スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だけ限定の伊勢 その1

DSCN5495_convert_20170426212621.jpg

さあて、
いよいよ新芽が芽吹き、空が、山々が、木々が本気の輝きを放つ季節です~(´▽`)

ズームすると、、、朝熊山です。

DSCN5491_convert_20170426212645.jpg

鼓ヶ岳も、、、

DSCN5493_convert_20170426212709.jpg

柔らかな新芽の芽吹き、そしてこれから金色のお花をつけますから、更に空気感が神聖さを増すように思うのです。

そんな今日この頃、伊勢で開催されています『お伊勢さん菓子博』に行ってきました。
とは言え、このブログにそれを書くつもりはなかったのですが、やはり『お伊勢さん』と枕詞が付くように、伊勢参宮に主観を置いた素晴らしい展示の数々に、皆様にも報告させていただきたいなと思いました。

DSCN5470_convert_20170426212737.jpg

こちらは浮世絵師歌川広重の「伊勢参宮 宮川の渡し」をモチーフに、多くの人が行き交い活気あふれるお伊勢まいりの様子を表現しているシンボル展示です。
三重県の和洋菓子職人100人以上が制作ジャンルを分け、5つのチームが各パーツの制作を行うことで、幅約10m×奥行約5.5mの壮大なスケールの工芸菓子展示です。

DSCN5477_convert_20170426141349.jpg

美しい満開の桜並木、そのお花は10万輪、松の針葉も10万本!1年半もの歳月をかけ、細部に至るまでこだわりぬいた作品を作製されています。

DSCN5475_convert_20170426144959.jpg

詳しくはぜひお伊勢さん菓子博のHP,巨大工芸菓子制作日記をご覧くださいませ。。。

実は私、若い頃に細工物と呼ばれる工芸菓子をほんの少し学んだ事がありまして、そのお色の付け方や、花びら一枚一枚の角度や丸みが全体の印象を大きく左右するという事に感銘を受けておりまして、こういう物に目がないのでございます~(o ̄▽ ̄o)
もちろん、甘いものにも目がない訳ですが、、、(笑)

だから、目にするもの全て、その巧の技に胸を打たれて、そこにボーっとたたずんでしまいたくなるのですけど、いかんせん人出が凄すぎます!

普段、小鳥のさえずりと風の音しか聞こえない環境に身を置くものとしましては、何千、何万の溢れる人の波って未体験の感覚です~( ̄▽ ̄;)
なんだか不思議と笑って、人の波に乗りながら、流れるように沢山の作品の数々を拝見し、少し写真も撮らせていただきました。

自撮り棒は禁止ですが、作品の撮影は許可されているのです~。
てな訳で、構図はもちろんピントさえ合ってるのかの確認もせず、秒速で撮影した作品の数々、イメージ壊してないと良いのですが、少し並べてみます。

まず、お色の付け方、この色彩の美しさに感動した作品

DSCN5455_convert_20170426232455.jpg

鳥さんが生きているようです~

DSCN5446_convert_20170426212805.jpg

この松も大作ですねー!

DSCN5429_convert_20170426212827.jpg

わー♪御木曳の奉曳車!と思ったら地元の和菓子屋さんの作品。

DSCN5432_convert_20170426212852.jpg

細部までこだわってる~

DSCN5433_convert_20170426212914.jpg

最後にもう一度言いますが、これ全部お菓子ですからね~( ̄▽ ̄)
もう少し続きます~

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素敵なお写真

いちこさま
いつも伊勢の風を運んでくださってありがとうございます。
細部にまで心が行き届いた工芸菓子は近くで拝見するときっと見惚れてしまうほどの迫力があるのではと思います。それと甘い香りもするのでしょうか。とても気になります。子供のころ近所の和菓子屋さんに展示してあった工芸菓子を思い出しました。きっとすごく大変な作業なのでしょうね。いちこさまはどのようなものをつくられたのでしょうか。想像以上に難しいのでしょうね。美しいものはどのようなものでも心癒されます。もちろんいちこさまのお写真もです。
つづき楽しみにしております。

お菓子〜♪

お伊勢さん菓子博に行きたかったのですが、残念ながら行けそうになくあきらめていたところ、いちこさんのブログを拝見して胸弾みました!
お菓子の試食とか販売とかあるのかなと思っていたのですが、展示がこんなにあるのですね!
私も若い頃、お菓子を習っていたことがあり、先生方のシュガーデコレーション展示会によく行きましたが、全てお菓子でできているとは信じられませんでした。
そのときは洋風なものばかりを見ていましたが、今回、和風デコレーションを拝見して感動しています。
松の葉など細部まで丁寧に作られていて凄いなあと思いました。
ああ、やっぱり伊勢に行きたいです〜。

なんて見事な…

いちこさん、こんにちは〜!
御山が春の空気を纏って輝いていて、神々しいです。
心が洗われます。

「お伊勢さん菓子博」の吊り広告を電車でも見かけて、どんな催しだろうかと姉と話していました。
まるで「お伊勢さん菓子博」に行かせて頂いたみたいです。
ありがとうございます。
和菓子職人さん達の魂がこもっているのが御写真からも伝わる程の繊細にして迫力ある作品ばかりですね。
色も美しくて、気品があり、何度でも拝見したくなります。
日本の職人さんの見事な作品に感嘆と感動のため息がこぼれます。

いちこさんは工芸菓子を学ばれていたのですね。
すご〜い。
それゆえに、感動も深く、職人さんのアイデアや工夫に胸躍るのではないでしょうか。
今日も素晴らしい御写真をありがとうございます。
次も楽しみにしています〜

くじゃくさま

コメントありがとうございます~(∩_∩)

はい、見惚れてポーっとしてたかったのですが、スゴイ人出に人の波に流れるように乗ってました。
私なんかはほんの少々かじっただけで、作品を作り上げるだなんてとてもとてもな状況だったのですが、ただその丁寧な一つ一つの仕事が好きだったのです~(´▽`)

お返事おそくなって申し訳ありませんでしたーm(_ _)m

ユーマミさま

コメントありがとうございます~(∩_∩)

菓子博に行きたい方も沢山いらっしゃる事と思い、私達のように簡単に行ける地元民が書くのはどうなのかなぁ~なんて思ってたりもしたのですが、やっぱり私は作り手の気持ちにもなっちゃうので、これだけの力作、短い開催期間の限られた人達だけでは勿体なくて書いちゃいました。
経験者のユーマミさんならその気持ち解ってくれますよねっ!

試食や販売も盛り沢山のてんこ盛り状態ですが、行列なんてものに縁のない私達にはハードルが高すぎて、、、( ;∀;)
それに、結局買ったものは全て私のお腹の中に入る訳で、それもある意味大変な事態を巻き起こします(笑)
ただ、どれだけ疲れても、甘いものは沢山あるので、即効復活は出来るメリット大!

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~(∩_∩)

山々を愛でて下さりありがとうございます~♪日を追うごとに素晴らしい光景が伊勢を包んでいます。

和菓子の職人さんは花鳥風月と言った自然のものを表現され、洋菓子の職人さんは建物や人物、アントルメなどの工芸菓子に力を注がれますが、どちらもそのお仕事ぶりは圧巻です。

> それゆえに、感動も深く、職人さんのアイデアや工夫に胸躍るのではないでしょうか。

おっしゃる通り、もうワクワクしっぱなし、ニヤニヤしっぱなしで流れておりましたヨ!

プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。