スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝熊山が好きな理由。。その1

こんにちは、いちこです(^o^)/~~~

新しいカテゴリ『いちこの昔話』を作りました。

伊勢の町と共に育ったこのいちこ、こう見えて様々なハートフルな(?)逸話の持ち主でございます~"r(^_^;
幼少時代から今に至るまで、伊勢の自然は私に沢山の事を教え、そしていつも側に居てくれました。

その中から厳選してお届けする『いちこの昔話』シリーズ!お付き合いの程どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

さて、その第一弾としまして、皆様にはすっかりお馴染みになりました、私の朝熊山好き♪
その大元となったお話をさせていただきたいと思います~(*^-^*)


早朝の朝熊山


私のウチは山の頂上にあります(もうすっかりこちらもお馴染みですよね!)
その南には朝熊山の山並みが右(内宮さんの方向)から左(太平洋)にずらずらずら~っと並んでいます。

幼い頃からその光景を尊敬と憧れが入り混じった想いで見つめていました( ・・)ノ☆

私は学生時代→社会人→それからの数年間この町を遠く離れた事がありました~。
その時ですら私の側にはいつも朝熊山があったのです~(^_-)-☆ 意味判らない?ですよね!?

実はコレ↓ 確か小学校の3年生ぐらいかと思うのですが、私が描いた朝熊山なんです(〃∇〃)ゞ


いちこ作 朝熊山


( ̄∇ ̄〃)> いや~お恥ずかしながら公開しちゃいました。
こちらも意味判らない…と思いますが、小学生の作品ですからご容赦の程を…

確か学校で写生大会か何かがあった日の下校後です。
それが夏休みに近かった日で、絵の具セットを家に持ち帰りましょう~って事になって、画板から水入れから大荷物を抱えウチに帰るや否や屋上に駆け上って描いたのです。

私は絵も得意では無かったし、家でもそんなにお絵かきしてた記憶もないのですが、
この時ばかりは、もう描きたくて描きたくて仕方がなかったのと、自分でもビックリする程短時間で仕上げたのを覚えています~。

それをこの町を離れる時にいつも持って行ってたという訳なんです。。。

その時は深い意味も何もなく、ただお部屋のインテリアにしたいな~のノリでしか無かったと思います。
でも心のどこかには故郷を離れる寂しさがあったのかもしれませんね~

もちろん今もリビングの壁に飾ってあります。どんだけ物持ちがいいんでしょうか…(汗)

そんなこんなで今日までの私、朝熊山から離れた時はほとんど無かったと言っても過言ではないと思います
(〃 ̄▽)/   


…ってここまで全部前置きでございます~、大元となった話まで全く到達出来ておりませんm(_ _)m

この続きは近日中にアップ出来るよう頑張りま~す(o‥o)/~~~


次回に続く。。。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ムチャブリ?

記事のアップお疲れ様です。
絵と同じ場所の写真ありますか?
緑の深い素敵な所ですね。坂道ですか?
雲に迫力があります。雨が降るかも~

>三郎さま

コメントありがとうございます~

> 絵と同じ場所の写真ありますか?
。。その2の一枚目の真ん中辺りだと思います。
その当時、屋根の上にあった屋上から真正面の一部を描きました^^

> 緑の深い素敵な所ですね。坂道ですか?
。。山の尾根です~(汗)

> 雲に迫力があります。雨が降るかも~
。。その時のお天気はどうだったんだか、よく覚えていないのですが、
よく晴れた空の色だったように思います…(笑)

なるほど~

なんとなく分ります。
ありがとうございます。
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。