安心して下さい、入ってますよ!

た~いへん!大変!!ビックリニュースです!!
私の大事な野外想曲ステージが、屋外エイッ体操道場がえらいこっちゃです~~\(◎o◎)/!


20101028213518c17_20160301000853253.jpg
(昇る朝日が作った幻日現象)

ちょっと落ち着いてご説明申し上げます。。。

私とワンコとのお気に入りのお散歩スポットが朝熊山麓にあります広大な広場なんですねっ!
そこからは南に朝熊山の頂上を間近で見渡せる事ができ、そこから眺める夕陽はなぜか頻繁に虹の柱を伴った幻日(げんじつ)現象となり、その素晴らしい光景を目にしながら、この地と共にある事を心からうれしく思える大事な時間となっていました。

幼い頃から私にとっての朝熊山は、目には見えないバリアでこの町を守る正義のヒーローのような存在でしたから、今でも尊敬の念を込め、朝熊山やこの自然に届けばいいな~♪なんて思っちゃう訳でもあります。
そうして口ずさむメロディーやその言葉、もうお散歩といつも共にあったと言っても過言ではありません。
ついでにワンコ達の超ご機嫌な笑顔もね~"ヘU^ェ^U(笑)

朝熊山が好きな理由。。その2

そんな場所がここ最近工事中になり、何か新しいスポーツ施設でも建つのかな~っとのんきに思っていたのですが、いよいよその全貌が姿を現し、その完成予想のイラストまで大きく掲示されておりました。

それがコレ↓

DSCN3137_convert_20160228101449.jpg


要するに、伊勢志摩サミットでの会合の様子や各国リーダーの動向が、ここから全世界に向け発信されると言うお話。
その期間中、国内外の報道関係者5000人以上もの方々がこちらを利用される見込みとの事です。

この建物は伊勢の街並みの黒壁等地元の伝統的なデザインに加え、木の丸柱で囲まれた通路など、「『和』を感じさせる演出」を凝らしたデザインになっているそうです。

あはははっ(〃∇〃)ゞ
そんな事になるなんて、、、よろけながらも体操やってたし、言葉と共に一歩一歩踏み締めた事7年余り。。。
だってねー、本当に普段は誰も居ないのよ、たまに他のお散歩ワンちゃんやウォーキングのおじいさん達に会うけど、ご挨拶だけしてあっという間に通り過ぎてしまうから、、、


IMGP0043_201603010012278f5.jpg
(広場から見える朝熊山山頂)

それじゃー私はいったいどのくらいこの場所を歩かせていただいてたのだろう~っとちょっと疑問が湧き、その数字をざっくり計算してみたのです。

だいたい、一回のお散歩の時間が30分~1時間なんですねっ!
その事から一回に付き約3㎞は歩いていると仮にします。

それを年間約1/3程度こちらに来させてもらったとして120日間
それを続ける事7年間として…

3km×120日×7年=2520km

この2520kmって北海道の稚内から沖縄の那覇までを直線で結んだ距離にほぼ等しいらしいのですが、、、
うっそぉ~~(¬ε¬;) 
っと我が事ながら思ってしまうのですけど、ホント?計算合ってますか?

ただ思い返すとこの7年間私自身様々な事がありまして、、、
父の事故によりそれまで父と二人で自宅介護してた母が施設入所となりました。
その時すでに要介護度は4~5だったから、私一人で入院中の父の看護と母の介護、おまけに日常の事もあり残念ながら無理だったのです。
その母の施設がこの広場のすぐ近くだった事もあり、意識の戻らない父の世話、母の見舞いとワンコの散歩は毎日の日課でもありました。
そんな先の見えない苦しい日々に、このお散歩の時間が何より私自身のパワー充電になってた事、今ならはっきり解ります。

お日様は繰り返し繰り返し大丈夫だと虹の柱を見せてくれました。
そして朝熊山はいつでも清らかな風と色鮮やかな緑を私に与え続けてくれました。
それは幼い時に思ったバリアの中の安心感を感じるひと時でもありました。


IMGP2674_convert_20121101221229.jpg
(朝熊山に架かる目に見えるバリアーだねっ!)

だからこそ、この場所が大好きでそこに自然と感謝の気持ちもわくってものです~

でもこれってきっと私だけではないですよね~(∩_∩)
サミット開催期間の前後、全国10都市で様々な閣僚級の会合が行われます。
その土地を愛し慈しみ、そっと感謝の想いを置いている多くの皆様がそこに沢山いらっしゃる事だと思います。
私もそんな皆様と共に心豊かな新しい時代に向け、ほんのちょっとでもこの地の力になれたらうれしい限りです。

だから、とにかく明るいいちこは、『安心して下さい、入ってますよ!!』( ̄▽ ̄)
っと言ってみたいが、、、

(`□´)/ 『たかだか数年で偉そうに言うでない!継続は力なり!大事な家族(ワンコ)と何より自分の健康の為だ!!』
っと父からの容赦ないツッコミもー


( ▽|||) ゴモットモ…

『安心して下さい、入ってますよ!!』

動画で分かるG7伊勢志摩サミット 
<G7 伊勢志摩サミット公式ホームページより http://www.g7ise-shimasummit.go.jp/>

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

絶景

美しい朝熊山を見渡す、
この広場の空気。。。
美味しそうですね。

三郎さま

コメントありがとうございます~(^_-)-☆

そうなんですよ、朝熊山から吹く風が心地よくとても気持ちのいい場所です~♪
もちろん空気も美味しいですよ..:*・

明るいのはいいことですね

いちこさま
いろいろと大変なことがおありだったのですね。

伊勢神宮に参拝した折に朝熊山の金剛證寺に行ったことがあります。霧がでたように記憶しています。あの林立した卒塔婆にはなにかぐっとくるものがありました。

とても素敵なお山ですよね。

くじゃくさま

コメントありがとうございます~(^_-)-☆

> いちこさま
> いろいろと大変なことがおありだったのですね。

でも、それがあったから私自身強く成れたし、伊勢の自然の素晴らしさにも気付かせていただいて、こうやって皆さまとの御縁も持てたのですから、私にはちょうどいいありがたい試練だったと思います。ご心配ありがとうございます~

ところで、そっち行っちゃったのですねー(≧∇≦)

>あの林立した卒塔婆にはなにかぐっとくるものがありました。

もうご存知ですか?そっちじゃないのよ~、もうちょっと先に行くと足湯の展望台があるので、行かれるのでしたらそちらにー(^_^;)
卒塔婆の所は伊勢志摩の人達のもう一つのお墓のような場所なんです。
私たちはたけさんとかたけ参りとか言うのですが、葬儀の後、伊勢志摩で一番高いその場所からあちらの世界にお見送りする為の場所なので、そこはスルーにされた方がベストです!

伊勢側から見て東から西にズラズラズラっ~と、お雛様の金屏風のように並ぶ山脈を眺めるのがまた最高なのですよー(^з^)~♪

残念なくじゃく

いちこさま
知らないとはほんと罪ですよね。

今回教えていただいたので次回は決してそっちへは
行かないようにしていちこさまのおっしゃる絶景を眺めたいと
思います。

くじゃくさま

> いちこさま
> 知らないとはほんと罪ですよね。

いえいえいえっ、近頃は伊勢の地元Pでも知らない人が多いくらいなんです。
志摩の田舎の方がそういう風習は色濃く残っているような…
だからそれは仕方がない事、反対にご存じだったらどんだけ伊勢通かびっくりしちゃいますヨ~(笑)

うぉ〜!!すごい!!

こんにちは、いちこさん!
この記事を拝読して興奮が抑えられません!!!
やはり、いちこさんの御散歩が伊勢サミットを誘致された理由の1つですね。(絶対そうだって私は思います)

天からの光のカーテンが美しく、神様の地、伊勢を包んでいてあまりの美しさと神々しさに涙が出ます。
ああ、日本に生まれて住まうことができる幸せを改めて感じます。
いちこさんの記事で1人が頑張ってもなあ…などと思いがちな日々を反省しました。
まずは1人から始めていけば、渦巻き様々な力が集結して大きく世界を変えることができるんだと確信いたしました!
この御写真の光のバリアーのイメージを心に焼き付けて雑多な日常のいやなことたちから、自分の心を守って行こうと思います。
ありがとうございます〜

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~(^_-)-☆

いやいやいやっヾ( ̄o ̄;) 誘致は絶対無関係ですってー!!
そういう次節に伊勢の神々が日本のお偉いさん達を通じそのご意志を現わされたのでしょうとも(^-^)

でもそんな中、自分がとても大事に思い温めてきた場所、そこから世界へ新しい時代を開く何かが発信されるのだとしたら、
こんなうれしい事はないですよねっ!正直諸手を上げてバンザイ三唱をしたい気分にもなりますが、その度にじじのめっ!!(-_-メ)ってな顔が頭に浮かぶものだから、ここは慎重に父に対して『安心して下さい、、、』と言ってみました(笑)

でも考えてもみて下さい。
だったら神宮さんにはどれだけ感謝の想いが蓄積されているかを…!現代の私達だけではなくて、脈々と続く先人からの想いもですもの~、それだってお一人お一人の心が置いたものである事には変わりないはずです。
渦を巻き今という次節を呼ぶ力となったのかも知れませんよね~(^-^)∠-☆
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード