たたき起こされレイライン(^_^)ゞ

チュン、チュン、ピピ、ピヨピヨ~、ピピピッ!!

まだ夜も明けきらぬ午前4時半頃、私の寝室の窓に一生懸命朝のさえずりを繰り返す小鳥さんがご訪問!

ΣΘ)β 『ねえねえ、起きて!もうすぐ夜が明けるよ!ねえねえ、ねえ~ってばーー!』
そう言いたげに、やたらめったらクドイくらいに、窓辺の木々から離れようとしません。

実は朝のエンジンをかけるのに非常に時間を有する私いちこは半端ない低血圧人間でございます~(;^ω^)
ですが、その声を聴いて、最近の空気感の違いを思い出し、そうだっ!ご来光を見よう~っと起き出しました。

ΣΘ)β 『やっと起きたのねっ!毎度の事ながら、いっちー起こすのホント大変なんだから・・・』
っと言いたげな小鳥さん、それでもご来光を眺める場所まで移動してもしっかりお供してくれました。(∩_∩)


DSCN3924_convert_20160604155029.jpg


DSCN3925_convert_20160604212822.jpg


DSCN3927_convert_20160604213750.jpg


写真では白く写りがちな日の出ですが、実際の目で見ている今日の日の出は見事に真っ赤な太陽でした。

又、いつもは伊勢の南にそびえる朝熊山山脈があり、その山を超えた日の出なのですが、夏至間近の今の時期、一番北よりの夏至線=太陽の道からの日の出はウチの山からも伊勢湾から昇る太陽を見る事になり、日の出の標準時間とピッタリになります。


DSCN3923_convert_20160604161412.jpg


↑日の出直前の空の様子です。右端に見えるのが、朝熊山の東の先端、左端の木の近く、わずかに明るくなっている所からお日様は昇ります。(ちょっとブレてる写真ですみません)

ΣΘ)β 『見せたかった。。。』


DSCN3922_convert_20160604161439.jpg


どこかそう言いたそうなクールな小鳥さんの背中に、感謝感謝の早朝でした。(得意のシルエット写真ですが…笑)
ちゃんと今日がお休みなのも織り込み済みなのかも知れませんね~、ある意味 w(°O°)wスゴイ

で、数時間後に気付いたのですが、、、まずこの地図をご覧ください。

c0119160_2315101.jpg


先ほどもちょっと触れましたが、夏至(今年は6/21)間近のこの時期、太陽の道は一番北よりの東から昇ります。
なので、伊勢で言うとちょうど二見夫婦岩の間から昇る日の出が有名ですが、その後ろには富士山があり、そのまた後ろには皇居や明治神宮、そのまたまた後ろには、日立の鹿島神宮や天之日津久神社がある訳です。

又その日の出を見ている私の後ろには、吉野山、四国の剣山、九州の高千穂が並んでいると言う事なのかも知れません。
近場の方向なら大体つかめるのですが、ここまで広く考えると頭の中が混乱しがちな方向音痴ですけど、それでも太陽の御力が一番強いとされるこの夏至の時期、その一直線上に並ばせていただき昇る日の出を拝した実感に、小鳥さんに頭が上がりません。m(_ _)m


DSCN3929_convert_20160604155054.jpg


それと、そうだっ!日の出だー!っと思ったそもそものきっかけが、この6月に入ってからの空気感の違いでした。

伊勢志摩サミットを無事に終え、お巡りさんロスにおちいる人々が続出の伊勢の町~
いやっホントに皆さん口を揃えて、なんだか寂しくなっちゃったね~なんて話しています(^-^)

それだけ、とても爽やかに明るく元気な笑顔で接して下さったお巡りさんや自衛隊、海上保安庁の皆さまは伊勢の町にピッタリ溶け込んで下さっていたように思いました。
きっと当日はそんな状態ではなく、ピリリッと凛々しいお姿で任務に当たって下さったのでしょうが、、、
昔々から多くの人々を受け入れてきた伊勢の人間にとり、何よりありがたく、きっとどこか懐かしい光景だったのです。

そんな皆さま、帰郷前に伊勢神宮に御礼参りをされていたとよく耳にします。
無事大役を果たされた感謝の想いを奉げられ家族が待つ家へと帰られて行きました。
きっと伊勢の息吹もそんな皆さまを通じて、全国各地に届けられている事と思います。

そんな後ろ姿に、伊勢市民は心の中でそっと手を合わせています。。。ありがとうございました。


DSCN3933_convert_20160604214255.jpg


っと話がソレましたが、これも書いておきたかったので許して下さいね~(*´艸`)
話を元に戻して6月に入ってからの澄み渡る空気感の違いは、次の記事にアップさせていただきます~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

これは縁起が良いですね!

早起きは本当にお得ですね~
吉祥です。
目出度し目出度し。

三郎さま

コメントありがとうございます~(-^^-)

そうかなそうかなっ~♪吉祥かな~♪
小鳥さんのおかげです~(^_-)-☆

神々しいです

日の出の美しさが神々しくてありがたいです。
あ〜私が画家だったらきっと、何枚も描き続けたくなると思います。

いちこさんが早起きしてくださった御蔭にて私達も日の出を拝見できました。
ありがとうございます。

伊勢の地は自然に恵まれていて本当に日本を代表する神様の地ですね。
いちこさんの御写真で改めて感じました。
その日本の美しくも気高く崇高な世界を各国トップの方々が体験されたというのは本当に素晴らしく、今も興奮冷めやらぬ重いです。

私達の心の奥にあるスイッチが起動する始まりだったのでしょうか。

今日も素晴らしい写真をありがとうございます。

(お巡りさんロスですか〜。ふふふ。守る為に一生懸命な御姿は凛々しく美しいですものね。)

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~(-^^-)

真っ赤な太陽はとても美しかったです。
日の丸そのものでしたよ^^
写真を通じて一緒に一直線上に並んで下さってうれしいです。

日本全国津々浦々素晴らしい土地は沢山あると思います。
美しい景色もホント一杯ありますよね~
私はほとんど伊勢しか知らないので、この場所でしか微細な空気の違いも解らないのですよー(^^ゞ

でもそれが、伊勢を大事に思って下さる皆さんのお役に少しでも立ててたらうれしいのですけどね~♪

興奮冷めやらぬ想いは私も同じ、だから余計にロス状態なのかも知れませんね~!
誰もが同じ事象に喜び感動する、一緒に一つの方向性を見出す、それも大事なスイッチかもかもですね~

御来光は赤いんだー!

日の出がこんなに深い赤なんて! もうずっと見ていない天の色です。なにやら時差ぼけのせいか、朝はやたらと早く目が覚めるのに、こちらはずーっと雨降りでして、お日さまをずいぶん見てません〜(泣)。だからこんな写真がみれてうれしいですー! 
いちこさんの地図上の解説がわかりやすくてうなりました。そして、ずーっずーっと昔にイザヤさんという方が預言したとかいう、「…日出ずる国の島々で神をあがめよ…」って旧約聖書の一部を思い出しました。
小鳥さんたちはちゃんと知ってたんですね。

三月の桃日和さま

コメントありがとうございます~(-^^-)

そうなんですヨ!この日の日の出は真っ赤でした。
いつもいつも真っ赤ではなく、白っぽく輝いたり、黄金色やオレンジの時もあります。
その日の雲の具合や、たぶん何かしらの磁気の関係で様々な色を見せてくれるんだと思います。
お日様ですから、見ているものの心も反映してくれているのかも知れませんよね~♪

旧約聖書の一文、「…日出ずる国の島々で神をあがめよ…」
これも私は初めて聞かせていただきました。これってそのまま日本の事ですよね~!
改めてスゴイ、ましてやイザヤさんってあの預言者のイザヤさんでしょう~w(°O°)w

そー言えば、伊雑宮の御神田で御田植神事の練習やっておられました。
しばし時間も忘れて、神事の様子見入ってしまいました^^
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード