春の伊勢 その10

倭姫文化の森より。。。

DSCN5948_convert_20170519214854.jpg


沢山の芍薬さん達、今まさに満開状態です~(´▽`)
どんどん、どんどんどんどん、いってみたいと思います。 

↓後ろの建物が神宮美術館になります。
写真に写ってるお花で大体半分くらいかな~、この倍くらいの花々に囲まれています。


DSCN6004_convert_20170519214921.jpg


ガーベラのようなお花が中に…、おしべの花弁化と言うらしいです。
一枚目の写真のとも花弁化の形が違っています~


DSCN5951_convert_20170519214946.jpg


純白のお花がお好きな方へ…、手前のと奥のでは花びら、特に先端の形が少し違っているの解りますか~!?


DSCN6001_convert_20170519215012.jpg


このお花も、一番外側の花びらだけが薄っすらピンク色で素敵でした~(=∩.∩=)


DSCN6005_convert_20170519215038.jpg


私、かなりつぼみ好きなのです~(笑)


DSCN6030_convert_20170519215119.jpg


このゆっくり開いていく段階も、、、


DSCN6007_convert_20170519215153.jpg


開ききった姿も、、、やっぱり結局全部ですわー(〃∇〃)ゞ 
頭の中も満開のようで…( ̄▽ ̄;)


DSCN6019_convert_20170519215224.jpg


輝く観音様が乗っていらっしゃるのでしょう~と聞いてみたくなりました。


DSCN6023_convert_20170519215248.jpg


ゴージャスな芍薬さん!


DSCN6042_convert_20170519215320.jpg


題して 『祝盆』 菓子博で話題沸騰の赤福白福みたいだなっと…( ^ω^)


DSCN6013_convert_20170519215406.jpg


徴古館の大好きな木も貼らせていただきます~


DSCN5994_convert_20170519215434.jpg


いかがですか?お腹いっぱいになりましたか~?
えっ!?まだまだいけるですって、、、(笑)

そんな方は追記から入って下さいまし。。。d(°-^*)⌒☆

せっかく満開になってくれた清らかな姿ですから、出来るだけ残しておきたいのと、早い話が私も選びきれなくて~(;^ω^)
ポピーさんの一面のお花畑も更に満開状態でしたヨ♪


DSCN6081_convert_20170519230346.jpg


大きなお花を上に持ち、それでもすくっと立つその姿、この横から見た凛々しさも大好きです。


DSCN6020_convert_20170519230506.jpg


真上から見るとこんな感じです~


DSCN6021_convert_20170519230528.jpg


でもずっと疑問なんです、固く閉じたつぼみは段々その大きさを増してまん丸になっていきます。
その中には空気が入っているのでしょうか~?
入るとしたらどこから…?表面は固く閉じたままなのに…?ソコが謎なんです~

こちらの子は花びらが一枚二枚、ゆっくりと開いていくようですねっ(´▽`)


DSCN5960_convert_20170519230552.jpg


まだ固いつぼみとやっと開いたお花としっかり開いたお花の三姉妹~


DSCN6010_convert_20170519230410.jpg


こちらも同じく、頬寄せ合うような仲良しです~


DSCN6046_convert_20170519230438.jpg


こちらはこの姿が全開のようですが、親指姫でも出て来そうなたたずまいです~


DSCN5967_convert_20170519230622.jpg


中を覗くと黄色の絨毯。。。(´ー`)


DSCN5968_convert_20170519230641.jpg


雨の日も見に行ってたのですが、なんだか蓮の花のようでもあり、この風情もステキだなっと感じました。


DSCN5919_convert_20170519230719.jpg


真紅のベルベットみたいなお花もありました~


DSCN6018_convert_20170519230809.jpg


清らかな白一色。。。


DSCN6036_convert_20170520091723.jpg


最後は、この松!
明治天皇の御代に皇太子だった大正天皇様が植えて下さった、ただ今お花満載の『東宮殿下御手植えの松』です。


DSCN6061_convert_20170519230836.jpg


写真貼り過ぎちゃいましたが、重すぎかも…(〃∇〃)ゞ見れますか?

これで今年の春シリーズも終わりのつもりです~
季節は次々と移りゆきますものね、写真を撮り、それを選ぶ一連の作業がとても楽しかったです。
ありがとうございました。m(_ _)m

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お見事です!

いちこさ~ん、もうプロです!
楽しませてくれます!さすがです!

三郎さま

コメントありがとうございます~(≧∇≦)

キャーやったぁ~♪ 
楽しんでいただけてもう素直にうれしいですーありがとうございます!

でも何のプロ!?
願わくば、伊勢人のプロとなりたいものです(〃∇〃)ゞ

プロプロ

いやー、ほんと、三郎さんのおっしゃる通りですわー。
まるでプロの写真みたいです。
次々迫り来る花々の精気が凄いです!
そして、いちこさん、もちろん、伊勢人のプロでいらっしゃるぅ〜。
伊勢の大自然もお菓子も花も堪能させて頂きました!
ありがとうございます。

写真と文章、作家としてプロの領域です。
そして、その正体は、生粋の伊勢人なのです。

ユーマミさま

コメントありがとうございます~(≧∇≦)

私も沢山の春の息吹に接する事が出来て幸せでしたー!
その自然の力を貸してもらったんじゃないかな~!?

喜んで下さる皆さんが居て下さるおかげですヨ~。
いつもありがとうございますm(_ _)m

三郎さま

アハハハハっ!

お偉い先生方から芥川賞ならぬ、あきれたわ賞届くかも…(笑)

でも、コアなファンじゃ負けない…
私も伊勢も…p(^-^)q

夜分に恐れ入ります。
お菓子博で撮ってくださった作品を見せて頂き感動であります、
伊勢のお菓子職人さんの熱い思いが伝わってきました~~超力作!お菓子とは思えないですね繊細で綺麗ですね~(o^・^o)幸せ満腹であります~。良いもの見せて頂きました‼ありがとうございます。おミカンも素敵ですね!教えてくださりありがとうございます。
倭姫の文化の森という場所があるのですね、芍薬綺麗ですね‼美術館の倍以上の広さでのお花が咲いてるなんて感動です。
純白!綺麗!外側だけ桃色ピンクに色づき、綺麗!つぼみもいいですね。
つぼみが真ん丸に膨らむの不思議ですね。
お花三姉妹ショット、良く見つけられましたね、愛らしくて胸がキゅんとしましたよ。あぁ(o^・^o)ごちそうさまでした。
大正天皇様が植えてくださったという松の木も徴古館の大きな木も、いつかゆっくり伊勢参拝に行ける時に見に行ってみたいです。伊勢の春シリ~ズもゆっくり見せて頂こうと思います。いちこさんブログをありがとうございます~。

いちこさん、沢山のお花さんたちをありがとうございます。私も、他界した父が育てていた芍薬を世話して、うちの庭にも咲かせることができました。
ある年、葉っぱだけしかなくて、花が一輪も咲かないことがありました。で、わかったのですが、まだ、葉っぱや花が咲くずっと前、前の年の秋には、芍薬の土にきちんと、栄養をあげてないと、花が咲かない、とわかって。それからは、毎年、秋から肥料やりなどを心がけ、父が生存していた時に近いくらいに、芍薬の花が沢山咲くようになってきました。が、まだまだ、父が育てていたように、沢山ではありません。まだまだ、肥料のやり方、研究が必要です。うちの庭には、他に今は、スイートピー、金魚草、矢車草などが咲いています。夏場は、ひまわりの種をまいています。いちこさんの山のふじは、母が好きな花です。山にドライブに連れて行って、自然の藤に歓声をあげていました。いちこさんの山にも沢山咲いていることでしょうね。こちらの山村では、もう、田植えが終わりました。冬が早くくるため、早く植えて、早く刈り取ります。
地元平野は、今は、小麦、大麦の刈り取りが、急ピッチです。伊勢の自然をまた、見に行ってみたいです。時間とお金と健康、タイミングが、整う日を望んでいます。例の友人ですが、まもなく、退院らしいです。

なんて見事な…

いちこさんの前回のブログで芍薬が沢山咲いていると記載されていて、とても楽しみにしていました。
言葉にできないくらい、なんて見事な…。
時が経つのを忘れて眺めそうです。
おしべの花弁化というのですね。とってもゴージャスですね。
それぞれに愛おしくなるお花達です。
さすが美の象徴の芍薬ですね。

ひと際、心挽かれたのはやはり、白でほんのりピンクの花びらのある芍薬です。
あんな感じの麗しい美女になってみたい…。
凛として気高くも、ふわりと優しいオーラも纏っていて。
素敵〜!
『東宮殿下御手植えの松』がキラキラ輝いていて、思わず手を合わせてしまいました。
いちこさんの御蔭で心洗われ、素晴らしいお花に囲まれたⅠ日を過ごせそうです。
ありがとうございます。
花の美しさや花びらのたおやかさが伝わってくるので、
いちこさんは、ほんとにプロですね。

夏小町さま

コメントありがとうございます~(≧∇≦)

菓子博の展示を楽しみにしていて下さったようで、見ていただけて良かったです。
もう少しあるので、また出して行きますね~(o^_^)b
よろしければまた見に来て下さいまし~

倭姫文化の森は四季折々の自然の姿が身近に感じられる良い所です~。
遠方の方だと、どうしてもお参りメインになる事と思いますが、もし時間が許せばぜひお越し下さいなっ♪

ちょっと一つ訂正、、、
私の書き方がマズかったのですが、あの写真に写ってるのが芍薬畑の半分という事で、美術館の倍ではないのですヨ~( ̄▽ ̄;)
それではかなりスゴイ規模になっちゃう訳で…(汗)
勘違いさせて申し訳ない。。。m(_ _)m

ないすでいさま

コメントありがとうございます~(≧∇≦)

素晴らしいですねっ!お父様の残された花畑をちゃんとお世話しているとのお話、
それに素敵なお花畑のお庭のようですねっ♪

私もスイートピー大好きなお花なんです~(∩_∩)
芍薬といい、スイートピーといいとても良い香りがしますものねっ!
しっかりお花の様子も研究されて、お花もお父様もお幸せです。

こちらも田んぼに早苗が植えられました~( ̄▽ ̄)
季節は次々移り行きますが、その全ての営みがありがたい事と思っています。

ご友人の事、それは良かったでねっ!
落ちついた元の生活に戻れる事を願っています。

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~(≧∇≦)

はい、ホントそれぞれみんな愛おしいステキな花々です~
あの外側薄ピンクのお花、きっとエミリーさん好みだと思いました。
大きくて、凛々しくて、気品があって、優し気なお花、全くおっしゃる通りでしたよ~♪
それに芍薬は香りがとても良いので素敵ですよねっ!

そうそう、御手植えの松、あの日はとても良いお天気で、澄み渡る青空がキレイでした。
フラッシュはOFFしているのですが、こちらから光が当たったかのように輝いて写りました。
大正天皇様も時折お越し下さっているのでしょうか~(^_-)-☆

こちらこそありがとうございます~

いちこさん申し訳ありませんでした💦(--;)💦私の勘違い読み間違いでありましたよ💦申し訳ありませんでした~💦💦ご丁寧にご親切にありがとうございます~!

夏小町さま

いやいやいやっ、どうか謝らないで下さいね~
私の書き方がまずかったのですよ、正直記事書いている時もちょっと引っかかって表現を迷ったくらいなのです~( ̄▽ ̄;)

ほらっ万が一この情報を頼りに文化の森に行かれる方がいらっしゃると大変だから、念の為ねっ!
まあ、その可能性は大いに低いのは百も承知なんですけど、マイナーひっそりブログだし。。。(笑)

はじける〜!

写真も記事も!花火みたい。
それに初めて知りました。雄しべの花弁化。なるほどー。どこまでも豪奢な花なのですね。徴古館の樹さんもすばらしいです。

三月の桃日和さま

コメントありがとうございます~(≧∇≦)

花火みたいとは、これまた素敵な表現で恐縮でございます~m(_ _)m
いやっ本人はウキャウキャと、お花の周りを舞い上がってるだけなのですが、
舞い上がるだけに花火なのでしょうか~(笑)

徴古館のその木、楓系のとても大きな木なんですが、いつもお日様の光をいっぱい浴びて、それは美しい佇まいを見せてくれるんです。
幼稚園や小学校の頃から通ってたみんなの広場ですから、その当時から見守ってくれてた木なんだと思います~


お知らせ

あいまる日記を見てくださいね。
感動必至です!

三郎さま

> あいまる日記を見てくださいね。
> 感動必至です!

なになに何事~♪ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ

とうれしい予感と共に馳せ参じました。

本当に、素晴らしい苔むす神社(かむやしろ)、
今に伝わる古のままの御宮ですねっ!
お知らせありがとうございます!
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード