スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の伊勢 その2

前回の記事は伊勢神宮内での光景でしたが、
今回は私の周り、一年越しのお約束の花々や風景をお伝え出来ればと思います~(^-^)//"-☆

一輪だけひっそり咲いていた6枚花びらの白梅を見付けたのは2013年の早春でした。
それから4年、毎年確実にその数を増やしております。

DSCN4975_convert_20170410212016.jpg

今年は全体の一割近くに迫る勢いのように思うのですが、、、

DSCN5043_convert_20170410212040.jpg

やっぱり6枚花びらの子は枝先よりも枝元に多い傾向があるように思うのです。見やすいからかなぁ~

DSCN5031_convert_20170410212054.jpg

枝先にはちゃんと5枚花びらの子達が満開で、青空を謳歌しています~

DSCN5042_convert_20170410212115.jpg

四つ葉のクローバー探しだけは探そうとしなくても発見出来る妙な癖のある私、当然六つの白梅もすぐ見つけられます~(笑)

DSCN4997_convert_20170410213627.jpg

来年も沢山会えるといいなっ~♪

こちらも、お待たせしました!これこそ、一年越しのお約束です~。

DSCN5056_convert_20170410215225.jpg

もう待ちくたびれてしまったですよね!実は去年の木蓮さん達は中型の野鳥さん達にほとんどやられてしまったのです。
ウチはこの辺りでも陽当り良好で一足先に花を咲かせるもんだから、食糧難の冬を耐え忍んだ野鳥達が、
『WE LOVE 木蓮♪ 』と大集結!
野鳥達がみんな始祖鳥に見えた事は言うまでもありません。木蓮は古代から恐竜のご飯でしたから…( ;∀;)

DSCN5068_convert_20170410215242.jpg

今年ももうすでにだいぶ食べられてしまってますが、去年よりは大丈夫な感じです。

DSCN5076_convert_20170410215303.jpg

でも、木蓮さん達もちゃんと考えてるのが、よく解りました。
最初に花開きそうになった子が少し朱の花びらを見せながら、そこで花開かずに耐えに耐えるんですq(°o°)p
こんな感じで~↓

DSCN3128_convert_20170410223238.jpg


時に自分一人(一輪)に野鳥達の興味を引き付け、まだ固いつぼみが大きく膨らみ成長するのを今か今かと待ち、
みんな揃ったところで、いっせえのーでー!OPEN!!ぱっ♪と一斉に開花します。

そんな見事なリスク回避をまの当たりにしました。
おとり役をかって出た、最初の大きなつぼみの子は、花開く時には花びらが全くないような状況、それでも立派に雄しべや雌しべを広げてましたが、受粉はきっと無理なんだと思います。

DSCN5061_convert_20170410215321.jpg

木蓮はまだ寒さの残る早春の夕方、その幾重にも重なる気密性の高いお花自体が昆虫の暖かな寝床になるんです。
そんな昆虫は昼間にたっぷり雄しべの花粉を付けていますから、寝床として潜り込んだ事が受粉に繋がる訳で、花びらが揃ったお花が子孫を残す為に何より大事なのでしょうね~

DSCN5082_convert_20170410215341.jpg

もう、ドラマ以上のドラマだと思いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

花〜

おおー!木蓮だー!
こちらハイジの国も今、木蓮が満開です。こっちのは種類が違うのか満開状態になると後ろの景色はまず見えません。ぎぃっっっしり咲きます。あまりの密度に枝が折れやしないかと思う程です。これが数本続いて並んでいるとかなり壮観です。
花を鳥さんが食べるということは甘いのかしらん。それに日本の木蓮はどことなく他の国の木蓮より品が良いような…ひいき目視点もありますが、たしかに昔から絵や版画になってますしね〜。
なるほど、6枚花びらの梅は枝元に多いのですか!でもそれって伊勢だけでは?それもいちこさんのお住まいのあたり限定とかね。梅の木さんも2013年以来「そんなに喜んでもらえるんなら、頑張っちゃおう」という感じかも。
ところで…梅の花のガクって美しいですね。紅色とうぐいす緑のカラーコラボが絶品です。

三月の桃日和さま

コメントありがとうございます~(=∩.∩=)

> おおー!木蓮だー!
> こちらハイジの国も今、木蓮が満開です。

そうなんですか~♪ハイジ国とは季節が同じように廻るのですね!密度の濃いそちらの木蓮も見てみたいものです~
品の良さはやっぱりかなりひいき目でしょう~(笑)

6枚花びらの梅を一度梅園に行って探してみたいと思いながら、この春は叶いませんでした(^▽^;)
ウチオリジナルの楽しみなら、来年も沢山逢えるように話しかけていきますヨ~。
それにしても、裏のガクまで見て気にしてもらえる梅は幸せです~
そうなんですよね!そのガクの色が花びらの隙間からチラッとのぞいて、白梅に優しい色を足しているんです!
鮮やかな紅色のは裏から見ると日の丸の紅白だし~(^_-)-☆

質問です~

5枚目の梅の写真ですが、後ろに写っているのは君が代ラン⋯でしょうか?

三月の桃日和さま

そうでございます~(^з^)~♪

まだまだ春の風景があるのです…
季節に追い越されちゃうわ~( ̄▽ ̄;)

無理もなし

あこがれの木蓮、、、
たしかに美味しそうです。

三郎さま

コメントありがとうございます~(=∩.∩=)

> たしかに美味しそうです。

ええっ!?まさかのそっち目線ですかー(°O°;
考えた事もなかったです~(笑)

木蓮って…

いちこさん、いつも素敵な御写真をアップしてくださって
ありがとうございます。
木蓮って鳥に狙われるんですね、初めて知りました。
そして、虫さんたちの温かい寝床になるとは〜。
大きくなったらお姫様になれる〜!と信じていたエミリーとしては、
こんな綺麗なお花の温かな寝室で寝てみたいです。

いちこさんの御写真ってやっぱり素敵…。

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~(=∩.∩=)

そうなのですよ、草食恐竜のごちそうだったらしく、その末裔である野鳥さん達にとっては大事なお食事らしいです。
で、虫さん達の営みも木蓮があった超古代からとのお話で、人間が誕生する以前から今も変わらずそのサイクルが続いているそうです。

親指姫のごとく、木蓮のベットはさぞかし心地良い眠りをくれそうですね~!

プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。