スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様の風 2

前回記事の続きになります。

ーーーーーーーーーーーー
その直後です、今度は御正宮の真向かいにある山の木々や御山自体が、グウォーーーッ ともの凄いうなり声を上げ始めました。
風の音と、木々が揺れ合う音と、それらが辺り一面を囲んでいる音が響き渡ります。もちろん私の立っている参道もです。

いらしてる。。。 そう思いました。

風が大きく動く音を聞いていた次の瞬間、今度はパラパラパラ、時おりバサバサバサーっと雨のように、いや雨よりもっと大きな、しかも明らかに個体が、天より一斉に降って来ました。

もう、驚く暇もなく、ただ唖然とすぐ目の前で起きている事を見ているだけしか出来ません。
何が降って来たのかと思うと、目の前の参道には神宮杉の葉、しかも見事に枯れた枝葉のみが大量に落ちていました。


DSCN2620_convert_20151205135414.jpg


DSCN2619_convert_20151205183946.jpg


ここで、申し訳ありませんが、今一度前記事の御幌(みとばり)の写真を今度は参道を意識してご覧いただければっと思います。
お気付きになられたかも知れませんが、この時参道はお掃除していただいた直後だったのです。
前記事の画像にはお掃除道具も私の立ち位置のすぐ側の階段下に写っていますよね!

それが、あっと言う間に、盛り沢山の落ち葉ならぬ落とされた葉。。。
思わず、「あっちゃぁ~、ウソみたいや…」Σ(><;)
と、どなたかがつぶやいた声が聞こえてしまいました。

そりゃ無理もない事、掃き清められたばかりでしたから~( ▽|||)
だけど、御幌(みとばり)の動きだけではなく、その後の写真から、木々の上辺りでの大きな風の動きをきっと感じていただけるものと思いました。

ちなみに私は無傷で大丈夫です。
最初から端っこの隅に立たせていただいてたもので、仕切りの木の塀がありましたし、以前の経験から大丈夫だと安心していましたし、何より怖がる暇さえありませんでした(笑)


この後、御正宮に参拝させていただきましたが、なんだかものスゴイ光景を見させていただいた事、ぜひこれを皆さんに見ていただきたいと深く頭を下げたのは言うまでもありません。


DSCN2627_convert_20151205135435.jpg


その後ですが、まだもうちょいありまして…(´ー`)
荒祭宮での参拝を終え、帰り道の事でした。

お日様もだいぶ高く昇り、空は見事に晴れ渡っているのに、細やかな粒が頬に当たりました。
えっ?散水車でも居るのか?エアコンの室外機があるのか?っと周りを見回しましたが、ある訳ないですよね~
んー?キツネの嫁入り?でも何か違うぞっと考えてた時、

。。。風花(かざばな) と思い付きました。

私の類まれなボキャブラリーの中に、こんな美しい言葉があったのか???
たぶん無かったからこそ、その響きの美しさに自分でやたら感動してしまいました。
これが、風花って言うんだ!!(´▽`)
今年一番の雪の華である風花を内宮さんでいただきました。


DSCN2632_convert_20151205135504.jpg


宇治橋を渡る直前に撮った日の丸です。
風になびいていますが、この時までは風は吹いていませんでした。

御正宮の真下でその音を聞いて以来、そのうなり声も風の音も聞く事はありませんでした。
必然的に日の丸もぺシャンとなってしまっていまして、今回はたなびく国旗が見れなかったなーっと思った直後
ングゥオーーーー が始まるので、まさかまさかっと思っていると、見事に広がってくれました。

周りの木々も精一杯の彩を加えてくれたように思います。


DSCN2642_convert_20151205135616.jpg


さあ、終わり良ければ全て善し。
最後の一か月をより良いものとし、今年を締め括っていただく力になれたら幸いです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

凄くいい!

うぉ~~~~っ!
この画像と文章はお宝です!
ご遷宮後一度も伊勢に行っていない私のために有難うございます!
う...うっ...うっ...うっ...(感動の涙を表現)
勝手に携帯の待ち受けに使わせてもらうかもしれません。

三郎さま

コメントありがとうございます~(≧∇≦)

ほっ本当ですか~!?
撮らせていただけた画像はともかく、私の文章でイイんでしょうか?
私は実況中継しか出来ないから…

つい今しがたもある所で素晴らしい表現力の文章に感動しきりで、
穴があったら埋もれたい。えっ?
穴があったら浸かりたい。ん?
穴があったら入りたい。これだ!!
なんて一人でツッ込んで呆れてました(-"-)

画像はどうぞ!北の地にも届けて下さい。

すっご〜い!

いちこさん!
素晴らしいと言ったらいいのか凄いと言ったらいいのか、言葉が見つかりません。
もう鳥肌を通り越して、ビリビリ全身に電流が走りました!
神宮の風をしかと感じさせて頂きました。
いちこさんのお写真と臨場感あふれる文章で、まるで神宮の神域に立たせて頂いているかのようです。
本当にありがとうございます!

神々しい!!!

いちこさん、記事のアップありがとうございます。
ただただ御写真と御写真から広がる空間に見入ってしまいました!
神々しい美しさに心が震えました。
風が吹く…というより風渡る…という感じでしょうか。
凡人の私には計り知れませんが、2Dのはずなのですが3Dで伝わるすごさ!
いや、4D、5Dかも。
音も、空気感も、香りまでも感じれるくらい伝わります!
感動の嵐が心に渦巻いています。
いちこさんはやっぱり神様の申し子でいらっしゃること再認識しました!
素晴らしい記事と御写真ありがとうございます。

風に舞う花雪

いちこさん、記事をありがとうございました。
心の中で一緒に参拝させて頂きました。
私もいちこさんの文体、大好きです。そして…やっぱりね、今回も私は移動中でして、いちこさんの記事が更新されてたー! ただいま、欧州のとある元・社会主義国をうろちょろしております。空も街並も、どんよりと灰色の中、今日はいちこさんの写真と記事から届けられる伊勢の清浄な大気を感じさせて頂けたような気分…。うれし!
どこかで読んだんだけど、欧州は終わるのだとか。それでも一生懸命生きてる人々がおられるのだから、今までの欧州が終わるにしても、風花のようにふわっと軟着陸っぽく行くと良いな、と思います。私も風に吹かれるみたいに、あちこちふわふわ?飛んでますが、心の中に自分で風をたたせなきゃ、とも思います。風を起して心の中に日の丸、はためかすぞ〜…なーんて。いちこさんの写真や文から、いろいろ心構えのヒントを頂いております。というわけで今日も「みーずの上にも織る錦〜」と歌いながら、師走を駆け抜けまーす。桃

ユーマミさま

コメントありがとうございます~(^-^)

その場に居合わせた私より、はるかに感慨深く感じ入って下さっているご様子で、それだけ大事に想って下さっている証とありがたく読ませていただきました。
なんだか訳解らない程の出来事でしたが、時間の感覚もおかしくなってしまうようです。
私にはもっともっと長い時間に感じたのですが、今画像データの時間を確認してみたら、、、
御正宮の前に着き、御幌(みとばり)を見上げ、風の動きに注視して神宮杉の枝葉が降った。ここまでわずか30秒そこそこでした。

最低でも3~5分以上は経ってたような気がしてならないのですけどねっ…???(・_・?)
でも、怖がる暇さえ無かったのはどうも正解みたいです(笑)

でも一番は私の御参りも含めたそこにいた全時間中に、他の参拝者さん達が誰も来られなかった事なんですよー!沢山いらしたのに皆さんどこを回っていらしたんだか~?

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~(^-^)

見ていただけて良かったです!こちらこそいつもありがとうございます。
でもでも、なんだかまたまた勿体ない事を言って下さってるご様子、、、(^_^;)

ぜんぜんそんな特別な者じゃないですからね!ホント平々凡々の一般人ですよ!
そんな私がここまで解りやすくその御力を感じる事が出来るのは、それだけ今までより、より一層の何かこう力がみなぎっている証拠だと思うのです。
皆々様のおかげだと心底思いますし、サミットに向けてどこまでMAXになるのだろうとも思うのです。
風渡るもとても美しく素晴らしい表現ですが、やっぱり今回は動くなのよ~

三月の桃日和さま

コメントありがとうございます~(^-^)

ありゃ、またやらかしちゃいましたか…、滅多に更新しないのに面白いシンクロ具合ですよね~♪
でも、ホント桃さんたらイイ事言ってくれますよねー!これなんて最高です。
>心の中に自分で風をたたせなきゃ、とも思います。風を起して心の中に日の丸、はためかすぞ〜
記事書いたのは私ですが、それを通して教えられる事も多く、これっていわゆる逆輸入(^-^)bと喜んでいます。当ってる?

どこのお国の方でも一生懸命生きていらっしゃるしもちろん安全に居て欲しいです。
だからこその今が正念場、自分の出来る事でしか何も貢献出来ないですが、少なくともこんな面白いシンクロ、欧州と日本で出来るくらいなんだから、きっと何かが出来ると信じる事にしています( ̄^ ̄)ゞ

平泉寺白山神社でも

いちこさん、わずか30秒そこそことお書きですが、時計が止まったように感じられたことと思います。
実は、先日平泉寺白山神社にお参りに行ったとき、いちこさんが体験されたミニバージョンを体験しました。
ゴ〜ッ風が吹いてきたので上を見上げると杉の枝の先がグルグル回っていました。
うわ〜っと思った途端にバサッバサッと杉の枝葉が落ちてきました。
すぐ近くの杉の上の方にカラスがいて、カ〜カ〜ないていたのが印象的でした。
その風の動きといい、バサバサと落ちて来た枝葉といい、今から思えばいちこさんが体験されたミニバージョンですね。
いちこさんの記事を拝見して、いかに風が凄かったことかと想像しています。
神様の実在と神様への畏れを感じさせて頂きました。
いちこさん、改めて感謝申し上げます。

ユーマミさま

お返事ありがとうございます~

そうなんですね!やっぱり同じような体験されているんだー!
なんだか神様の御力が今までになく満ち満ちているような、、、
それでもって今までと違い、それを私達にわざと見せて下さっているような気がしてしまいますね、、、

どうしてなんだろう~?
やっぱり桃さんのコメントみたく、今が正念場、手段を選んでいる場合じゃないからねっとの事でしょうか~?

いちこ様

はじめまして。あいまる様のブログからいちこ様のブログを見せていただきました、御写真ほんとに感動です、楽しみに見せて頂いております心洗われます!素晴らしい美しい御写真をありがとうございます!
今日は12/31です。今年一年ありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願い致します!

夏小町さま

コメントありがとうございます~(^-^)

ようこそお越しくださいました。もう少しで新しい年になりますね!
素晴らしい年にするべく心静かに新しい年を迎えたいと思います。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。