スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会。。。

「君!! 君だよね!」

「久しぶり~! ちょうど一年ぶりだよねぇ~」

「そうそう…あの時、このお宮は一面、まるで粉雪が降り積もるような状態で…」

「その幻想的な光景の中に君が凛とたたずんでいて…絵もいわれぬ美しさだった!」

「ただ、あの時の君はまだ幼かったよね!」

「それがどう…こんなに立派になって!!よく帰って来てくれたね~!」

「おかえり…」



先日とてもいいお天気だったので、大好きな倭姫宮にお参りに行きました。
お参りに行ったと言っても、とてもご近所なので、
何処に行くにも、倭姫宮の前を通るといったあんばいです。
なので、じじのお薬を病院にもらいに行った帰り道、
急に思い立ち、寄らせていただきました。


表参道の鳥居をくぐってお宮の中に一歩入ると、
なんとも言えない、柔らかな、心落ち着くいい香りに包まれました。
この季節、お宮中の木の花が満ちているようです。
それは優しい笑顔の倭姫命さまの息吹のようにも思われました。。。


ちょうど去年の今頃、こちらのお宮でそれはそれは幻想的な光景を見せていただきました。
※詳しくは過去記事 “倭姫宮” をご覧いただければ嬉しいですm(_ _)m

まるで粉雪のような花の舞、ここは雪国かと目を疑うような光景は圧巻でした。

前置きが長くなってしまいましたが、その時、表参道入ってすぐの池に居た

この子。。。


紹介します(^o^)/~~~
青サギの “青ちゃん”

青ちゃん1


「ねぇ~少しこっち向いてくれないかなぁ~!」

青ちゃん2


「ありがとねぇ~!」

青ちゃん3


相変わらずのカメラの腕前でボケボケ写真ですが…_| ̄|〇
実際の青ちゃんはスーッと凛々しく姫神様の森にまるで絵のように馴染んでいました。
去年見かけた時はまだ〝まだら模様〟の産毛姿で、一年で見違えるように成長していました。
でもきっとあの時の子だ!となぜか確信を持ちました。


「きっとまた会えるね。。。!今度は私が成長しなくちゃねっ!」


そんな事を思っていました。


青空と神宮徴古館

↑その日の神宮徴古館。。。(幼稚園の時、お散歩はいつもここの広場でした)



こちらも “再会”


5/14の太陽環

↑5/14の午前中に見かけた太陽環!


5/15の太陽環

↑5/15の正午ごろ見かけた太陽環!


両日共すぐ消えてしまいましたけど…

お日様は眩しすぎて直視する事は出来ないですが、(目にも危険です!)
こうして写真にしてみると、 太陽環とお日様 は、私達の 黒目と瞳 のように見えませんか?

よく 『瞳の輝き…』 なんて表現をしますが、

瞳の輝き = 太陽の輝き なんじゃないかと思うのです。

それに瞳には自分自身の心が表れるなんてよく言いますもんね!

いつまでもキラキラ輝く瞳でいたいものです(^_-)-☆



その為には早く寝ないと。。。

ε=ε=ε=(┌ ・)┘ おやすみなさ~い zzz…




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いい言葉。

瞳の輝きがその人の太陽の輝きに当たるのね。んだんだ。俺も早く寝なくちゃ。

>陸離さま

> 瞳の輝きがその人の太陽の輝きに当たるのね。んだんだ。俺も早く寝なくちゃ。

写真にして見ると、黒目と瞳に見えるでしょ(^_-)-☆
いつまでもイキイキと輝く瞳でいたいものです~♪
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。