きらやかなお正月

新年あけましておめでとうございます

DSCN4830_convert_20170103210816.jpg
<元日の朝熊山からの初日の出>


皆様におかれましては、良いお正月をお過ごしの事と存じます。
旧年中は、いつ更新するのか?しないのか?全く予測不能な当ブログにも関わらず、いつもお優しいお気持ちをかけ続けて下さり、本当に心から感謝致しておりました。

今年も相変わらずのバタバタの日常ではありますが、バタバタ出来る気力と体力、そうしたいと心から想える支えたい何かがある事に感謝しながら日々大切にしていく所存です。
こんな私ではありますが、今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m


さて、上記の写真、元日の初日の出でありますが、数枚撮影した中に、初日の出より尾花にピントが合ってしまってるこの写真がありました。
迷カメラマンと、自己主張の強いカメラのする事ですから、撮れたものを見て出来の良し悪しを判断するしかないのですが~(>_<;)

例えば、私が設定を触ろうとすると、高速のスロットマシンのように勝手に動き、その設定を変える事も不可能なんです。
フラッシュのオフやオンやオートの切り替えでさえ、高速でパタパタ動き、それを目打ち状態なくらいなんですよ~、目打ちしても思い通りにならず、1/3の確率を当てるまでやるしかないというトンでも具合のカメラです 。°°・(;>_<;)・°°。

でも、その綿毛の部分の一つ一つが、きらやかな羽のとんぼのようにも見えて、飛び立つ時を風を待っているその瞬間のようにも思えました。(拡大して見てみて下さい、無数のとんぼ達がスタンバイに見えますよ~)

尾花って秋の季語にも使われますが、早い話がススキでございます。
1月になってもすくっと立つこの姿は、植物としての最終形態の姿なのでしょうが、その種子である綿毛の一つ一つは元日の朝日を浴びてそれは美しく、空に舞う時を今か今かと待っている、連綿と続く命の輝きそのものにも感じた次第で、この写真を今年の一番に使わせてもらいました。

ススキと言えばかやぶき屋根の萱(かや)です。
神宮の御正殿のかやぶき屋根でお馴染みですよね~!
伊勢神宮は度会町に神宮御萱場と言う清浄に保たれた専用の御山を所有し、その萱を大切に育て収穫しています。
一度の遷宮で使われる萱は御萱場のざっと五年分にも相当する量が必要と聞きます。
(入山禁止の御山ですからね(^_-)-☆)

DSCN4747_convert_20170103210946.jpg
(外宮御正宮)


ところで、日本神話に登場する萱(かや)の名前を持たれる神様がいらっしゃるのご存じでしょうか?
その名もズバリの『カヤノヒメ』と言う、草の神様なのであります~(^-^)

ーーーーーーーーーー
wikiより。。。神話での記述
『古事記』では鹿屋野比売神、『日本書紀』では草祖草野姫(くさのおやかやのひめ。草祖は草の祖神の意味)と表記し、『古事記』では別名が野椎神(のづちのかみ)であると記している。
神産みにおいて伊弉諾尊 (いざなぎ)・伊弉冉尊(いざなみ)の間に生まれた。 『古事記』においては、山の神である大山祇神との間に、4対8柱の神を生んだ。神名の「カヤ」は萱のことである。
萱は屋根を葺くのに使われるなど、人間にとって身近な草であり、家の屋根の葺く草の霊として草の神の名前となった。
別名の「ノヅチ(野槌)」は「野の精霊(野つ霊)」の意味である。
ーーーーーーーーーー

ウチの山に自生していたススキは、今の季節もすくっと立ち続け、朝日が昇る朝熊山を優し気に見つめ続けているようにも思いました。
大いなる山の神様である大山祇神(オオヤマツミ)と、奥さんである草の祖神のカヤノヒメは命を産み出し、数百、数千、万倍にも育む源でもある訳ですよね~!まさに命の最強カップルとも言えそうな御夫婦神であられます

で、その御夫婦の子供として有名な神様が木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ・イワナガヒメ)であり、天孫ニニギノミコトと結婚をされ、その子孫が神武天皇へと続く訳です。


DSCN4780_convert_20170103211037.jpg



ところで、、、
話は大晦日の事に変わりますが、今年も大晦日神宮参拝をさせていただく事が叶いまして、友人と内宮で行われる大祓の様子も拝見出来ました。

慌ただしい年末を何とか乗り切り、厳かな気持ちで新年を迎えられるよう、その神事を見させていただく事で心身も清まるように思えます。


DSCN4809_convert_20170103211200.jpg



DSCN4813_convert_20170103211225.jpg


いつも斎館で御仕度を整えられた神職さんが、始まりを告げる太鼓の後に、一列になり続々と登場されます。
例年、一番先頭は大宮司様で、その後上位の方々が続くのだと思いますが、ちょっと光の加減でその御姿や御顔まで確認出来ておりませんが、、、


DSCN4792_convert_20170103211138.jpg


光り輝く大宮司様、一足先に飛んでおられませんか…(〇o〇;)!?





大宮司様はとてもお身体の大きな御方で、足元の浅沓(あさぐつ)がつややかな黒で、一瞬の光のマジックがそう見せただけなのでしょうが、、、

伊勢神宮の神鶏(しんけい)さんは、森の野生動物達に狙われるから、木の上まで飛んで枝先でくつろいでるっていう話を普通に信じている伊勢市民なので、まして酉年なだけに大宮司様までもと一瞬汗ってしまいました。Σ(・ω・ノ)ノ!


今年も良い年にしていきましょうね~(^_-)-☆

古の宮を支え続けた人々へ…

DSCN4681_convert_20161204184707.jpg

たそがれる山雀さん


DSCN4677_convert_20161204184729.jpg

『なにか?』 とクールな眼差し


DSCN4688_convert_20161204184745.jpg

ん~ん保護色。。。( ̄^ ̄)


いきなりタイトルとは無関係な山雀(やまがら)さん三連発で初めてしまいました。
だって、とっても可愛かったものですから~(〃∇〃)ゞ

今日は、ちょっと素晴らしい動画を見つけたもので、その紹介も兼ねて記事にしたいと思います。

すでに皆様には充分にご理解いただいている伊雑宮と佐美長神社があります。
そのちょうど中間に磯部神社と言う、磯部地区の氏神様があるのですが、こちらは神宮125社ではない為それ程知られていないと思います。

ですが、決まって伊雑宮の遷宮後にその古材の払い下げを賜り、磯部神社の遷宮を迎えるなど、磯部の皆様にとっては決して切り離せない密接な繋がりのある大切な神社であります。

昔々から伊雑宮の摂末社のような位置付けがあると言われています。

それだけではなく、磯部神社には古の伊雑宮にあったであろう回廊が復元され、その面影を今に伝えているとしたらどうでしょうか…。
これは、断定ではなく、想像の範囲ですが、、、

でも私、聞いた事があるんです。
磯部神社に磯部の方々と御参りに伺った時、遷宮間もない時でして、普段はなかなか見られないその御姿がはっきり見渡せ、回廊を持った御宮の凛々しさに圧倒されている時、

『回廊まで復元されているんだな…』 っと考え深くお話されていた事。

もうその一言で全て理解してしまい、聞き直す事さえしなかったのですが、伊雑宮の御正殿にも昔々回廊があったというそんなお話だったのです。

そもそも、回廊って何?と言われてしまうかも知れませんので、その説明をさせていただきます。
私も、回廊という名称で正しいのかも解りませんが、神宮の外宮さんと内宮さんの瑞垣内の御正殿には、五色の宝珠(=据玉すえだま)輝く回廊が存在します。

私達伊勢の者は、御白石持ちで神様が御移りいただく前のピカピカの御正宮に御白石をお届けに入らせていただきます。
それで、その美しさ凛々しさを目に焼き付けていますから、その事を重々承知している訳です。
これPDFファイルですが、読めますか?
広報誌 伊勢のお白石持 より
(御遷宮対策事務局 平成22年8月15日発行より)

このお写真でお解りいただける御正殿を取り囲む室外の廊下が回廊です。

外宮さんの御正殿の御姿がわかるネットニュースも見つけました。
伊勢神宮外宮のご正殿も公開-20年に一度の式年遷宮で新たに
(伊勢志摩経済新聞 2013年08月17日発行記事より)

今は外宮にあるせんぐう館に、外宮正殿東側の4分の1部分を原寸大で再現された展示もあり、その凛々しさ五色の宝珠の輝きもご覧いただけると思います。

せんぐう館HPの動画でもそれらをご覧いただけます。
式年遷宮記念 せんぐう館


そこでそこで、磯部神社ですが、今御参りに伺っても残念ながらその御姿は薄っすらとしか見れません。
大切に玉垣が張り巡らされているので、一目見てもわかり辛いのですが、その前面の玉垣だけに少し隙間があり、遠目に見てもその後ろに何かが存在するかも…というのがわかる程度です。

ですが、その姿をチラッと見せていただける素晴らしい動画を見つけましたので紹介させていただきます。


磯部神社

特に、1:40からの奥の御正殿のお姿に注目されてご覧ください。

ねー!回廊のある御宮ですよね~。
ですが、こちらには外宮内宮のような宝珠は見当たりません。
当然と言えば当然なのかも知れませんけど。。。

それでは、古の昔の伊雑宮はどうだったのか…?
その答えも私なんかがわかるはずもありませんが、が、しかしです!

そんな事を想いながらネットをみていた時、偶然にも伊雑宮の御田植神事の大団扇(ゴンバウチワ)にヒントがあるでしょ!
みたいな記述を見付け、思わず振り返りました。

私の家にはその忌竹で作られた大団扇のお飾りがありますので…、それも私の席の真後ろに~(=^v^=)


DSCN4066_convert_20160624232351.jpg


あああっ!あったー\(◎o◎)/!
ほらっ 『太一』 の旗印の一番上!一番高いところに赤い宝珠がしっかり飾られています!

それに、五色の色全て揃った舟の帆です!この米俵をたくさん積んだ御舟の名前が神道丸ともあります(〇o〇;)

この五色、私は陰陽五行なのか、五大陸なのか、五色に分かれた人類の事なのかは判りませんが、それでも赤い宝珠=太陽に見守られながら仲良く並び、受けくる風さえ力に変えて進む姿こそ、宝(米俵)を運ぶ神道の姿なり。。。

なんて想像し、きっと人間の事だー!と、この絵を描いた当時の先人の想いにとてもとても感動しました。

昔むかしの伊雑宮は今よりもっともっと大きくて、その界隈もとても賑やかだったとの資料があります、そして今の外宮内宮のように、神馬の白い御馬が居た事もその地に伝わる唄にそっと残されています。


DSCN4724_convert_20161211165534.jpg
(内宮さんの優しい眼差しの神馬さん)

そんな形で伝承する事を思い付いた知恵ある人々ですもの、大団扇にもその記録を残してみえても不思議ではありませんよね!

あくまで、想像の域でのお話ではありますが…

先人の方々はどんな糾弾にあっても、必死に懸命に伝えたかったのだろうなぁ~と、そのお気持ち、心底解るように思います。
その格式の高さも、偉大さも、それを取り巻く賑わいも…

もし可能なら、その護り続けて下さった先人様に、感謝と共にどうか安心なさって下さいと伝えたいですね!
伊雑宮の素晴らしさは現代を生きる私達にしっかり甦り伝わっている事。

確かに御宮の規模も賑わいも昔とは比べ物にならないのかも知れないけれど、でもだからこそ、この御宮を目指す人々は純粋な心を持って神様に祈りを奉げる人達なんだと思います。

だって、御宮の他に何もない場所ですからね~(^_-)-☆
この地に在り続けて下さったそれだけで、本当にうれしくてありがたくて、何はなくてもとにかく大好きな人達なんだと思います。

そして言うまでもなく、神職さんによる日々のお祭りも大事に大事になされ続けている事。

今の時代は、外宮さんも内宮さんもそして伊雑宮も、三つの御宮みんな揃って、それはそれは清らかな風が流れている事。

DSCN4661_convert_20161204184833.jpg



【伊勢神宮】式年遷宮 ‐永遠の祈り‐ ISE-JINGU





初穂舟 神嘗奉祝祭

奇跡の連続更新に、この後深夜に大雨降るらしい。。。( ̄ー ̄)ナンテコッタ

とは言え、今日も一日、暖かな日差しが降り注ぐ良いお日和で良かったです。
神嘗奉祝祭のラストを飾るは、いよいよ内宮さんへの川曳です。

初穂を乗せた舟を初穂舟と言いまして、川曳を奉仕する内宮領の地域が所有する舟になります。
五十鈴川に浮かべ、その担当地域の皆さん合同でのご奉仕です。

DSCN4548_convert_20161016232007.jpg


秋口からほとんど晴天を見ないぐずついたお天気だったにも関わらす、五十鈴川は増水している事もなく、かと言って水量が少なすぎる事もなく、、、
また、お天気も天気予報では一日中曇りの予報で、水温の下がった五十鈴川では寒さがこたえるだろうとの想定も、青空とたっぷりの日差しに恵まれました。


DSCN4577_convert_20161016231025.jpg


いよいよ出発の時、舟底に注意を払い舟を進めます。

DSCN4562_convert_20161016230727.jpg


向かう川上は静寂の別世界のようにも見えます。

DSCN4552_convert_20161016230755.jpg


ひとたび五十鈴川に入ると、その寒さも忘れ、老いも若きも童心に帰るかのようです。
川曳用木製の采(ザイ)も解りますか?

DSCN4560_convert_20161016230827.jpg



DSCN4576_convert_20161017004404.jpg



木総采配(きふささいはい)と言って、総の数を一年の365本に決めているところもあるそうです。
こちらの皆さんのはどうなのでしょうか~?

DSCN4556_convert_20161016235108.jpg


また、初穂舟に掲げられたそれぞれの町名を刻むのぼり、その中の『大』の旗印をご覧ください。

DSCN4573_convert_20161017004144.jpg


これは唯一『大』の字を使う事を許された楠部町と言う町の御印です。

昔むかし、内宮が火災に見舞われた時、いち早く駆け付け消火に当たったこの町の人々に対し、神宮側が“太一”の“太”の字の使用を許したのですが、神宮さんと同じでは余りに畏れ多いと、『大』の御印をたまわった経緯から、町民の誇りと今もとても大事にされ、ハッピやのぼり、小物に至るまで全てにこの印がつけられています。
又、皆さまよくご存じの宇治橋、この橋の欄干にはいかなる旗も立てる事は許されませんが、唯一この町の奉曳の時にだけ『大』の旗印をひらめかせる事が許されております。

その由緒もあり、この楠部町にある伊勢の御神田(神宮神田)を町民一丸となり大切に守っておられるのです。

もちろん他の地域もみんな、その土地への感謝と伝統、神様との結び付きを誇りとして神事にのぞんでいるのはどこも同じですね~。


DSCN4578_convert_20161016130413.jpg



別世界への雲の中を進む人々のようにも見えませんか~!?

DSCN4568_convert_20161016234011.jpg



祭のまつり 神嘗奉祝祭

昨日の続きになります。。。

二番車を迎い入れた直後、見慣れない凛々しいハッピ姿の方々が通り過ぎました。
ものすごく長い木製の采(ザイ)。
私達伊勢の采は陸曳(おかびき)は紙製、川曳(かわびき)は水に濡れても大丈夫な木製なのですが、こんなに長いの見た事ないです。
その方々、勾玉池奉納舞台に来て下さった諏訪御柱木遣りの皆様のようでした。


DSCN4469_convert_20161016204752.jpg


DSCN4472_convert_20161016195952.jpg


外宮周辺、同時進行で様々なお祭りを見れるようになっておりまして、私が見れたものだけですがご案内します。
とは言え、もう沢山の人出で、身長かなり低めの私には致命的に不利な条件、、、
思いっきりホームだけどアウェー感半端なく…(ノ_<、)

なので、手だけ伸ばして、液晶確認もせず大体で撮ったものも沢山あります~(笑)
画像の粗さはお許し願います~( ̄▽ ̄)ゞ


まず伊勢えび祭りで有名な志摩市浜島町のじゃこっぺ踊り

DSCN4492_convert_20161016200017.jpg

じゃこっぺって伊勢えびの子供の事です~。
小えびのピチピチの躍動感あふれる軽快な踊りです。
囃子方(はやしかた)さんの背中にも伊勢えび!


こちらはなんとはるばる沖縄から・・・うるめ市天願区の沖縄エイサー!!!

見える?

DSCN4497_convert_20161016200111.jpg


DSCN4506_convert_20161016200141.jpg


DSCN4511_convert_20161016204017.jpg


DSCN4513_convert_20161016204043.jpg


DSCN4522_convert_20161016200209.jpg

このエイサーの迫力は凄かったです。
皆さん飛び跳ねて歌い踊っていらっしゃいました。
なんだか眠っていた遺伝子を呼び起こされそうな感覚…w(°O°)w 志摩の遺伝子が騒ぐ~(笑)



こちらは山形の花笠音頭!ヤッショウマカショ~♪

DSCN4525_convert_20161016200233.jpg


DSCN4526_convert_20161016200305.jpg

本場の花笠音頭はものすごくハードなのですねっ!
私も盆踊りで習った事はありますが、こんなにハードじゃなかったような~( ̄▽ ̄;)


見目麗しい御姿はご存じ徳島県の阿波踊りです~

DSCN4531_convert_20161016200338.jpg

こちらは伊達な男踊り~

DSCN4534_convert_20161016200414.jpg


この他にも、郡上踊り、木曽踊り、よさこい鳴子踊り、おんぽい節、河内音頭、越中おわら風の盆、西馬音内盆踊り、さんさ踊り、佐渡おけさ、宮崎県民謡、関東木遣り、木曽木遣りに伊勢音頭。

様々な地域で、その歴史と伝統に育まれた躍動感いっぱいのお祭りが伊勢に集いました。
日本にはこんなにも豊かな文化があり、どれもみな素晴らしいものでした。

伊勢音頭が荷物にならないお土産として各地に伝わり、その要素が様々な土地の民謡に息づいているという説があります。

人間も数十世代もさかのぼったら、ほとんど親戚になるというお話とどこか似ていますよねっ!
日本の国土に生かされてきた者の心の繋がりって、きっと何かあるとそう信じられた一日でした。

初穂曳 神嘗奉祝祭

こんばんは、いちこです~(^o^)/~~~

本日10月15日伊勢神宮神嘗祭の初穂曳(外宮領陸曳)が行われました。
もう何か月ぶりなんだろう~っと大げさに思われるほど、久しく青空を見ていなかったのですが、今日は素晴らしい秋晴れの空の下、懐かしい奉曳車のワン鳴りとエンヤ!のかけ声が響き渡っておりました。

もうドンドン写真を貼らせていただきます~。

まずはお参り、外宮御正宮とその上空です。
神聖さの中にいつもより華やかさが感じられるように思ったのは、私の思いからなのでしょうか~(^-^)

DSCN4439_convert_20161015231637.jpg


柔らかな光の注ぐ風宮

DSCN4443_convert_20161015231728.jpg


ちょうどお参りを終えたその時、第一番車が見えて来ました

DSCN4447_convert_20161015231758.jpg


綱を曳くは皇學館大学の学生さん方、全国各地の神社に御奉仕される未来の神職さん達かも知れませんね!

DSCN4451_convert_20161015231818.jpg


一番車は御木曳仕様なのですねっ!御神木に束に結わえられた初穂がー!

DSCN4456_convert_20161015182943.jpg


光を受け初穂も輝いてます!

DSCN4459_convert_20161015231957.jpg


到着と同時に、瞬時に巻き取られる綱の技はここでも生きています。
神様の依り代の奉曳車と人の手が合わさる命の綱、地面に付く事がないように、伝統の技です。

DSCN4465_convert_20161015231854.jpg


こんなに美しく渦を巻きます。

DSCN4452_convert_20161015231927.jpg



その後に続く、二番車が見えて来ました。

DSCN4479_convert_20161015232029.jpg


この大きさお解りいただけますか?一番車より大型の奉曳車です。
ん?こちらは樽です!

DSCN4482_convert_20161015232051.jpg


方向を定めるハンドルもブレーキもない奉曳車では、後ろに付く梃子方(てこがた)さん達がその役割を担います。

DSCN4484_convert_20161015183029.jpg


ねっ!樽です。
お白石を詰める樽、お白石持ち仕様のようです~。

DSCN4487_convert_20161015232124.jpg


クリックで大きくしてご覧いただきたい、、、
どうしてこんなに初穂は美しく輝くのでしょうか~!なんだかうれしくなってしまいました。

DSCN4488_convert_20161015232146.jpg


きっと喜びと感謝を乗せているからなのでしょうね(^_-)-☆
ありがたい事、何より幸せな事であります。

プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード