昨日の記事の追記です~

この春一番最初に開花した花


↑ 前回の記事 “直系の子孫!?” で使った、この春一番乗りで開花した梅の花です。

厳しい寒さの真っ只中、2月10日の事でした。

まだ開ききっていないその花を見つけた時、まだこんなに寒いのに、春の訪れをを真っ先に知らせようと、懸命に咲いてくれたように思え、とてもうれしかったのです。

だから大事に写真に撮って、いつかブログに使って皆さんにも見てただきたいなっと密かに考えていました。

そして二日前の記事 あの日の空。。。 を書きたいと思った時、私の中では寒さに耐え花を咲かす梅と東北の方々のイメージが重なり、梅の写真を多用した訳なのですが、そこにはどうしてもタイトル通り、伊勢の空の色がはっきり出ているものを使いたかったのです。

なので、とても残念ながら一番最初の花の写真は断念せざるをえませんでした…(ノ_<。)

ですが、昨日6枚花びらの子を見付け、その写真の前に同じように一輪だけで写っているこの子の写真を使える!
っと喜び勇んで書き上げたっと言う訳です(V^-°)

。。。。そんなのどっちでもいいから勝手にしろっ( ̄^ ̄)

っと思わず、もう少しだけお付き合い下さいませ~~m(_ _)m

この梅が満開だった時、どこから現れたのか、沢山のみつばちさん達がせっせと蜜を集めていました。
次世帯に子孫を残す為の精巧な働きでもある訳ですよね!

そんなみつばちさんの名前を持つ方からのコメントに促がされちょっと気付いた事を改めて書いておこうと思いました。

ここからは私の独断の解釈なのですが…

上記の一連の流れから、遅れて咲いた6枚花びらの子が、最初に咲いた一輪の子を生(活)かしてくれたって事だと考えていたのです。登場してくれなければ、その写真はボツでしたからね!

たかだか私の撮った写真ではありますが、きっとなんでもフラクタル?
その現れがあっても決しておかしな事ではないんじゃないかなって思っています。

これを、遺伝子の進化系って考えると、その子の登場はきっと、すでに生きている(生きていた)ものも、もれなく生かすって事なのかな~っと私の中ではとっても腑に落ちたのです。

逆に言えば、全てを生かす為に登場してくれたとも考えられますよね!


枝先ではなくむしろ根元に近い場所は、日本や東北のイメージを、

直系の子孫ってタイトルは、大元となる太い幹から直接咲いたその様子から、
良心から直接産まれたかのようなイメージを持ちました。

あまりにタイムリーな発見過ぎて、そのイメージが膨らみましたが、やっぱりなんでもこじつけちゃダメって怒られるかなっ"r(^_^;)


今日も強風の中、6枚花びらの子は元気に咲いていてくれました。


6枚花びらの子



またまたブレブレです~ 
接写の腕前だけは進化したいです…orz 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

壮大〜!

なるほど〜!!!
それまでに生まれたもの全てを生かすために、生まれてくる新しい存在…。
深いですね。なるほど〜って記事を拝読して、1人で納得しています。
今の東北の方々はこの梅の花のように、凄まじい嵐で、余分なものが痛みを伴いつつも剥がれ落ちて、内在する神様がおでましになる…。その先駆者なんですね。感謝に満ちた環境だからその地から神人がお生まれになるのでしょうね。
それが全国に広がって行くんですよね。
間に合うかな〜なんて不安に思うなんて、まだまだお尻が青い私です。
(すっかり歳はとってるんですけどね。)
わ〜。これは長生きして頑張って進化せねば〜

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~

私もエミリーさんのおかげで、身近な自然から教えてもらった事を記事にまとめる事が出来ました~d(°-^*)⌒☆
花々にみつばちさんが必要だったように、私にもエミリーさんの声掛けが必要だったみたいです♪
畏るべしみつばちパワーp(^-^)q

これからもどしどしオシリを叩いて下さいね~♪
『次の記事まだか~っ』て感じでね!どうぞよろしく~(笑)

真白き睦み

「あの日の空。。。」からの一連の記事を拝見しました。
---------------------------------------------------
私個人は伊勢の特徴は生き生きとしたその空(空気感)にある
ような気がしています。
深海のよう…とも表現されるその深く濃い青は私の自慢の一つ
でした。
---------------------------------------------------
透明でありながら、豊かに変化する空と海の匂いを感じました。
六弁の白梅も、楚々としていながらも気品がありますね。

六つは睦つ。睦つは、生きとし生けるものとの共鳴のようです。


豊かな伊勢の親神さまの御神気と、その親元に宿った白梅
親神さまに包まれて咲けた喜びは、共に生きむ、とする証
たとえ世を離れ虚空にあろうとも、そのつながりは消えず。

そんな感じを受けました。



『虚空より 真白き睦み 結ばれり

 空は澄みたり 憂いは笑みに』
 

白琉さま

とても素敵なコメントと御歌をありがとうございます~(^-^)

私もいつも白琉さんのブログ拝見していました。
その時々で、自分自身の想いや気付きに繋がる事も多々あって、
伝えたい想いは溢れるのに、それを上手く表現出来ず、ソコが目下の悩みです…(汗)

六つは睦み…

生きとし生けるものと共に手を繋ぎ、憂いさえも優しさで包んで笑みに変えていけばいいのですね!
なんだかとても納得しました。

また色々教えて下さい、よろしくお願いします~(^o^)/~~~
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード