初穂曳 神嘗奉祝祭

こんばんは、いちこです~(^o^)/~~~

本日10月15日伊勢神宮神嘗祭の初穂曳(外宮領陸曳)が行われました。
もう何か月ぶりなんだろう~っと大げさに思われるほど、久しく青空を見ていなかったのですが、今日は素晴らしい秋晴れの空の下、懐かしい奉曳車のワン鳴りとエンヤ!のかけ声が響き渡っておりました。

もうドンドン写真を貼らせていただきます~。

まずはお参り、外宮御正宮とその上空です。
神聖さの中にいつもより華やかさが感じられるように思ったのは、私の思いからなのでしょうか~(^-^)

DSCN4439_convert_20161015231637.jpg


柔らかな光の注ぐ風宮

DSCN4443_convert_20161015231728.jpg


ちょうどお参りを終えたその時、第一番車が見えて来ました

DSCN4447_convert_20161015231758.jpg


綱を曳くは皇學館大学の学生さん方、全国各地の神社に御奉仕される未来の神職さん達かも知れませんね!

DSCN4451_convert_20161015231818.jpg


一番車は御木曳仕様なのですねっ!御神木に束に結わえられた初穂がー!

DSCN4456_convert_20161015182943.jpg


光を受け初穂も輝いてます!

DSCN4459_convert_20161015231957.jpg


到着と同時に、瞬時に巻き取られる綱の技はここでも生きています。
神様の依り代の奉曳車と人の手が合わさる命の綱、地面に付く事がないように、伝統の技です。

DSCN4465_convert_20161015231854.jpg


こんなに美しく渦を巻きます。

DSCN4452_convert_20161015231927.jpg



その後に続く、二番車が見えて来ました。

DSCN4479_convert_20161015232029.jpg


この大きさお解りいただけますか?一番車より大型の奉曳車です。
ん?こちらは樽です!

DSCN4482_convert_20161015232051.jpg


方向を定めるハンドルもブレーキもない奉曳車では、後ろに付く梃子方(てこがた)さん達がその役割を担います。

DSCN4484_convert_20161015183029.jpg


ねっ!樽です。
お白石を詰める樽、お白石持ち仕様のようです~。

DSCN4487_convert_20161015232124.jpg


クリックで大きくしてご覧いただきたい、、、
どうしてこんなに初穂は美しく輝くのでしょうか~!なんだかうれしくなってしまいました。

DSCN4488_convert_20161015232146.jpg


きっと喜びと感謝を乗せているからなのでしょうね(^_-)-☆
ありがたい事、何より幸せな事であります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ああ日本

ほとばしるような初穂、秋とはいえ青々とした樹々の神宮、うっすらと神気のベールが全体に掛かっているような伊勢の日和だったのですね。なんと縄が真っ白だし!皇學館の学生さん達のお顔はキラキラだし! …美しい記事をありがとうございます。
そしていつも購読している日本の新聞には何やら平成30年に大きな節目の行事を迎えるような事が記してあり、なにやら胸が一杯になります。大丈夫かな、全ては成るようになっていくのかしら?と不安もありますが、伊勢が有るのだからきっと大丈夫!と想います。いちこさんもいるし〜!

おおっ!

更新している~
地球の青、伊勢の青は、本当に美しいですね~
外宮はアーモンドグリーンの空ですね。

三月の桃日和さま

コメントありがとうございます~(^-^)

いつも早速駆け付けて下さったり、写真の一枚一枚をじっくり見ていただいてるご様子、ありがたい限りです~
が、、、何いきなりハードル上げてるんですか(//・_・//)..:*・

桃さんの言われてるその節目の情報、たぶんネットニュースにもなってたらしい情報の事かと思います。
色々想いを巡らすと不安に陥る一大事かも知れませんが、次の記事も早速作りますのでぜひご覧になって下さいまし。。。

一人ひとりの力はちっぽけで何が出来るなんてとても言えませんが、この国を想う多くの人々が一生懸命知恵と力を出し合い、新たな御方を御支えしたいと望めば、この国土は惜しみなく優しさと勇気を分け与えてくれるような気がします。
じゃなきゃ、この時代に生まれ、静かな叡智に触れている意味がないとも思うのです~p(^-^)q

三郎さま

コメントありがとうございます~(^-^)

> 更新している~
ある意味奇跡のブログでしょ(笑)

アーモンドグリーンというお色があるのですねっ!初めて知って速攻ネット検索しましたよ~
最初車のお色で見せていただいて、三郎さんは車に精通されてるのかなっと思っちゃいました。
どことなく、緑の勾玉のお色に似ていますね!外宮さんの御色ステキです。

光り輝いてますね

なんと神々しい素晴らしい御写真の数々なのでしょう。
いちこさん、本当にありがとうございます。
いちこさんに御縁いただくまでは、恥ずかしながら「初穂曳き」を存じ上げませんでした。
こうして輝く初穂を拝するだけでもありがたい気持ちになります。
そして神様の許に御運びされる方々の魂の輝きが御写真から溢れています。
秋の実りの初穂の輝きに、感動して涙が出ました。
素敵な御写真の数々をありがとうございます。

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~(^-^)

> 秋の実りの初穂の輝きに、感動して涙が出ました。
本当に~ですね!(∩_∩)優しいお気持ちをありがとうございます。
きっとここまで立派な稲穂になりまで、数々のご苦労があった事と思います。

特に近年現れたイセヒカリなんて恐ろしい程に人を見る米だと言われているのご存じですか~?

その食味の良さや収穫量、御酒などの加工にも適している点から化学肥料に頼っての大規模な収穫を目論むと一気に食味も収穫量も落ち別物になってしまうというお話があります。
手間を惜しまず手塩にかけて、稲との対話を欠かさずに大事に育ててこそ、その味、収穫量共に飛び抜けて素晴らしい御米になるそうです。まさに人を見る御米です。

奉曳車に載せたその輝きはそうしたご苦労があった上での喜びと感謝だと思いました。
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード