伊雑宮 御白石持ち 奉献編

前回記事に続きまして奉献の様子からアップしてみます~(^-^)

真新しい法被に袖を通させていただき、そのデザインをしみじみ見ていました。
背中に鮮やかに書かれた文字は 『志まし』

志摩市が志ましと、まし(摩市)がひらがなで書かれていました。
本来の由来は知りませんが、私は志(こころざし)がまし(増し)なんじゃないかと妙に納得しました。
伊雑宮をずーっと慕い支え続けて来た、この志摩の皆さんのお心そのもののような気がしてなりませんでした。

今回の御白石持ちに集まった志摩の皆様、新聞社発表では約1000人とか、、、
伊勢の神宮を想う伊勢市民も、伊雑宮を大切にする志摩市民も、
本当にこの土地や神様が大切で大事で仕方がない、そんな真摯な喜びがアチコチで輝いていたように思います。


奉献車



木遣披露


これは出発前の木遣唄のご披露の様子です。
その時の最後のお唄が、エンヤ曳きの直前に唄われる木遣りでした。
エンヤ曳きとは、伊勢では外宮、内宮さんへの到着直前に、猛ダッシュで走り込む時の様子です。

あと私達の町では、帰り車(氏神さんへの帰り道)の最終にある、かなり長~い上り坂を、全員で車を曳きながら猛ダッシュで登りきります~~~~~~(/ ̄▽)/ 汗
志摩では走り込みのエンヤ曳きはなかったのですが、ここ一番で皆の心意気を一つに結集させたい時、決まってこのお唄を歌うので、きっと同じ意味合いだと思います。
歌声をお届けしたくて動画アップに挑戦してみました、よろしければ見てみて下さい(∩.∩)↓

伊雑宮御白石持ち 木遣り


伊雑宮へと続く人々。。。↓

伊雑宮へと続く人々


最後まで雲一つない快晴。。。↓

伊雑宮


伊雑宮へ到着した奉献車と御白石。。。↓

伊雑宮到着


新しくなった大鳥居。。。↓

新しい鳥居


奉納させていただいた御白石。。。↓

御白石


伊雑宮遷御は11月28日に執り行われます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

伝わってきました!

いちこさん、この度も伊勢の様子をお伝え頂き、有難う御座います。
伊雑宮は今日、遷御が執り行われたとのこと。
新しい御宮に神様が御遷りになられたのですね。
動画、拝見しました。
再生ボタンを押したとたん、全身鳥肌が立ちました〜。
その場に居させて頂いているような気持ちになりました。
木遣唄を聞かせて頂いて有難う御座います。

今?

遷御の儀は20時からでしたね。
こちらの地から感謝を捧げます。

ユーマミさま

コメントありがとうございます~(*^^)/

伝わった~?だとしたらとてもうれしいです~♪
この時、今考えたらなんですけど、とても面白い現象の連続でした(^_^;)
まず、私はあくまで写真を撮らせてもらおうと、カメラを手にたたずんでいたのです。
そうしたら後ろから続々と押し寄せる人の波にアレヨアレヨと言う間に押し出され、気付いたらベストボジションに…( ̄▽ ̄;)

後ろの方を気にして身体を小さくして(そのままも充分小さいですが…ソットシトイテ)それでも写真(静止画)を撮る事しか考えてなかったのに、なぜか動画がスタートするのです(汗)指が偶然触ったのかと慌てて静止画に切り替えて写真を撮るのですが、またすぐ動画がスタートしてしまっての繰り返しで一人密かにパニック状態でした。
でもさすがに三回も繰り返すともういいや!動画を撮りますよ!!と覚悟を決めたのが、あの動画です。
そうしたらエンヤ曳き直前のお唄だったので、我ながらナイス♪っと思い撮ったはいいが、さすがに動画は初めてで、ストップの仕方が解らない~(◎o◎;)、それ故動画の最後がブレブレで道路がやたらめったら撮れているっという訳なんですワ~、仕方がないから電源OFFで切りましたけど…(笑)

でもそれが伝えるのには一番いい方法だったのですよね!誤作動に感謝です~♪

ユーマミさま

ありがとうございます~<(_ _*)>

ご無事の遷御を滞りなく終えられた御様子です。

かっこいいですね

私も動画を見させて頂きました。
いやあかっこいいですね、横にいるお姐さん達も美人ぞろいで
その場で見ているような気迫が伝わって来ました。
今日が御遷宮だったんですね。
さぞ暖かい気に満ち溢れていることでしょう。
地元の方のおかげでお宮が守られていると思うと
お参りに行かせて頂く私は、ただただ感謝しかありません。
いちこさん
ありがとう御座います

芳梅さま

コメントありがとうございます~(*^^)/

見ていただきありがとうございます。
ねー!素敵ですよね~、勇壮ですよね~!何より真摯であられます。
ウチの町内でもそうなのですが、なにせ20年に一度な訳でしょ!
次世代(子供達)への継承が大事になるのですが、いくら言葉で伝えてもそれこそ20年も覚えておいてもらえる伝え方なんて、ちょっとやそっとじゃ出来ない話です。
でもこの大人達の真摯な姿だけは、心に深く刻み込まれる事と思うのです。
大人達はその背中で、一番大事な心のバトンを次世代に渡しているようにも感じられます。

> 地元の方のおかげでお宮が守られていると思うと
> お参りに行かせて頂く私は、ただただ感謝しかありません。
大事にしている場所だからこそ、わざわざお越しいただく皆様には私達の方こそ感謝しかないのですヨ~。

光に満ちてますね〜

いちこさん、御白石持ちのご様子と伊雑宮の光り輝くお写真をありがとうございます。
今回は動画まで撮影してくださってありがとうございます。
まるで参加させて頂いたようで、胸が高鳴ります。
大鳥居も新しくなったんですね。
伊雑宮の森と澄み切った青空のお写真に感動します。
神様はこんなにも素晴らしい舞台を命がけで私達に提供してくださっているのですね。ありがたさに涙がこぼれます。
その神様を心から崇拝し、お守りされている伊勢の方々のパワーが伝わってきました。
日本を支えて下さっている要でいらっしゃいますね。
私もがんばらなくっちゃ〜!!!

みつばちエミリー さま

コメントありがとうございます~(*^^)/

おおっ!エミリーさんお身体の調子はいかがですか~
ずいぶん良くなったのかなっ!?
ハッピにアイロン掛けしていたらこんな時間なってしまいました~(^_^;)
そうなんです♪明日は町内皆が心待ちにしていた我が町の出番!!
倭姫宮の御白石持ちです。

先週の土曜日が伊雑宮、今週の日曜日(もう今日ですね笑)が倭姫宮
なんとも幸せな忙しさをいただいています。
日本を支える要だなんて、とんでもなくモッタイのーございます。
ただただお慕いし、憧れてっと言ってイイのかどうだか解りませんが、
とにかく私達の方がさせていただきたい事なんだと思います。
心を込め奉曳き、奉献させていただいてきますね~ヽ(´∇`)ノ

お疲れ様でした

素晴らしいですね!いちこさんも御白石持ちされたんですね。
内宮も外宮も御垣内参拝の際、伊勢の皆様が運んでくださった御白石・・ありがたや、ありがたやと思いながら、歩かせて頂きました。
こうして、その地に住まわれる方々が一つになって神様のために喜んでお働きになることは本当に素晴らしい事ですね。「若い衆頼んだぞ」と唄われ、何だか、胸にじ~んときてしまいました。また、きちんとその工程に添って祭りごとが進む様は、見事で感激致します。

日本人で良かった。日本に生まれさせていただいて、本当に良かったと思うのです。

楽央さま

コメントありがとうございます~(*^^)/

> 内宮も外宮も御垣内参拝の際、伊勢の皆様が運んでくださった御白石・・ありがたや、ありがたやと思いながら、歩かせて頂きました。
御白石は蓄電池と同じ事と言う説があるようです。
だとしたら、私達伊勢の民が総出で心を尽くしたのは下準備だと言えるかもしれません。
むしろここからの充電が最も大事な事であるはずです!!

願わくば、『大変です!神を称える想いが多すぎて、蓄電出来る空きがありません!!』
なーんて事態になったなら、私達はいつでも喜んで法被をまといます~(^_-)v
先人から何度も何度も繰り返し繰り返し『頼むぞ!!』と言われてる、私達の約束です。

だからどうぞ遠慮なく~(笑)私達も負けられないですー♪

いちこさ〜ん

(…と、つい、大声が出そうになります。)
今年も沢山の美しい写真の伊勢の「窓」をありがとうございました。写真といちこさんの記事から伝わるものに励まされたり、リフレッシュしたり、癒されたりと、いっぱい与えられました。マイペースな私のぶきっちょなコメにもいつも暖かいお返事を頂き、嬉しかったです。
いちこさん、良いお年をお迎えください。桃

三月の桃日和 さま

は~~い桃さ~んヽ(´∇`)ノ
(私も大声でお返事しています~)

とってもうれしいコメントありがとうございます♪
いつもの事ながら、たまーにしか更新出来ないブログにも関わらず、
お優しい言葉をいただけて、やたらめったら感無量です もう~泣いちゃうぞ!(ノ_・。)

来る年も素晴らしい一年にお互いしていきましょうね~!
距離じゃなく 心はいつも そばにいる。。。byいちこ
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード