ご近所散策ツアーへようこそ!

9/30の山並み


↑昨日の窓から… 9/30 AM6:06
前回ほどの帯ではないけれど、山並みの下付近に雲があります 
なるだけズームを控えて広範囲を写してみました。右奥あたりが内宮さん!


「是神風伊勢國 即常世之浪重浪皈國也 傍國可怜國也 欲居是國」

神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰(よ)する国、
方国(かたくに)の美まし国なり。 この国におらんと欲(おも)ふ


天照太御神の御神託を受け全国を周られた倭姫命。。。


伊勢の中でも、いちこが住んでる町は

“倭姫命が見守る町” なんていう贅沢なキャッチコピーがあります♪


倭姫御陵の碑


町内に倭姫命御陵があるからなんですが。。。
(倭姫宮とはまた別で、お宮はここから車で3分くらいで行けます)


ちなみに御陵というのは古墳(お墓)のことです。
この辺りには倭姫命が石隠れしたという伝説が残っています


倭姫御陵



小さな町で、人口も少ないですが、歴史は古く
この近くには弥生時代後期のむらの跡と、平安時代の建築群が発見された
隠岡遺跡なるものがあります


町の名前にもしっかり“倭”の文字が入り、
式年遷宮の御木曳き行事等の町の法被(ハッピ)にも日の丸の中に“倭”の文字が…
木遣り衆(きやりしゅう)の衣装にも“倭”の文字と
御神体“八咫鏡(やたのかがみ)”がデザインされています


神落宜・金刀比羅神社の碑


で、この御陵と並んであるのが、
伊勢神宮外宮の禰宜(ねぎ)だった度会氏が子孫繁栄を願って
お祭りしたと言われる神落萱神社(かみおちがやじんじゃ) ・金刀比羅神社です。
いちこの氏神様になります


諸説残る“常明寺”の石碑も一緒に並んでいます


倭姫御陵の碑と常明寺跡の碑



また、「我、日本の柱とならん」、「我、日本の眼目とならん」、「我、日本の大船とならん」
の三大誓願を皇大神宮に誓願した、日蓮上人の誓いの井戸もこのすぐ側です


以上、いちこの歩いて行ける、ご近所散策ツアーでした(^o^)/~~~




おむすび3さんへ。。。
額縁装飾用の生地

この生地が叙勲や褒章などの表彰状に使う額縁の生地です。
ぜひご意見をお聞かせくださいお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ツアー大好き!

今日は1日なので、掲載が有るのではないかと期待しとりましたヾ(^▽^)ノ。 見るもの聞くもの初物ばかり、歴史深くともこの新鮮さ…私は本当にどこまで素人なんだと言うくらい、いちこさんのツアーに、100%受け身で参加させて頂いてます(恥)。ホントのツアーでも似たようなもんですが…あはは(^^;)
そして、こうしてブログを見させて頂く…ほんまええ時代になったもんだ。平成の世に有って未だ私は昭和原人…いちこさん引かないでー!
しかし日蓮上人さんの石碑には泣いてしまいました。どれだけの覚悟で立ち上げられたかと思うと…。でもお伊勢さんにたずさわる方々は皆様そうなんですね。 私には、伊勢も遠く遠くて、まだまだお参りのタイミングは来そうにないので このブログがとっても楽しみなのです \(^o^)/

>こもれびさま

この度は散策ツアーにご参加いただきまして誠にありがとうございますm(_ _)m

もっと一つ一つを掘り下げて詳しくお話出来るとよかったのですが、
どうもお天気が悪いとイマイチ調子が出ないいちこです(T_T)
出来ましたら、大人気サイトで、“日蓮” “常明寺” のキーワードで記事を検索してみて下さい
もっと深く歴史を感じていただけるかもしれません(^_-)-☆

このブログ不定期更新なので、出来たら更新した時にメールでお知らせするような形の物を
探してみたりしているのですが、いちこも昭和原人なのでなかなか上手く出来ません_| ̄|〇
そういうのを上手く使えればいいのですが。。。ホント申し訳ないっす!!
日々精進致しますので、もうしばらくゆる~い目で見てやってくださいませ(*^-^*)
コメントありがとうございました(^o^)/~~~

なんとまあ上品な

素敵な布ですねえ。何に使うかですか?
財布や懐紙入れやブックカバーにすればもったいないくらいなものができますよね。でも切ってしまうのがもったいなくて切れそうにないですねえ。
いちこさんの流木の小さいものの下に敷くのも素敵だなあと思います。わたしは波模様が好き。そこに透ける白い和紙を置いてかざるとか、白い砂をまいて飾るとか。神棚や短冊の下でもいいでしょうし、、、うちには「生かして、、、、」と書いてもらった額縁があるのだけど、その波の布の上に乗せたら絶対良さそう。伊勢型紙ってありますよね。それと組み合わせてもよくないですか?(影絵のようなかんじで)小さな衝立てもいいね。それをふちにして小さな畳を作ってもらうとか、、、
眠れなくなりそうだ~~今日はとりあえず お休み~~

>おむすび3さま

m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m
ありがとうございます♪
まさにアイデアの宝石箱や~..:*・(彦麻呂風でお願いします)

どのアイデアも素敵で、もうウキウキしながら読ましていただきました
あとは私の技術の問題…_| ̄|〇 正直手芸系は若干不安が…
でもそんなことは気にしていられません(*^-^*)何事も挑戦あるのみ!!

流木に合わせられるご意見、和紙とのタイアップ!もうさすがに
おむすび3さんならではのセンスですね!
伊勢型紙の後ろに生地を置き、布と型紙のコントラスト。。。
はぁ~参りましたm(_ _)m
本当にありがとうございます。いざトライ!!挑戦してみますp(^-^)q

No title

こういう所に、歩いていけるなんて
うらやましいですね。
こういう所も、行ってみたいですね。

>ASANORIONさま

コメントありがとうございます(*^-^*)
色々な歴史背景を知れば知るほど、自分でも
なんて贅沢な場所なんだと思ってしまいます。
でもね!残念なことにASANORIONのご近所のような
素晴らしい山野草は見ることは無いのです(;>_<)
もっとしっかり歩いて、辺りを散策しないといけないのですが、
時間に追われて車でビューっと通り過ぎるだけだったりするので、
自業自得ではありますが。。。

No title

どんなのが出来るか楽しみですね。

ぜひ人魚ちゃんを見つけてあげてくださいな。
布の上に白砂をひいて、座らせたらいいよね。
舞玉さんというトンボ玉のサイトに 個展の様子の写真があるのですが、展示の仕方がすごくいいかんじです。http://mydama.web.fc2.com/tonbodama/tonbo1/koten2009.htm
砂庭なんてどうです?
上半身としっぽ部分と別れてたりして、水中から出てるかんじもおもしろいねえ。ネッシーかなんかのそういう置物があったよね。
あ~楽しいねえ。妄想はどこまでも~ ありがとうございます。

>おむすび3さま

こちらこそありがとうございますです!ハイ…ヽ(^-^)ノ

おむすび3さんの右脳をちょびっとわけてもらいたいくらいです
白砂に人魚なんてスンバラしい発想!いちこの頭の中にもはっきり
浮かびますヨその絵が…雨が上がり次第流木探索に行かなければp(^-^)q

舞玉さまのサイトも拝見しました!これまたとても素敵ですね!
実はいちこも苔玉とか日本庭園調とか和風な雰囲気も大好きで
流木とのコラボを虎視眈々と考えていました。
神宮林には古代から続く苔類が豊富にあり、生物学上もとても貴重なものである
なんて話は良く聞くのです。神宮のをわけていただくのはもちろん無理ですが、
流木も元は神宮林の一員なので、ふるさとを思い出すようなアレンジをしてやりたかったんです
良いサイトご紹介下さりありがとうございますm(_ _)m
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード