スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊雑宮とじじ

前回記事での皆様からの温かい声援コメントしっかり頂戴しました!
本当にありがとうございますm(_ _)m


新緑の朝熊山


実はウチのじじ、あの“伊雑宮<いざわのみや>”での面白エピソードがありまして…
今日はそんなお話を紹介させていただきたいと思います。


・・・それは、じじがいたいけな青年だった頃のお話です


初めて勤めた会社から、初めてのお給料をいただいた日の事です。
自分で稼いだお金を初めて手にし、これからどう使おうか心も体も浮き立つ気持ちでいたそうです。


そんなワクワクした想いを持ちながら、
じじは仕事帰りに近所の“伊雑宮”にお礼と報告の参拝に行ったそうです。
<なかなかやるじゃん!青年じじ!byいちこ>


右のポケットにはいつもより気持ち奮発したお賽銭で使うお札、
左のポケットにはこれから大切に使う残りのお札。。。
それぞれ大切に茶封筒に入れ参道を進みました。


そして御正宮の前に立ち、かぶっていた帽子を小脇にはさみ、
お賽銭を入れ、深かぶかと頭を下げた その瞬間!



太陽と雲


じじ(〇o〇;) : しまった間違えた!!


そうなんです…右と左のポケットのお金、間違えて逆を入れてしまったのです


じじ_| ̄|〇 : そんなぁ~ 俺の初給料…



いただいたばかりの初任給を一気に使い果たし、行きの意気揚々とした姿とは正反対に
がっくり肩を落として参道を歩いた事


じじ( ̄^ ̄) : ワシは一生忘れ~へん!!


。。。その時の寂しさ(悔しさ)をにじませながら話してくれたのは今から数年前の事、
もちろんじじも私も伊雑宮が日本を代表する御宮だったなんて全く知らなかった頃の話です。


いち(δ_δ) : へぇ~そんな事があったんだ!でも神様はそれからじじの事ちゃんと守っていてくれたんだね!


楠部の御神田周辺



じじはそれから一つの会社で定年まで勤めあげます。
今で言う運送業ですが、その当時としてはめずらしく、かなりの遠距離を一人きりで(交代の人を乗せないワンマンとかいうものです)数日かけて何十トンもの荷物を運ぶのを専門としていました。

おかげ様で事故もなく、現役時代には“交通栄誉証 緑十字褒章”とかいう
無事故無違反ウン十年の表彰もいただいていました。
日本中でもごくわずかの人しかもらえない貴重な物だったらしいです。


姫神の森



いち(δ_δ) : きっとさ!その時のじじの姿が余りに可愛そうで、神様見ていられなかったんだろうね!
きっとじじがその事を忘れている時も神様は決して忘れず見守っていて下さったんだよ!ありがたい事じゃん!


それがあっての今なんだ!その時強くそう思いました。
もちろん金額の大小ではなく、父の心からの感謝の想いが何かに届いたのかも知れない…、
又、それは決して父だけではなく、今や私達家族にも降り注いでいただいているように思われます。



。。。その時、ばばが一言…


ばば(¬ε¬) : なんで宮司さんに言わんかったん!?開けてもらったらよかったのに~


じじ&いち( ▽|||)( ▽|||) : えええ~~~っ  アリエナイその発想…


。。。失敗したのが、ばばじゃなくじじで本当によかったと思ったいちこでした。



姫神の森と太陽



それから果てしなく歳月は流れ、ばばと出会い結婚し、のちにいちこが誕生する事になろうとは、
その時のじじは予想だにしていなかった事だと思います。



いち(δ_δ) : じゃあアレじゃない!?差し詰め あ・た・し も神様からのプレゼントって事ね♪ 
よかったね~!可愛くって優しくってお料理上手なお子で!!! (ここぞと思い言ってみた…笑)


そうしたら、なんとここで、じじ渾身の完璧な俳句を、指をおり数えながらの披露!

じじ( ̄~ ̄)ξ : 『 神さんも たまにはちょびっと 間違える 』

ばば( ̄人 ̄) : 痛い出荷ミス…



<写真は伊勢市内の風景スナップです>

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

きっと何か大きな危険が迫ってて、御先祖さまが 手っ取り早く助けるために 伊雑宮にまねいたのじゃないかしら?良かったですね。

てんてこさま

なるほど!!
そういう捉え方も出来るのですね(^O^)

おかげ様で危機を脱し、いちこも無事誕生し、命を繋いでくれてますo(^-^)o

全てに感謝ですネ!

今日は携帯からの投稿です上手く出来るかなぁ~!?

No title

給料分で 命助けてくれたと思えば安いもんですよ。
前に名古屋の首都高速道路でパパさんの車が ガス欠して(メーターが壊れてた)2万もお金使うことになって、パパさんがぼやいてたけど、それも、もっと大きな事故から救ってくれたのかも?と思ってます。
お金はないけど、とりあえず、みんなケガもなく、元気ですもん。

てんてこさま

お返事ありがとうございます(^^)

そ~ですね!

じじにとって伊雑宮は幼い時から慣れ親しんだお宮なんです。幼い時からず~っとその成長を見守ってくださったんだと思います。そのじじが一人前に仕事をし、お給料をいただけるようになった。。。

その感謝の気持ちをまず神様に報告したい…

と思ったじじをそれこそ母のような愛情をかけて下さったんじゃないかと思ってました(^_-)

金額の大小よりもその気持ちに…、

あくまでそうであったら嬉しいナッ!といういちこの希望的観測ではありますが…o(^-^)o

>まあさま

はじめまして!ようこそお越し下さいました(*^-^*)

そんなドンくさいじじの遺伝子を確実に受け継いでおりますいちこでございます(;^_^A 
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

伊雑宮と倭姫宮が大好きとのコメント!
なんだかとてもうれしくなりました。

伊勢神宮では“外宮の先参り…”なんて表現で、外宮さんへ先にお参りする習慣が有名ですが、私の場合は“姫神さまへの先参り…”と伊雑宮へお参りさせていただく前にご挨拶するのが習慣になってきました。

外宮、内宮、月讀宮、倭姫宮、伊雑宮…
参道を歩くだけでもそこから受ける印象は全く違うからスゴイですよね~
その中でも倭姫宮はひときわ爽やかで優しい色合いのような印象を受けるように思うのです。

いちこ様♪

過去の記事を、読ませていただきました^^
すごく素敵な写真がいっぱいで・・・・・・うれしくなりました。
見せていただいて、ありがとうございます(ペコリ)

いちこ様は、倭姫さまの先参りですか^^
私は、伊雑宮さまの先参りです(初めて参拝させてもらったのが、その順番?だったので、それ以来、同じなだけですが^^;)

いちこ様のブログを読ませてもらってたら、伊勢に行きたくなりました。
そろそろ、「参拝にいらっしゃい」とのことかしら?(妄想)




>まあさま

嬉しいコメントありがとうございます(*^^*)
過去記事までも読んでいただいてありがとうございます

『せっかく伊勢に暮らしているのだから、伊勢を大切に思って下さる方々にこの自然を伝えたい。。。』

そんな想いからこのブログを始めました。
とはいえ撮影に関しても、気持ちばかりで技術も工夫も何もない(涙)素人以下の私ですが、
それでもこの伊勢の自然はその雄大な光景を見せてくれると同時に、そっと力を貸してくれているように思っています。

またそれだけに、伊勢を大好きでいて下さる方とこうして繋がっていける事が何よりの喜びなんです(V^-°)

>そろそろ、「参拝にいらっしゃい」とのことかしら?

そうかもですよ~♪
でも伊勢の神様方はきっとずっと待っていて下さいますから、
まあさまが一番来やすいタイミングで…、お待ちしております(^o^)/~~~

No title

いちこさま はじめまして 
探して ブログにやっとたどりつけました
私は津市に住んでる53歳のおばばです
これから ゆっくりと過去記事を読ませて頂きますね
楽しみです
どうぞよろしくお願いします

>あーちゃんさま

ようこそ~♪お越し下さりありがとうございます^^

> 探して ブログにやっとたどりつけました
えええ~!?ホントですか~!?探して下さったのですか!
なんだか感無量でございますm(_ _)m ありがとうございます。

もうご覧の通り、ごくたま~にしか更新出来ず、
ホントにブログと言っていいのだろうか状態のブログですが(大汗)
どうぞ末永くよろしくお願い致します。

OH!我が県庁所在地にお住いとの事、ご近所ですね!
53歳ってまだまだこれからのお歳じゃないですか…
いずれ私も通る道、よろしくです先輩(^_-)-☆

良いお話です

素敵なお話です。お父様の内在神様がわざと間違えたのですね。

>三郎さま

私が生まれるず~っと前から、この素晴らしいお宮に御縁をいただいてたのは幸せな事です。
父方のご先祖様代々愛してやまない土地ですから…..:*・
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。