THE 太陽!

突然ですが、この写真なんだと思いますか~? ↓


コレな~んだ^^


実はコレいつも撮ってる朝日なんです。
いつもはコッチ ↓ 


同じ日の朝日

ちなみに上記二枚は同じ日の同じ時間、同じ場所で撮影したものです。

この日の朝(前回記事の友人と御参りした翌日になります)いつもより少し遅めに起きました。
あっという間の二日間でしたが、とても充実感があり楽しかったなぁ~なんてベットの中で思い浮かべてました。
その時、カーテン越しに室内に入り込む朝日の光がいつもより黄金オレンジに輝いている事に気付きました。


( ̄ー ̄): 一体何事なんだろう~!?

とにかく大急ぎで外に出てみました。
一体何事?その答えが判るはずもない私ですが、そこには私の大好きな朝の光景がありました。
薄紫にけむる朝熊山、昇ったばかりのお日様、その光が山の尾根に光の道を創っています。


(((( ( ^o^)ノ うわ~い!また今朝は一段とすんばらしい輝きに包まれているような~!?

で喜んで撮ってた写真の一枚が ↑ のように写ってたという訳なんです。

( ̄^ ̄): 題して 『THE 太陽!』 だなっ

なんて名付けたりしてたのですが、なんで一枚だけこういう現象になるのか、
カメラに詳しい方いらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい~m(_ _)m


。。。で、ここからは前回記事の続きで、友人と訪れた伊雑宮での風景です。
<もちろん太陽繋がりですd(°-^*)⌒☆>


伊雑宮参道


この日の伊雑宮はとにかく明るかったです。光が満ち満ちてるっといった感じでした。


伊雑宮


あまりに明るすぎて、私のお安めのデジカメでは周りの色が飛んでしまいます~( ▽|||)
後ろの森の緑までゴールドちっくに輝いて~(苦笑)

ふっと横を見ると、こちらも眩しいほどの笑顔で微笑む友人がいました。


----------

正直、闘病の真っ最中は神様とかも思い浮かべる余裕は全くなかったの~
(私のケースです、神様ごめんなさい!)
自分の力を根底から必死に振り絞って一分一秒を耐えてその積み重ねでようやく一日が終わるというのかな、生の根源を経験させて頂いた感覚に近いんだよね、生きる事を感じる事以外出来ないのよ、辛すぎて。
おこがましいけど治療を乗り切れた95%は自分の力だったのだろうと思う。じゃないと必死に頑張った自分が可哀想でしょ?(笑)

でもそんな意識の限界の中でハッと頭の中で生かされてる自分を感謝出来る瞬間もあるの~。

----------


↑ 最近になってその闘病の様子を話してくれた時の彼女の言葉です。
その経験がより彼女を光輝かせているように感じました。
だからこそ見せたかったのです。この町の自然を・・・ ↓


伊雑宮と空


またいつでもおいないな~~(^o^)/~~~
(伊勢弁では、またおいでね~を“おいないな~”って言います)


最後に友人が携帯で撮った写真です ↓ 
(内宮、風日祈宮橋~かぜひのみのみやばし~の上より)


風日祈宮橋より


完全にオカブを奪われちゃいました~(〃∇〃)ゞ

ちょっとウマすぎじゃない~~~(ノ°0°)ノ(°_°)"


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

賢すぎるカメラの仕業

いちこさま

またまた空気感、生きもののような躍動感の伝わる
お写真ありがとうございます。

私もそんなに専門家ではありませんが、原因を追う程度なら
推測できます。
一枚目、これは、おそらく温かい室内から、屋外に出したときに
レンズの前面が、軽く結露して、カメラの計算が甘くなって
露出過多に触れた画像だと思います。しかし太陽光の中心は
光源が強烈なので、スルーして写った、ホワイトバランスも
マイナスに振れて結果オレンジになった。
全体に光が分散しているのはレンズに付いた水滴に反射している
光だと推測します。

4枚目、伊雑宮
オートでかなり明暗のはっきりした状態で中心の
暗い拝殿を最適露出で検出した為、それより明るい周囲が
白く飛んだ、普通はもう少し、杜の緑が薄く残るのですが
カメラが頑張って、コントラストを強めにかけた。


不思議なのは2枚目ですね。私もたまに伊雑宮に限っては
同様に撮れてしまうのですが、木のこちら側に完全に
光源が回って白くなっていますよね、こんなに強く
光っている被写体であれば、最後のお写真の様に
光線が沢山でてもおかしくないはずです。
あたかも木のこちら側にぼんやり光っている部分がある様な。

でもやはり、断然、好きで凄いのは、いつもの抜けるような
青い空の5枚目、毎度の柔らかさと明らかに何かを
語りかけてこられているような、おひさまの2枚目。
何度見ても飽きないですね。

写真ネタだけで今回は十分な長さになりましたので
フェードアウト致します。
急に気まじめにコメントしてしまい困らせてしまったかも
知れませんね。(; ̄ー ̄A

追伸:神眼カメラ

しかしながら、オレンジの「色」としての輪をこんなに
見事な色で偶然表現できているのは
いちこさんの感覚で描いたオレンジの違和感を実は
普通に写していたのではいまいちはっきり残せない
そこで、カメラが水分を吸着して成し得た技かもしれません。

こちらの地方では2枚目の周囲の綺麗な
オレンジ色お写真も含め、そんな色調にはどうしてもなりません。

>アイテルさま

さすがアイテルさん^^
オチャラケモード(失礼!)もマニアックモード(誉めてるんです!)も守備範囲が広いから~♪
アレでしょ!私が目で見ている色をカメラ自体が必死で再現しようとしてくれてるみたいな感じかな^^
なんかとてもステキなお話でうれしくなっちゃいます~~健気すぎるゾMYカメラ!

ちなみに1枚目の写真はその朝の4枚目に撮ったものです。
で、2枚目の写真はその直後5枚目に撮ったものなんです。その間1分も経ってないはず…

それと友人が携帯で撮った最後の写真、橋(床面)が鏡状になっているんです。
早朝のお日様が一瞬見せてくれた素敵なマジックかもしれないですけど、
内宮さんだけに趣深いなぁ~と思った次第です(^_-)-☆

いつもコメントありがとうございます~m(_ _)m

本当ですねすごい床

いちこさま

それと友人が携帯で撮った最後の写真、橋(床面)が鏡状になっているんです。
早朝のお日様が一瞬見せてくれた素敵なマジックかもしれないですけど、

そうですね!気づきませんでした。
全体が見渡せず、脳トレの間違え探し昔から弱いんです。

本当にマジックなカメラとマジックなお二人、
一体何者なんでしょう(oio) ウルトラウーマン
(古)

>アイテルさま

早速確認下さり恐れ入りますm(_ _)m
私達は極々一般人です。
場所が場所なだけに…だからかなっと思います~

こっちも

すみません、こっちもはずれっちになってましたw

>はずれっちさま、放浪者さま

お返事遅くなって申し訳ありませんm(_ _)m
いつもコメントありがとうございます~

もう少しで新しい年になります。
写真のお日様のように、優しくて暖かなパワーを力強く感じられる年になりそうですね!
よいお年を~♪

No title

太陽をみるとくしゃみが出るといいますが、これを見てたらくしゃみが出ました(*⌒∇⌒*)
オレンジの太陽は見てると、どっくん、どっくんと動いてる様に感じます。
すばらしい迫力ですね。

>てんてこさま

> 太陽をみるとくしゃみが出るといいますが、これを見てたらくしゃみが出ました(*⌒∇⌒*)
ええっ~そうなんですか!?初耳です~なんでだろう~
そういえば、私も朝、起き抜けはくしゃみ連発がよくあります!
アレルギー性鼻炎っけがあるからかと思ってましたが、もしかしてそれ~!?

いや~多分ワン娘らの毛!コレだと思う…orz

>てんてこさま

せっかくお教え下さったのにお返事が遅くなり申し訳なかったですm(_ _)m
今日は仕事初めでチョびっと忙しかったもので~
もう少し待ってて下さいね!

>てんてこさま

改めましてコメントありがとうございます~(^o^)ノ
オススメして下さったリトルの本、
結局お正月は母の介護で読めなかったんですけどね!
もうすぐ手元に届くんですヨ~^^ 楽しみなんです~^^


いちこ姉さんの仕業。

 いつもながら簡単な感嘆の声しか出てこない小生ですが、一枚目の写真は正に『THE 太陽』ですね。太陽を見るときに黒い下敷きで見たでしょ?小学生のとき。あれと同じ太陽です。太陽が芯のようになって周りがちょっとぼやっと輝いて・・・。だからいちこ姉さんは、本物の太陽を見て写真にし、皆に見せてくれたんです。小生らは有難いこってす。センキュウ・ベリマッチ。

それから・・・

 太陽を見るとくしゃみが出るとよく言いましたよね。くしゃみを十連発ぐらいした友達のことを久々に思い出しました。

>陸離さま

>太陽を見るときに黒い下敷きで見たでしょ?小学生のとき。あれと同じ太陽です。

ああ~アレ!そう言えばやりましたね~!でもその時の太陽って覚えてないや~(汗)あはははっ(笑)
でもどうしてこんな風に写ったのか未だに謎です^^

>陸離さま

てんてこさんと同じ事言ってる~!(笑)

へぇ~全国的にそう言うのですね^^ 知らなかった~(汗)
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード