スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古の宮を支え続けた人々へ…

DSCN4681_convert_20161204184707.jpg

たそがれる山雀さん


DSCN4677_convert_20161204184729.jpg

『なにか?』 とクールな眼差し


DSCN4688_convert_20161204184745.jpg

ん~ん保護色。。。( ̄^ ̄)


いきなりタイトルとは無関係な山雀(やまがら)さん三連発で初めてしまいました。
だって、とっても可愛かったものですから~(〃∇〃)ゞ

今日は、ちょっと素晴らしい動画を見つけたもので、その紹介も兼ねて記事にしたいと思います。

すでに皆様には充分にご理解いただいている伊雑宮と佐美長神社があります。
そのちょうど中間に磯部神社と言う、磯部地区の氏神様があるのですが、こちらは神宮125社ではない為それ程知られていないと思います。

ですが、決まって伊雑宮の遷宮後にその古材の払い下げを賜り、磯部神社の遷宮を迎えるなど、磯部の皆様にとっては決して切り離せない密接な繋がりのある大切な神社であります。

昔々から伊雑宮の摂末社のような位置付けがあると言われています。

それだけではなく、磯部神社には古の伊雑宮にあったであろう回廊が復元され、その面影を今に伝えているとしたらどうでしょうか…。
これは、断定ではなく、想像の範囲ですが、、、

でも私、聞いた事があるんです。
磯部神社に磯部の方々と御参りに伺った時、遷宮間もない時でして、普段はなかなか見られないその御姿がはっきり見渡せ、回廊を持った御宮の凛々しさに圧倒されている時、

『回廊まで復元されているんだな…』 っと考え深くお話されていた事。

もうその一言で全て理解してしまい、聞き直す事さえしなかったのですが、伊雑宮の御正殿にも昔々回廊があったというそんなお話だったのです。

そもそも、回廊って何?と言われてしまうかも知れませんので、その説明をさせていただきます。
私も、回廊という名称で正しいのかも解りませんが、神宮の外宮さんと内宮さんの瑞垣内の御正殿には、五色の宝珠(=据玉すえだま)輝く回廊が存在します。

私達伊勢の者は、御白石持ちで神様が御移りいただく前のピカピカの御正宮に御白石をお届けに入らせていただきます。
それで、その美しさ凛々しさを目に焼き付けていますから、その事を重々承知している訳です。
これPDFファイルですが、読めますか?
広報誌 伊勢のお白石持 より
(御遷宮対策事務局 平成22年8月15日発行より)

このお写真でお解りいただける御正殿を取り囲む室外の廊下が回廊です。

外宮さんの御正殿の御姿がわかるネットニュースも見つけました。
伊勢神宮外宮のご正殿も公開-20年に一度の式年遷宮で新たに
(伊勢志摩経済新聞 2013年08月17日発行記事より)

今は外宮にあるせんぐう館に、外宮正殿東側の4分の1部分を原寸大で再現された展示もあり、その凛々しさ五色の宝珠の輝きもご覧いただけると思います。

せんぐう館HPの動画でもそれらをご覧いただけます。
式年遷宮記念 せんぐう館


そこでそこで、磯部神社ですが、今御参りに伺っても残念ながらその御姿は薄っすらとしか見れません。
大切に玉垣が張り巡らされているので、一目見てもわかり辛いのですが、その前面の玉垣だけに少し隙間があり、遠目に見てもその後ろに何かが存在するかも…というのがわかる程度です。

ですが、その姿をチラッと見せていただける素晴らしい動画を見つけましたので紹介させていただきます。


磯部神社

特に、1:40からの奥の御正殿のお姿に注目されてご覧ください。

ねー!回廊のある御宮ですよね~。
ですが、こちらには外宮内宮のような宝珠は見当たりません。
当然と言えば当然なのかも知れませんけど。。。

それでは、古の昔の伊雑宮はどうだったのか…?
その答えも私なんかがわかるはずもありませんが、が、しかしです!

そんな事を想いながらネットをみていた時、偶然にも伊雑宮の御田植神事の大団扇(ゴンバウチワ)にヒントがあるでしょ!
みたいな記述を見付け、思わず振り返りました。

私の家にはその忌竹で作られた大団扇のお飾りがありますので…、それも私の席の真後ろに~(=^v^=)


DSCN4066_convert_20160624232351.jpg


あああっ!あったー\(◎o◎)/!
ほらっ 『太一』 の旗印の一番上!一番高いところに赤い宝珠がしっかり飾られています!

それに、五色の色全て揃った舟の帆です!この米俵をたくさん積んだ御舟の名前が神道丸ともあります(〇o〇;)

この五色、私は陰陽五行なのか、五大陸なのか、五色に分かれた人類の事なのかは判りませんが、それでも赤い宝珠=太陽に見守られながら仲良く並び、受けくる風さえ力に変えて進む姿こそ、宝(米俵)を運ぶ神道の姿なり。。。

なんて想像し、きっと人間の事だー!と、この絵を描いた当時の先人の想いにとてもとても感動しました。

昔むかしの伊雑宮は今よりもっともっと大きくて、その界隈もとても賑やかだったとの資料があります、そして今の外宮内宮のように、神馬の白い御馬が居た事もその地に伝わる唄にそっと残されています。


DSCN4724_convert_20161211165534.jpg
(内宮さんの優しい眼差しの神馬さん)

そんな形で伝承する事を思い付いた知恵ある人々ですもの、大団扇にもその記録を残してみえても不思議ではありませんよね!

あくまで、想像の域でのお話ではありますが…

先人の方々はどんな糾弾にあっても、必死に懸命に伝えたかったのだろうなぁ~と、そのお気持ち、心底解るように思います。
その格式の高さも、偉大さも、それを取り巻く賑わいも…

もし可能なら、その護り続けて下さった先人様に、感謝と共にどうか安心なさって下さいと伝えたいですね!
伊雑宮の素晴らしさは現代を生きる私達にしっかり甦り伝わっている事。

確かに御宮の規模も賑わいも昔とは比べ物にならないのかも知れないけれど、でもだからこそ、この御宮を目指す人々は純粋な心を持って神様に祈りを奉げる人達なんだと思います。

だって、御宮の他に何もない場所ですからね~(^_-)-☆
この地に在り続けて下さったそれだけで、本当にうれしくてありがたくて、何はなくてもとにかく大好きな人達なんだと思います。

そして言うまでもなく、神職さんによる日々のお祭りも大事に大事になされ続けている事。

今の時代は、外宮さんも内宮さんもそして伊雑宮も、三つの御宮みんな揃って、それはそれは清らかな風が流れている事。

DSCN4661_convert_20161204184833.jpg



【伊勢神宮】式年遷宮 ‐永遠の祈り‐ ISE-JINGU





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

有難う御座います

おー更新してる~
しかも、楽しみ満載!
大サービス!

三郎さま

スーパー早速のコメントありがとうございます~(∩_∩)

やっとアップ出来た~♪と一息付く間もなく届いたコメントに驚きましたよ~Σ(・□・;)(笑)

楽しみ満載だと良いのですが、キチンとお話したい事があり過ぎて、その説明やら資料やらと、いつもの文才の無さが仇となり、長ーーーい記事になってしまいました(;・∀・)

素敵な気付きをありがとうございます

いちこさま
いつも素敵なお写真ありがとうございます。

それに良き動画を知らせていただいてありがとうございます。
心があらわれて、目頭が熱くなりました。
これから何度も再生したいと思います。

ありがとうございました。

素晴らしいです!

いちこさん、今回も素晴らしい内容の記事をアップしてくださって感謝です!
動画も写真も心が洗われる思いで拝見しました。
日本にこのような聖なる地があり、代々守られてきたことは奇跡のお宝ですね。
お宝のおそば近くにおられるいちこさんが届けてくださる数々の情報は、本当に有り難いです。
ああ、心が清らかになりました〜。
ありがとうございます。

くじゃくさま

コメントありがとうございます~(∩_∩)

神宮さんの動画はホント心を穏やかに胸に迫りくるものを感じますよね!
磯部神社を撮影された会社さんは、伊勢志摩サミットでも活躍された会社のようで、それだけ地元への強い愛情を感じさせてくれました。

目頭を熱くされた想いは、きっと先人様に届くと思います。
こちらこそありがとうございますm(_ _)m

ユーマミさま

コメントありがとうございます~(∩_∩)

> ああ、心が清らかになりました〜。
そんなふうに言って下さりありがとうございます。
過去には様々な悲しく辛い現実も多々あったと聞きます。
伊雑宮だけではなく、外宮領と内宮領だって同じです。
だけど、今を生きる私達にとっては、何より大切な聖なる土地であり、皆さまから尊ばれる日本人のふるさとです。
私達の想いが先人達を生かすように思えて、思い切ってアップしてみました。

正しい情報になっているかは???の所もありますが、この地に縁ある者として、私はそうなんだろうと思うのです。

胸いっぱい

今、出先ですが、帰宅してパソコンでゆーっくり見るのが楽しみです。早く帰ろっと。

三月の桃日和さま

コメントありがとうございます~(∩_∩)

まあまあ出先からわざわざと~~
夜冷えて来ましたから、暖かくしてお帰り下さいね!

ああっ!夜なのか?冬なのか???( ̄▽ ̄;)

御祓を受けたような心地

いちこさん、普段は拝見できない神聖な御正殿の美しい凛とした御写真や動画をとてもありがたく拝見しました。
磯部神社の凛とした清涼な空気が伝わり、まるで参拝させていただいたようです。回廊も拝見できました。
いちこさんの気づきの着眼点が、やはり素晴らしいですね。
まさに神ナガラで生きてらっしゃればこそ…と思いました。
いつもそうなのですが、今回は特に…
日本におわす神様の御姿を垣間見せて頂いて、ご紹介頂いた御写真や動画を拝見していて、そのありがたさと神様をお祀りする方々の凛とした御姿に感動し、涙が溢れました。心が洗われました。
ここしばらくは特にいろいろ思い悩んで気持ちが濁っておりましたゆえ、
御祓を受けさせていただいたようで、心が晴れやかになりました。
日本のこの地に生を受ける事ができたこと、伊勢の地に参拝できることが、ありがたく、映像から清涼な、温かな光に溢れた風が流れ込み、心の暗雲が消え去りました。
いちこさん、このタイミングで貴重な映像をたくさんアップして頂きありがとうございます。

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~(∩_∩)

なんとも勿体ないお言葉の数々で恐縮しています(〃∇〃)ゞ
動画やリンク先が素晴らしすぎて、私の写真を同系列に並べるにも申し訳ない程ですが、写真がないとこのブログらしくないので、ここ直近の写真を載せてあります。(ああっ!大団扇は今年の御田植祭の時ですが…)

エミリーさんは濁ってなんかないと思いますよ!
だけど、今日はゆず湯♪そして冬至明けも間もなく!!
今年一年の穢れを落とし、爽やかに新年を迎える準備に入りましょ!
そういう意味ではタイミングぴったりだったかなっ(^_-)-☆

No title

師走、にふさわしいバタバタ毎日の中、ゆっくり記事を読ませていただきました。これで元気チャージ完了。あらゆる神社に、それぞれの役割があるのですね。私たち人間も、それぞれ住んでる場所でいろんな役割があるみたいに。ヤマガラちゃん3枚連続ショットはナイス!このまま身にまとって街に繰り出したいような色彩ですー。
動画は私だけ観るのはもったいないので、ただいまウチでの動画鑑賞付き食事会を検討中。誰が来てくれるかしらんらん。
いちこさん、いつも記事をありがとうございます。

三月の桃日和さま

コメントありがとうございます~(∩_∩)
お返事遅くなってごめんなさいねーm(_ _)m

今日は父の命日でして、昨夜からバタバタしながらも、なんとか無事心いく命日を過ごす事が出来たと思います。
完全なオリジナル感満載の心ばかりのものですが、それもウチらしくていいかなっと自己満足満載です~(^-^)

> 師走、にふさわしいバタバタ毎日の中、ゆっくり記事を読ませていただきました。これで元気チャージ完了。
そう言っていただけると本当にうれしいです。

そうですね!なんだか桃さんの周りにいらっしゃる外国の皆様の方が、純粋に皆様と感動を分かち合えそうでステキだなっと思います。
日本の文化、伝統に触れていただけるステキな食事会になる事を祈ってます~(^_-)-☆

明けましておめでとうございます!
昨年中もブログをありがとうございました!本年も宜しくお願い致します~。

夏小町さま

あけましておめでとうございます。
新年早々のコメントありがとうございます!

こちらこそ、どうぞよろしくお願い致します~m(_ _)m
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。