかけ、細部に至るまでこだわりぬいた作品を作製されています。

DSCN5475_convert_20170426144959.jpg

詳しくはぜひお伊勢さん菓子博のHP,巨大工芸菓子制作日記をご覧くださいませ。。。

実は私、若い頃に細工物と呼ばれる工芸菓子をほんの少し学んだ事がありまして、そのお色の付け方や、花びら一枚一枚の角度や丸みが全体の印象を大きく左右するという事に感銘を受けておりまして、こういう物に目がないのでございます~(o ̄▽ ̄o)
もちろん、甘いものにも目がない訳ですが、、、(笑)

だから、目にするもの全て、その巧の技に胸を打たれて、そこにボーっとたたずんでしまいたくなるのですけど、いかんせん人出が凄すぎます!

普段、小鳥のさえずりと風の音しか聞こえない環境に身を置くものとしましては、何千、何万の溢れる人の波って未体験の感覚です~( ̄▽ ̄;)
なんだか不思議と笑って、人の波に乗りながら、流れるように沢山の作品の数々を拝見し、少し写真も撮らせていただきました。

自撮り棒は禁止ですが、作品の撮影は許可されているのです~。
てな訳で、構図はもちろんピントさえ合ってるのかの確認もせず、秒速で撮影した作品の数々、イメージ壊してないと良いのですが、少し並べてみます。

まず、お色の付け方、この色彩の美しさに感動した作品

DSCN5455_convert_20170426232455.jpg

鳥さんが生きているようです~

DSCN5446_convert_20170426212805.jpg

この松も大作ですねー!

DSCN5429_convert_20170426212827.jpg

わー♪御木曳の奉曳車!と思ったら地元の和菓子屋さんの作品。

DSCN5432_convert_20170426212852.jpg

細部までこだわってる~

DSCN5433_convert_20170426212914.jpg

最後にもう一度言いますが、これ全部お菓子ですからね~( ̄▽ ̄)
もう少し続きます~

春の伊勢 その5

昨晩の天気予報では雨の心配はなさそうだったのに、お昼間に突然雨が降り出して、雷さんまで鳴っております。
春の雷、恵みの春雷(しゅんらい)でしょうか~(^_-)-☆

それでは、前記事に引き続き、春爛漫の光景から~♪

DSCN5396_convert_20170415012550_201704151524209ae.jpg

こちらは倭姫さんの八重の桜です。
私の氏神さんや、倭姫御陵には、薄ピンクの華麗な桜が沢山あります~

DSCN5341_convert_20170415151410.jpg

こちらはウチの山のいつも私が朝日を見ている場所にある桜です。
ウチの山は至る所に桜の木があるのです~。

DSCN5352_convert_20170415151447.jpg

朝熊山脈も所々ドット模様になっていまして、このドットが桜の木だと思います~。
目で見ている光景はもっと迫力あるのですが、写真ではどうしても難しいですね、、、スミマセン( ;∀;)


そんな頃、庭でちょっとした作業をしていると、人懐っこいイソヒヨドリ君がすぐ近くにやってきます。

DSCN5386_convert_20170415151513.jpg

『ねえねえ、ご飯ある?』
『え?記念撮影? んじゃ、この角度どう~!』

DSCN5388_convert_20170415151554.jpg

決して餌付けをしている訳ではないのですよー、庭の片付けしたり土を掘ったりすると土の中の虫が出てくるでしょ、それがお目当てなのだと思います~。
片付あとのチェックしていますから、、、( ̄▽ ̄;)

そうそう、なんで土堀りしてるかと言うと、、、

DSCN5407_convert_20170415151634.jpg

春の醍醐味、庭に竹の子も登場です~♪

DSCN5293_convert_20170415151704.jpg

セットでお得!とはまさにこの事!!筍ご飯に欠かせない山椒の若芽です~♪
それまでは、枯れ木の様相なのに、ちゃんと季節を揃えて新芽が吹き出してくるのですものねー
もちろん、この山椒も天然の野生ものなんです

そんな頃、庭先にたくさん咲き乱れるは、、、

DSCN5399_convert_20170415151613.jpg

白い花びらに一本の緑のラインが爽やかな、茎が三角形のこのお花、アリュウム・トリクエトリムです。
みつかどねぎの和名を持つこのお花は、南欧の地中海沿岸が原産だそうです。
海風、山風、暖かな気候、そう言えばよく似ているのかもしれませんねっ(^_-)-☆

そうそう、その頃ラピュタの世界のような光景も発見しました!

DSCN5364_convert_20170415151721.jpg

伊勢の東端、朝熊山山麓~二見方面に雲海が発生中!
あの山の山頂から下を見たら、一面雲海の世界かもです~

DSCN5404_convert_20170415151749.jpg

ハナズオウは蜂さん達に大人気!
巡る春を謳歌しているみつばちさん頑張って~d(^_^o)

春の伊勢 その4

DSCN5241_convert_20170415005106.jpg


さあて、春爛漫の代表~♪ トップを飾るのはウチの山の山桜さん、咲き始めの頃です。

そうして、お次はこちらも伊勢だけの山桜、豊宮崎文庫のお屋根桜

DSCN5255_convert_20170415005216.jpg

道路側から支え柱がある木がそうです。カーブミラーの後ろ!他のはソメイヨシノだと思います。

DSCN5252_convert_20170415005236.jpg

あいにく満開の頃お天気が今一つで、、、

DSCN5254_convert_20170415005308.jpg

純白→薄ピンク→濃いピンクとお花の色が変化するんです。

そんな頃、五十鈴川で見かけた白鷲さんや、

DSCN5022_convert_20170415005127.jpg

ハクセキレイかな~!? 御装束にセキレイが描かれてるとかで伊勢神宮に縁深い鳥さんだそうです。

DSCN5023_convert_20170415005151.jpg

えっ?またシルエット写真じゃんかーって!

NON,NON!もーよっく見て下さいましな (`з´)
河原の石と同化してるけど、ちゃんと写っていますから~、
確かに川面に写った姿の方がハッキリしてるのは否めないけど。。。(ノ_・、)

DSCN5332_convert_20170415012356.jpg

これはウチの山の頂上の桜です。
山桜じゃない桜なんですが、なんかお花が少し大きめのような気がします。

DSCN5304_convert_20170415012418.jpg

ソメイヨシノかな~!?私の部屋から見ると、後ろに竹の笹が賑やかで、、、

DSCN5310_convert_20170415012440.jpg

その下にはお花を沢山付けたもみじがあって、、、

DSCN5315_convert_20170415012458.jpg

そのバックには朝熊山があって、、、

DSCN5319_convert_20170415012518.jpg

とても大好きな風景なんです~(´▽`)

春の伊勢 その3

まだまだ春の賑わいをお伝えさせていただきます~(∩_∩)

白梅が満開となり、木蓮の艶やかな朱が鮮やかになり、そうするとこの青がとても爽やかに映えるんです。


DSCN5091_convert_20170414224806.jpg

去年よりお花の株数が増えておりました(´▽`)

DSCN5242_convert_20170414224829.jpg

鈴なりになり始めのあせびさん

DSCN5100_convert_20170414224856.jpg

たんぽぽの鮮やかな黄色が暖かな日差しによく似合います~

DSCN5236_convert_20170414224929.jpg

あけびのお花も咲きました。
大きめの薄紫のが雌花、小さめの白い花が雄花です~

DSCN5337_convert_20170414225003.jpg

普通、あけびの花びらと言いますか、花びらとガクが一緒になった花被(かひ)と言うものは3枚なんです。
この雌花さんはなぜか~???可愛い十字になってるし~♪

DSCN5370_convert_20170414225032.jpg

ウチの山の草木達は一枚多めで楽しいです~( ̄▽ ̄)
そんな頃、もみじの枝先が賑やかになって赤ちゃんもみじが出てきます。

DSCN5245_convert_20170414225221.jpg

上昇気流が強いのかなっ?積乱雲が笠をかぶった空がありました。

DSCN4988_convert_20170414225121.jpg


六つの梅にダビテの星みたいだとのお話があった時、偶然庭先にこんな野草が出てきました。

DSCN5107_convert_20170414230455.jpg

前の三角と後ろの三角、こちらの方がもっとそれらしく見えて、、、
しっかし、こんな子今まであったっけか~?と調べてみたら、
ハナニラと言うユリ科のお花さんらしく、その別名がベツレヘムの星なんだそうです。

DSCN5104_convert_20170414230546.jpg

ベツレヘムの星とは、イエス・キリストの誕生を告げる為に現れた星と言われ、クリスマスツリーの一番上にお飾りする☆はこのベツレヘムの星を表しているそうです。


プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード