じじの事。。。

森から


今日はじじの事を書かせて下さい。。。
おかげ様で退院してから早1ヶ月半が経ちました

退院前お医者さまから言われた事は…、


『この方は今後、栄養(食事)の口からの摂取は無理です。
胃ろうでの栄養剤の経口摂取のみとなるでしょう。
(意識がハッキリしていない時に手術でお腹に栓を取り付けてもらい、そこに栄養剤を流すだけ)
又、何かにつかまり、立ち上がる事は出来ても、自力歩行はかなり難しく、
ベットの上か、車椅子での生活になりますね。
医療としてのリハビリは全て打ち切らせていただきますので退院の方向で進めて下さい

ご家族は過度な期待を持ちすぎています。現状を正しく把握して下さい』 など等。。。


それはそれはキビシイお言葉に涙チョチョ切れましたよ 。°°・(;>_<;)・°°。



源流




・・・でもね、自宅での嚥下訓練(食べる練習)の結果 (o ̄▽ ̄o)v 


今では何でも平気で食べれるようになりました!もちろん口からです
最初は何でもミキサーにかけて離乳食状態にしていましたが、今ではその必要も無く
食べる事に関しては介助なしでバッチリOK!にまで回復させていただきました
(水分に関しては誤嚥の危険性があるので、とろみを付けて飲み込みやすくしていますが…)


ここまでの回復は私達にとっては奇跡的な事です
その奇跡に出逢えたのは、じじ本人の意欲と、
この町の自然があってこそだと思っているそんな話を聞いてください。



木立


お医者様から嚥下訓練(食べる為のリハビリ)も含む、全てのリハビリの終了を告げられ、
毎日思い悩んでいました。

確かに認知症の症状が強く出ている為、意思の疎通は難しい。

でも食べたい意欲は並々ならぬ物がある、そんなじじの様子を毎日見ていて、

お医者様から何て言われようが私は諦めたく無かった。

でも入院先の病院では無理だと言われる。それじゃ~どうするか?

私がやるしかないじゃんねぇ~~( ̄人 ̄) と腹を決めました

医療としての事は、さまざまな関係機関の方にご指導いただくとして
その調整も抜け目なく行いながら、

それとは別に、じじと私だから出来る特別な方法を考えていました。



上流



それは究極の地産池消メニューでの嚥下訓練です(V^-°)

ところで 地産池消に似ているのですが、“身土不二-しんどふじ-” って言葉ご存知ですか?

※身土不二とは…「人と土は一体である」「人の命と健康は食べ物で支えられ、食べ物は土が育てる。故に、人の命と健康はその土と共にある。」という捉え方です


そして私はそこに “記憶” のスパイスをプラスしたかったんです。
そこに居るだけで幸せになる…そんな場所の記憶です。大好きで大好きでタマラナイそんな場所の記憶です。


そこで私がやったのが↓


◆まず退院前日に清流五十鈴川の源流になる森の湧水をペットボトル数本分
いただいてきました。このお水を全ての料理に少しづつまぜ大切に使いました。

。。。ここは、じじが足の運動と称して、足しげく通った大好きなスポット!
内宮さん奥の神宮林の中の道です、ここが流木達の故郷でもあります^^



源の流れ



◆それからお塩!全ての料理の基本ですよね… これが “真珠のお塩”

。。。数年前までとても楽しくお仕事させてもらっていた、じじの思い出詰まった南勢町相賀浦産です。
そして、このお塩が取れる海は、父の産まれ育った志摩の海岸と繋がっています。

お塩の原材料の欄には海水(伊勢・志摩)と書かれていました。バッチリです~



峠から



◆そしてお米!

。。。もったいない事に、伊勢の神様方が召し上がっている御米に極々近しいお米をいただいたんです
それをウチのいつも食べてるお米に少しづつまぜました。じじの産まれた地区の物です。

でもウチのいつも食べているお米もこの土地の物なんですけどね!
神様方が円になって座ったと言い伝えられる伊勢の“円座”という地区で作られた物です。



神楽の舞



基本はこの三点、あとはこの土地の物で、出来れば旬の物です。
たけのこ掘りに必死になってたのは、この事もあっての事です

今ではすっかりツルハシマスター( ̄▽ ̄)ノ




じじも私もこの町の自然が大好きです。
愛して止まないこの土地の偉大な力を信じています。
本当はその場所に連れて行き、その空気を堪能させてあげたい
でもそれが叶わないのなら、その場所の息吹で身体の中を満たしてあげたい
そんな風に考えてました。

大好きな場所の “記憶” です。きっと眠りかけた生命力を呼び起こしてくれるに違いない。


あくまでウチのじじの場合ですが、そのモクロミも功を奏して今に至っていると私は思っています。
自然の全てに力を貸してもらったからでしょうね~



麒麟の雲



ですが、まだまだこれからが正念場!色んな訓練(リハビリ)が続きそうです。
身体を動かす、歩く事も頑張らなくてはいけません。
でも口から物を食べれるようになったから体力が回復し、次のステップに進める訳で、
食事を最優先にして良かったと思っています。



こんな風に書くとさぞご立派に見えるかも知れませんが、
実際は毎日元気に大げんかやっていますのであしからず・・・"r(^_^;)

ちょっと “ボケラッタ!” の症状もあり、なかなか悲鳴を上げそうな、大変な事態も勃発します(汗)

ですが、信頼のおけるご近所の先生からも

「いちこちゃん!あまり大事にし過ぎるのは、脳の為には良くないんだよ!
刺激の為に “喧嘩上等” 主義でやりなさい!!」

とお墨付きをいただいたので!ドS魂に火を付けました



歌碑



結構トクイかもしれません。。。(  ̄ー ̄)ノ☆


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

伊勢の威力

じじ様ゆっくりですが順調に回復されているようで、良かったです。
これが人の思いの強さと伊勢の威力なのでしょうね。
これからも訓練が順調に行くことを祈っています。

今回も素晴らしい写真ですね!
まさに原初の神宮の杜がそのまま残っているのでしょうか?
流木達の故郷とのことですが、これほどの自然の中をお散歩出来るなんて想像しただけで心が安らいできます。
今度内緒で案内してね(笑)
(でも落ちているといっても流木持って来ちゃっていいの?
 神域じゃないからいいのかw)
またじじ様も大好きなスポット目指して訓練頑張って下さいね!

よかったですね。

徐々にに回復中のようですね。ほっとしました。伊勢の自然の力と いちこさんの愛の力、そしてなにより、本人の内なる力が相まっての回復ですね。素晴らしいです。

>放浪者さま

コメントありがとうございます(^-^)ノ

この写真を撮った日の前日がスゴイどしゃ降りの雨でして、
翌日はお昼から晴れ渡った気持ちのいい日だったのですが、
特に、森から生まれたばかりのせせらぎの音が素敵でしたヨ!

> (でも落ちているといっても流木持って来ちゃっていいの?
>  神域じゃないからいいのかw)

こちらの場所からの流木はいただきませんヨ(^_-)-☆
ここはこの場所を感じさせてもらうだけで充分なんです♪
それにね!長い年月水の中に居た事での素材(形、色)の変化が魅力なんです。
(マニアックすぎた?(^_^;)
別な言い方をすると、五十鈴川による水の浄化と、伊勢湾による潮(塩)の浄化
もちろんお日様による浄化も!その全部を受けて届けられる物だけなんです。
伊勢の自然とのご縁なんです!(勝手にそう思っています)

もしよかったら過去記事(7/7)“ご縁…”を覗いてみて下さい
(過去記事はちょっとこっぱずかしさがありますけど…(^_^ゞ)

いつもご心配下さりありがとうございますm(_ _)m





>てんてこさま

コメントありがとうございます(*^-^*)

今はなかなかネットが見辛いんじゃなかったでしょうか?
にも関わらず、気にかけて下さって本当にありがとうございますm(_ _)m

最近、お箸で食事する事も出来るようになりました。
煮魚の骨も器用によけてる姿にこちらがビックリですw(°o°)w
(左側にはマヒが強く残っていますが、右手は結構いい感じ!)
流木磨きもいいリハビリになると思うのですが、
今イチ思うようにやってくれなくて…(v_v)
私も次から次に欲ばり過ぎなのかなぁ~(汗)

五枚目の写真。

 タツノオトシゴか日本列島の一部が写ってますね。なんだろ?

 じじさん、頑張ってますね。気をつけてるんだと思います。つけるは『点』けるです。いちこさんも気を点灯させて頑張ってくださいませ。

>陸離さま

気を点ける。。。素敵な表現ですね!
この時、病院からはもう一生、口から食事が出来ないと断言されてましたから、
父の回復がホント嬉しかったものです~。
やっぱり人間って食べる事がすごく大きな楽しみな訳でしょ!

>タツノオトシゴか日本列島の一部が写ってますね。なんだろ?
ええっ!?小川の流れの事?言われて初めて気が付きました~(汗)
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード