スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代からの贈り物

こんばんは、よいお盆をお過ごしでしょうか~?

初夏から夏本番に向けて撮りためていた写真もあり、お盆休みに入ったら即行アップしたいと思っていたのですが、
そのお盆がこれまた大忙しで、有形無形の皆様へのおもてなしに奔走していましたら、もうお盆休みも終わってしまい、今日から出勤と相成りまして、もう何やってるんだか~な実情でございます。(^_^)ゞ

そんな今日は終戦記念日、私達に命のバトンを託して下さった多くの方々に、心静かに手を合わせたいと思います。


DSCN6418_convert_20170815215145.jpg


この蓮は伊勢二見の蘇民の森(松下社)の大賀ハスでございます。
蘇民将来伝説の発祥の地です。


DSCN6419_convert_20170815215204.jpg


皆様もご存じの事と思いますが、この大賀ハスは縄文時代の古墳から発掘されたハスの実(三粒)のうち、たった一つだけ発芽育成に成功したものから、二千年以上の時を経て現代に蘇っています。


DSCN6428_convert_20170815215233.jpg


その発見の経過もとてもドラマチックで、なかなかあり得ない程の奇跡のような軌跡をたどり、現在は日本各地だけでなく世界各国にもその花が届けられているそうです。


DSCN6423_convert_20170815215302.jpg


現代では様々な場所に蓮畑があり、この大賀ハスも心ある人々によって大切に育てられていますが、その始まりがたった一粒の実だった事に感銘を受けます。


DSCN6439_convert_20170815215322.jpg


詳しくはこちらをどうぞ。。。大賀ハス wikiより


DSCN6445_convert_20170815215359.jpg


↑こちらは二見夫婦岩の大岩の方、近くの海岸線から撮ってみたので、大岩しか写ってないのですが、小さな鳥居と大注連縄も見えています~


DSCN6448_convert_20170815215426.jpg


その隣町の鳥羽市で見つけた、新芽が出てるヤマトタチバナです。
そうそう、私が菓子博で見入ってしまった液晶ビジョン、「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」、その動画を見つけたので良かったら見てみて下さいませ~。




これも古代からの贈り物。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お盆にふさわしく…

いちこさん、お盆のお忙しい中、しかもお仕事まで始まってご多忙極まっていらっしゃるはずなのに、数々の素晴らしいお写真をありがとうございます。
光に満ちて眩しい程の蓮の花たちと、橘ですね。
この美しき蓮の花が、その命を授かり開花する迄に二千年以上もの時を経ているとは…。
驚きと、命の奇蹟に感動をおぼえます。
この美しい蓮の花のお写真のお蔭で
一段と素敵なお盆になります。
画面を通じてご先祖様方が、きっと一緒に拝見させて頂いたと思っています。
ありがとうございます。

蓮や柑橘類の歴史を知り、ありがとうございます。私の生家だったところも庭に蓮畑がありました。観賞用ではなく、蓮根を作っていたんですけどね。御盆に墓参りの帰りの道すがら、昔の生家を見に行ったら、その家の方も蓮畑を作ってありました。この蓮の花は、蓮根のための蓮の花よりも小ぶりで、愛らしく感じます。可愛らしい乙女のような。乙女は、遠くなりにけり、ですが、気持ちは、この蓮の花をみて忘れないようにしたいと思います。しばらく、携帯待ち受け画面に張り付けてよいでしょうか?

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~

いえいえ何をおっしゃいますだ~(笑)
どうもいつも私はやりたい事が多すぎて、それで年がら年中バタバタしているようなもの…(-_-;)
無理は不要なんだとは思うけど、そもそも何が無理なんだかよく解らなくて、だって自分がちょっと気合い入れて頑張ったら出来ちゃう事ばかりですから~(笑)
で、ついついブログを後回しにしてしまっている状態で、いつも待ってて下さってるのに申し訳なく思うのですm(_ _)m
それでもいつも喜んで見て下さってありがとうございます~(^o^)/~~~

ないすでいさま

コメントありがとうございます~

ないすでいさんにとって蓮のお花は、懐かしい思い出と共にあるのですねっ!
イイじゃないですか、いつまでも可愛らしい乙女の心。
大人な女性にチラッと見え隠れするそういうのかなりポイント高めですヨ~p(^-^)q
れんこん畑のお花も一度見てみたいものです~♪

私の撮った写真なんぞでよろしければ、私の方は全然全く大丈夫ですよー!
ただ、蓮の花は仏様関連のイメージが強くそういう意味ではよろしいものかどうかよく解らないのですが、
ないすでいさんにとってこのお花は懐かしき時代へのオマージュなんでしょうから、きっと大丈夫ですよね!

蓮と倭姫様の共通点

もしかして、豊鍬入姫様、倭姫様も、この蓮をご覧になっていたのでしょうか?
この蓮は一目で蓮とわかりますが、古代の蓮とは、教えて頂かなくては分かりません。だだ、高貴で美しいです!
その様に考えると、もし現代に倭姫様がいらしたら、高貴で素敵なお方~とは分っても、古代人とは誰も気づかないのではと思います。
どちらも素敵です!

三郎さま

コメントありがとうございます~

なんだかとてもロマンティックなお話~素敵♪
その当時、お二人の皇女様もきっと美しい蓮の花をご覧になっていらっしゃったのでは…と思いたいですよね~

> その様に考えると、もし現代に倭姫様がいらしたら、高貴で素敵なお方~とは分っても、古代人とは誰も気づかないのではと思います。

ななっなんと!Σ(・□・;)確かにそうかも。。。

でもでも、そんな三郎さんだって、古代からの情報をDNAにしっかと記憶して途切れる事なく今を生きている訳でしょ~
よっ!!北の古代人!ってな事も大いにありだと思います~(笑)

癒しと感動

お盆も過ぎて、この夏も一区切りですね。
いちこさーん、素晴らしい写真と記事をありがとうございます。伊勢は植物にとっても奇跡の地なのですね。考えてみれば日本全体が地球の奇跡だし。地球はこの宇宙の奇跡。フラクタル?。
それに私の好きな柑橘フルーツのご先祖様も伊勢発祥とは何度聞いてもワクワクします。私は今回、お盆の真っ最中にスーツケース持って大移動で、迎え火、送り火が出来ず、ゴメンねご先祖様!、とややヘコんでましたが、ハスのお花の写真と記事にとても癒されました。結果、今年もそれなりに良いお盆だったかも〜と勝手に思っております。(はぁと)

三月の桃日和さま

コメントありがとうございます~
そうなのですねっ、大移動お疲れ様です~。
国をまたぎながら、お盆に想いを馳せるだなんてそのスケールの大きさ、桃さんの活躍ぶりにも安堵され、きっととってもお喜び下さってる事と思いますヨ!

それと、日本の柑橘類のご先祖は、伊勢発祥と言うよりも、常世発祥が正しいと思いますよ(笑)
伊勢や鳥羽は今も昔のままの原生林が残っている場所の一つに過ぎないのですもの…
常世、奇跡と言えば、ずいぶん昔に聞いた二見に伝わる伝説の一つに、夫婦岩の間からアマテラス様を先頭に多くの人間が続々と海から陸地に上がったと言うお話を思い出していました。

その話を始めて聞いた時、常世(ムー大陸?)からなのかしら…?
それにしてもまるでモーゼの海割りにそっくりフラクタルのようなお話だと…
それに、二見の名称は倭姫命様がその景観の美しさに思わず二度見をされた事から、二見の名前になったと言われているのですが、この時倭姫命様の目に、その上陸の様子が映し出されてたとしたら、そりゃ二度見されますよねー!って全くの想像ですが~

好きなものばかり

感激です、今日のブログ!
毎回、感動させて頂いていますが、今日はもう感激の嵐です。
まず、ハス。
それもこんなにロマンティックなハスでしょ、それに夫婦岩に非時香菓。
大好きなものがオンパレードではありませんか。
昼間、ひゃー、わー、きゃー、と1人パソコンを前にして騒いでおりました。
いちこさんにハートを鷲掴みにされちゃったって感じです。
ところでいちこさんに、お願いがあります。
またお時間のある時で良いので、いちこさんちのお盆はどのようにされるか教えていただけませんか。
来年でもいいので、機会があればよろしくお願いいたします。

ユーマミさま

コメントありがとうございます~
まあまあ、そんなに喜んでいただいちゃいまして、どないしましょう~(;'∀')
喜ばれる場所に居られる事、喜んで下さる皆様が居て下さる事、私はかなりの幸せ者です~。

で、ウチのお盆ですか~?ウチ式でよかったら、なんでもお話しますけど、
お盆はたぶん皆さんと全く同じで、伊勢色は別段ないように思いますヨ!
って、伊勢しか知らない私が言うのもなんなのですが、、、
お墓の掃除やおまいりは迎え火の前日までに終えて、お盆中は自宅中心で色々好きなお料理を御供えするくらいです。
昔ながらの基本は三食それぞれお供えし、その地区によってお出しするメニューにも順番や決まりがあるとかを聞いたりもしますけど、私も仕事を挟みながらなので、家に居られる時は、なるべく地元産の素材で作るお盆っぽいものを心掛けているつもりですけど、三食全ては居ない時もあるもので~(;^ω^)

今年は身内が一人泊まりで来てくれてたり、だから余計にお料理三昧はやりましたが、とにかく我が家は静かでとても気持ちよく、よく眠れるんだとか言ってずっとスヤスヤ寝てましたわ、、、
糖質制限してるのに、3㎏太ってしまったやんかと言ってたので、そりゃそうだろっと大笑いです~。
一緒に、外宮さん参拝や勾玉亭さんも行きまして、あれだけの品数しかも地元産ですから、好物もれなくクリア出来ている事を願っています~(∩_∩)

今回身近な身内が来てくれて余計思いましたけど、そんな有形の身内を迎えるのも、有形じゃない方々をお迎えするのも、基本する事と言うか、したい事は結局一緒じゃないかと思い、それでいいんじゃないかなぁ~と思いました。

ってこんな感じのお返事でよろしいの?私でお答え出来る事は何なりと~( ̄▽ ̄)

有難う御座います

>昔ながらの基本は三食それぞれお供えし、その地区によってお出しするメニューにも順番や決まりがあるとかを聞いたりもしますけど、私も仕事を挟みながらなので、家に居られる時は、なるべく地元産の素材で作るお盆っぽいものを心掛けているつもりですけど、三食全ては居ない時もあるもので~

いちこさん、早速に教えて頂いてありがとうございます!
三食それぞれお供えされるという風習に、やはりとても丁寧にされているんだなあと思いました。
私の実家では、基本的にお茶とご飯はお供えしますが、それ以外は果物や野菜などをそのままお供えしていました。
夫の実家では、食事一式をお供えしていましたが、今は簡略化しているようです。
いちこさんもできる限り尽くされていて料理三昧されたなんて、素晴らしいです。
私はおはぎやおだんご、日本酒、果物などをお供えしていました。
伊勢の方々は皆さん、丁寧でさすがでいらっしゃいますね。
いちこさんのおもてなしに、御先祖様のお喜びがこちらまで伝わってくるように思います。
詳しく書いてくださって、ありがとうございました。

大賀ハスでしたか!

 今度の更新は何かなって、ワクワクしておりました。ふくよかな丸みが生き生きしていて、お花がパチンとはじける音が聞こえてくるような蓮の風情ですね。やまとたちばなも無農薬で育てられている方がいらっしゃるのですね。やんごとなき香りを嗅いでみたいものです。二見浦の青い海も空気が澄んできれいですね。素敵なお写真をありがとうございます。いずれも時を超えて大切に受け継がれているものを見せていただき、ありがたかったです!!正しい先祖供養の仕方、来年の参考にさせていただきますね。

ユーマミさま

お返事ありがとうございます~

三食全てご用意する風習は、一部でそれもご年配の方々が大事に守られているように思います。
私は父が亡くなって、父の好物なら全て解るので、アレも食べたいだろう、コレも食べたいだろうとついつい並べてしまいます~。
でも決して丁寧と言う程ではなく、結局私も同じように好きなものばかりなので、自分の食べる前にお供えしてその後いただくようにしているだけなのですヨ~(笑)
果物とかも同じように、すぐ食べられる状態にしてお供えし、わずかな時間だけですぐ私達のお腹にINですよー( ̄ー ̄)
もう、私も体重計に乗れないよ~( ;∀;)

くおんさま

コメントありがとうございます~

そうなのです蓮でした~(笑)
お盆より少し前に撮影してたものですがなかなかアップ出来なくて、、、
でもそれが、不思議とちょうどいいタイミングになったようで、皆さまの真心込めたお盆に、そっと花を添えられたのなら嬉しい限りです~。
この大賀ハスのお話、たった一粒の種が花開いたのは昭和27年。
当然私の産まれるうんと前のお話な訳ですが、なぜかこの奇跡のようなお話をとてもよく覚えてて、ただ、いつの事だったのかは思い出せないのですが、とにかくワクワク興奮しながら聞いた事を今日までずっと記憶に持ってたのです。

私の周りには、大賀ハスをそれはそれは大事に守り育ててきた人達が沢山いたのかもしれません。

お盆の事はあくまでウチ式なので、正しいかどうかは解りませんよ~(^▽^;)
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。