初穂舟 神嘗奉祝祭

奇跡の連続更新に、この後深夜に大雨降るらしい。。。( ̄ー ̄)ナンテコッタ

とは言え、今日も一日、暖かな日差しが降り注ぐ良いお日和で良かったです。
神嘗奉祝祭のラストを飾るは、いよいよ内宮さんへの川曳です。

初穂を乗せた舟を初穂舟と言いまして、川曳を奉仕する内宮領の地域が所有する舟になります。
五十鈴川に浮かべ、その担当地域の皆さん合同でのご奉仕です。

DSCN4548_convert_20161016232007.jpg


秋口からほとんど晴天を見ないぐずついたお天気だったにも関わらす、五十鈴川は増水している事もなく、かと言って水量が少なすぎる事もなく、、、
また、お天気も天気予報では一日中曇りの予報で、水温の下がった五十鈴川では寒さがこたえるだろうとの想定も、青空とたっぷりの日差しに恵まれました。


DSCN4577_convert_20161016231025.jpg


いよいよ出発の時、舟底に注意を払い舟を進めます。

DSCN4562_convert_20161016230727.jpg


向かう川上は静寂の別世界のようにも見えます。

DSCN4552_convert_20161016230755.jpg


ひとたび五十鈴川に入ると、その寒さも忘れ、老いも若きも童心に帰るかのようです。
川曳用木製の采(ザイ)も解りますか?

DSCN4560_convert_20161016230827.jpg



DSCN4576_convert_20161017004404.jpg



木総采配(きふささいはい)と言って、総の数を一年の365本に決めているところもあるそうです。
こちらの皆さんのはどうなのでしょうか~?

DSCN4556_convert_20161016235108.jpg


また、初穂舟に掲げられたそれぞれの町名を刻むのぼり、その中の『大』の旗印をご覧ください。

DSCN4573_convert_20161017004144.jpg


これは唯一『大』の字を使う事を許された楠部町と言う町の御印です。

昔むかし、内宮が火災に見舞われた時、いち早く駆け付け消火に当たったこの町の人々に対し、神宮側が“太一”の“太”の字の使用を許したのですが、神宮さんと同じでは余りに畏れ多いと、『大』の御印をたまわった経緯から、町民の誇りと今もとても大事にされ、ハッピやのぼり、小物に至るまで全てにこの印がつけられています。
又、皆さまよくご存じの宇治橋、この橋の欄干にはいかなる旗も立てる事は許されませんが、唯一この町の奉曳の時にだけ『大』の旗印をひらめかせる事が許されております。

その由緒もあり、この楠部町にある伊勢の御神田(神宮神田)を町民一丸となり大切に守っておられるのです。

もちろん他の地域もみんな、その土地への感謝と伝統、神様との結び付きを誇りとして神事にのぞんでいるのはどこも同じですね~。


DSCN4578_convert_20161016130413.jpg



別世界への雲の中を進む人々のようにも見えませんか~!?

DSCN4568_convert_20161016234011.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大雨、降らないですよ!

地球の反対側にいるというのに、心の中でおまつりが続いて、一緒になって踊っております桃です。踊っている間、大雨は降らせません〜!
いちこさん、こんなに沢山の写真撮るのは大変だったでしょう!
ありがとうございます。町名を掲げた、色も鮮やかな「のぼり」、使える文字にもいろんなエピソードがあるのですね。畏れ多い、とは美しい響きの、そして日本語にしかない表現です。絶対! 
えーい、このまま踊りながら伊勢参りだ〜…なんちゃって? ですが

三月の桃日和さま

こちらもコメントありがとうございます~(´▽`)

ホントに大雨降っちゃったのです~(笑)
だけどきっと、多くの人々が寝静まっているその時に、静と動、陰と陽のバランスを取るかのごとく、大自然が整えて下さってると思えるのです~。確かに踊ってる間はお天気イイのです!
日中は溢れる日差しで盛り上がり、夜には大雨でその空気を洗うかのよう、、、
そしてそんな雨の真夜中に、神宮では祭主様はじめ多くの神職さんが粛々と祈りを捧げて下さっていたはずです。
年間1500回にも及ぶ神宮のお祭りの中でも、最も重要なお祭りが神嘗祭ですから…。

そんな伊勢にまたいつでもおいで下さいね~♪

嬉しいです♪

いちこさん、神嘗奉祝祭の様子をこんなに詳しくお知らせ頂いて、とても嬉しいです♪
沢山の写真といちこさんの解説で、臨場感たっぷりですね☆
私は10月7日に伊勢にお参りに伺ったのですが、伊勢祭の準備に皆さんお忙しいご様子でした。
色とりどりの法被や着物を着て、若い人達がきゃっきゃっと跳ね飛んでおられました。
お祭りをこの目で見てみたいなあと後ろ髪ひかれる思いで帰路についたのですが、いちこさんの御蔭でお祭りに参加した気分になれました。
有難う御座います!

ユーマミさま

コメントありがとうございます~(´▽`)

そう言っていただけてとてもとてもうれしいです。
ユーマミさんがお参りにお越し下さってた事、帰りしなにその賑わいをご覧になってた事、承知しておりました。
どんなにご覧になりたかっただろう~、それを感じられたかっただろうかと読ませていただいてたのです。
いつも読み逃げでホントすいませんm(_ _)m

そんな時、ずいぶん会っていなかった幼なじみから、お祭り見に行こうよ~!っと偶然のお誘いを受け、これはチャンスとばかり大喜びしました。
彼女は私がこのようなブログをしている事なんて全く知りませんが、伊勢の事が大好きな県外の友人や海外の友人に見せたいの♪っと写真を撮る私を、喜んでくれるといいね!って見守りながら助けてくれるような人です。
私よりちょこっと(本人はかなりと言いますが)背が高いからっと、私を見やすい位置に誘導してくれたりして…(笑)

様々な偶然で私もお祭りを楽しむ事が出来たのですヨ~。
私達も神嘗祭とか言いながら、年に一度の豪華ランチもいただけたりして、こんな幸せな時間ホント奇跡です。

白鷹

伊勢で飲む白鷹は格別にうまかった!
北海道で飲んだら普通だった。
何でだろう???

幻想的…

いちこさん、こんばんは〜。
畏れ多いと、「太」ではなく「大」の字を賜わったなんて伊勢の方々は本当に謙虚で素晴らしいのですね。
それだけ、日本の神様を祀られている地に生を受けたことを誇りに生きてらっしゃるのだなあと思いました。
御写真のような清々しいどこまでも青い空のようです。
そのような心になりたいです。
川上の御写真は幻想的で、神様の領域だと木々や川、空気が語っています。
凛として、光に満ちて…。
それをまた、御写真で見事にお伝えくださる、いちこさんは流石です!!
見事なまでの秋晴れも拝見できて、心が洗われるようです。
ここ数ヶ月、泥沼に身を沈めてたものですから…。(今でもですけど)
余計に、いちこさんの記事や御写真がありがたいです。

これでまた、明日から頑張ります。
ありがとうございます。

三郎さま

こちらもコメントありがとうございます~(´▽`)

> 伊勢で飲む白鷹は格別にうまかった!
> 北海道で飲んだら普通だった。
> 何でだろう???

何で???
鮮度?器?気分?

確かに白鷹は神宮の御料酒だけど…

話は変わりますが、沢の鶴って言うのも全国区ですよね!?
沢の鶴は伊雑宮の真名鶴の事って言うのは知ってます(^-^)b

みつばちエミリーさま

こちらもコメントありがとうございます~(´▽`)

そんなふうに言っていただけて、伊勢人冥利に尽きるというものです。
姉上へのお返事にも書いたんですが、今振り返ってみると、切っ掛けは姉上の心のつぶやきだったのかも知れません。
本当は色々あってなかなか行ける体制ではなかったのですが、とんとん拍子に全て整っちゃってました。

普段の生活からも私はそんな優雅に余裕がある方ではありませんが、だからこそ目に映る全てのものがうれしくて輝いて見えていたのかも知れません。
そんな夢のような貴重な時間をいただいたのだから、私も自分に出来る事をしたいと思っていました。
って言うより、気が付いたらここを通じてその体験した事、知ってる豆知識や情報を全て吐き出していました。
ホント、ただそれだけ(^_-)-☆

心から応援してるよ!頑張れ!

沢の鶴

今度飲みます。
教えていただき感謝します。

No title

いちこさんお祭りのお写真のアップありがとうございます。母にもお祭りの写真を見せることが出来、嬉しそうでした。先日母は15,16祭りだから伊勢に行きたいと大阪の伯母と話をしていたのですが、もう2人では行くことが出来ないので、私が一緒に行けたら良いのですが、義理両親の用事もあり、付き添うことが出来なかったので、写真を見て懐かしそうにしていました。私自身も子供の頃、道に並んで行列を見たのを思い出しました。

三郎さま

> 今度飲みます。
> 教えていただき感謝します。

え!Σ( ̄□ ̄;) マズイ!!

呑み助さんの探求意欲をあおってしまったかも…( ▽|||)

ほどほどですよ~!

利他さま

コメントありがとうございます~(´▽`)

そうだったのですかー、そんな風に使って下さったんだー!ありがとうございます。
私達の親世代は、私達なんかよりはるかに仕事や用事に追われてて、大きなお祭りがきっと唯一の楽しみだったのでしょうね!

だけどあの日の日中はとても暑くて、外での観覧に夢中になり過ぎて熱中症をおこす方もいらっしゃいました。
救急車も目の前に来てたくらいです。

利他さんのどちらの親も大事にしたくて、ご自分の分身がもう一人欲しいくらいの気持ちも良く解りますヨ~
ご自分も労わって下さいね!

こちらも~暑いです。更年期もありますが~。

いち子さん。お返事頂きありがとうございます。私の住む地域も夏に戻ったような暑さが続き、また夏物を出して着ています。10月の半ばを過ぎてこの暑さは、記憶には無いような感じです。極端な高温と低温の時代がもう始まっているのですね。またお邪魔させて下さいね~。

利他さま

> いち子さん。お返事頂きありがとうございます。私の住む地域も夏に戻ったような暑さが続き、また夏物を出して着ています。

本当に、日中は汗ばむほどです。
お互い体調管理と地震には注意していきましょうね~!

> またお邪魔させて下さいね~。

もちろんですとも~って、その前に更新ですね!( ̄▽ ̄;)

プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード