一応・・・緊急報告!!その2

 
いちw(°o°)w : 「こ、こ、これは・・・!!」


今日のYAHOO!ニュースに前回の記事の事 一応・・・緊急報告!!
で書いた虹の事が載っていました。

以下YAHOO!ニュースより↓

伊勢-鳥羽を結ぶ観光道路=伊勢志摩スカイラインの朝熊岳の頂上から8月23日、夏に見ることは珍しい富士山が現れ、その後三島由紀夫の「潮騒」の舞台にもなった神島と富士山の方角から虹が出るという自然現象があった。(伊勢志摩経済新聞)


 伊勢音頭の一節「お伊勢参らば朝熊(あさま)をかけよ、朝熊かけねば片参り」と、詠まれ伊勢神宮の奥の院として親しまれてきた金剛證寺(こんごうしょうじ)が山頂に建つ標高555メートルの朝熊岳の頂上から富士山までは直線距離で約200キロ。「外気温が低い冬場の早朝に富士山を見ることは珍しくないが、夏場に見ることは珍しい」と説明するのは伊勢志摩スカイラインを運営する三重県観光開発(津市)の西村さん。

 珍しい自然現象は17時ごろ、富士山のシルエットが突如現れた。その後18時10分ごろ虹のかけらが富士山の真上に現れると同時に富士山が消え、虹の架け橋が長く伸びていった。虹は富士山と神島の辺りから志摩半島まで伸びていった。18時30分ごろ西の空が夕日で黄色に染まると虹は消えていった。


時間的にも、方向もピッタリ!!この虹の事です。
いちこの住む山から朝熊山は直線にしてすぐなんです


上記記事のURL↓
富士山からレインボー-伊勢・朝熊岳から富士山、その後虹の架け橋出現 /三重
(写真付きで紹介されていますので、ぜひご覧になって下さい)


今日の朝熊山1


ここでちょこっといちこの役に立たないミニ情報。。。

いちこは山の頂上に住んで居ます。その山の名前は“〇〇山”
(伏字ですいませんm(_ _)m)
でこの山、昔々は “経ヶ峰” なんて呼ばれていたそうです
今の時代 “経ヶ峰” とは上記の朝熊山の事を示した呼び方なんですって
きっと何らかの繋がりがあったんじゃないかと…ロマンの香りがプンプン漂います(*^-^*)

で、この〇〇山にもいくつかの言い伝えがあって、
昔々この山で、“曼荼羅石”という物が発見されたんだとか…
それが当時財政難に苦しんでいた “常明寺” を救うひとつのきっかけ
になったそうなんです。なんでも東京の富豪に売っちゃったらしいですけど


今日の朝熊山2


東京の富豪さん! “曼荼羅石” のふるさとに住むいちこに
ひと目見せてくださいな…(^o^)/~~~


いち(¬ー¬) : それにしてもあの予感はなんだったんでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

すごい

いちこさん、すごい虹を見ましたね♪
ぼくもみたいです。

>椎名光さま

コメントありがとうございます(^-^)

実は朝イチからそんな予感がしてて…
これでも午前中は窓の外チラチラ気にしてたんです
正午頃には「そんな訳ないかぁ~(^^ゞ」なんて思ったりして!
それが夕方見えたりしたもんだから、別の意味でもオドロキました
そこに今日のニュースですから…
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード