スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が立つ その①

前回記事で、虹を見られる前に何かしらこう予感めいたものがあると書いた。
それは、虹が現われる前の独特な空気感や空の雰囲気、山の色合いを見ている事が多い。
だから、虹を見る時は出ている虹を発見するのではなく、これから現れるであろう風景を見ている。

この日もそうだった、、、

私の家はほとんど一日中遮光も兼ねたレースのカーテンが閉められている。
朝の起床後、空気の入れ替えをする為の数時間が、唯一室内から外の景色を見れる時間なくらいだ。
帰りが遅い勤め人の悲しい習慣でもある。

外に出掛けている時に、その微妙な空気や色の変化を感じれば、その方向を注視するが、室内に居るとこれがほとんど解らない環境である。
遮光レースカーテンの向こう側は多くの木々や竹に囲まれているので尚更空や山は見えにくい。

でも、こういう時は特別な胸騒ぎがするように思う、普段開けようともしないそのカーテンを何気なく開け、外の様子を伺っていたりする。
山や空は当然見えないが、その木々の間からもれる光の色や空気感がいつもと全然違うと焦った。
そのままカメラだけを手にし大急ぎで外に出た。

そこに広がっていた光景。。。


黄金に光る朝熊山


あくまで、素人カメラである、、、その臨場感を万分の一も現わせてはいないのは百も承知、また自動で調節される為、目で見ている色合いとも微妙に違うのをどうか理解されたい。

だか、この光輝く色合い、この山々だけはこの次元ではないような気になった。
時間は夕方の6:20頃だ、今の季節もう周りは薄暗くなって来ている。
いつもなら、山々もその色合いを夜の色に変えているはずだ。

朝熊山の東端


夕陽が当たっているのだろう、、、それは理解出来る。
だが、こうもこの山脈だけを見事に発光させ得るものなのだろうか、、、
上の写真は私から見て、一番遠いの東端の峯である、その距離にも関わらず山肌の細やかな稜線のラインが解るなんてことは普段では有り得ない。


雲の現れ方


もうひとつ、すでにお気付きであろうが、その頂上をなでるように進む太く長い大きな雲が気になった。
その発生源はおそらく山の向こう、志摩磯部方面ではないかと思う。
頂上を網羅するように、伊勢の東端、太平洋に舵を切っているようだ。


ここで一つ思い出した事がある、虹の現われる前の現象に話を戻すが、以前、内宮上空に現れた虹として有名になった大きな二重の虹、その直前も空や山の色の変化をしっかり見ていたのだ。

参照記事:速報!大きな二重虹

その二重の虹が現れる30~40分前である、その時私は犬の散歩に五十鈴川の川辺を歩いていた。
その時、目の前に広がる朝熊山の色合いにただならぬものを感じて何かが起こると内心思っていた。

その時の山の色を見ていただきたい。


2013年6月12日朝熊山1



2013年6月12日朝熊山2


変化した後の写真だけを掲載してもなかなか気付いていただけないかも知れない。
だが、普段からその景色を見ている者からすれば圧倒的に違うのだ!
こういう時は自分の遠近感に自信が無くなる、、、山々が飛び出す程に近く感じる迫力が半端ないのだ。
山だけではない、そこに自生する木々の一本一本にも強い息遣いを感じられるような気がする。


その2へ続く。。。

ーーーーーーーーーーー
話の途中ではありますが、いつものいちこの話口調とは全く違う書き方に違和感を感じさせてしまっているかも知れませんが、私はいつものままのいちこですのでどーぞご安心下さいませ~

今回の伊勢の自然が見せてくれた様相を自分なりに納得した時、いつもの口調では書けない、書きたくないと思ったので、自然とこういう形にしてしまいました。
詳しくはその2へ続きますので、もうしばらくお付き合いませ。。。

それと、前回台風時にご心配下さったカギコメさま方、お返事も書けず失礼していました。
実はあの台風が迫る暴風雨の9日に、父の初盆法要を御住職様にもお越しいただき、親族10数名、施設に入所中の母も連れ戻して執り行っていました。

ほとんど私一人が来客を迎える側なので、そりゃもうひっちゃかめっちゃかの大忙しでした。
おかげ様で、お越しいただいた御住職様にも、愛が溢れる精霊棚ですね!(この天候もあり)私の中でも絶対忘れない法事になりましたよ(笑)とおっしゃっていただけました。

なので、台風の轟音もなんのそのってくらいひっくり返って爆睡していました。
危機管理の視点で、これはかなり悪い見本ですから、今後充分気を付けます。

気にかけて下さってた事とてもうれしかったです、改めてありがとうございました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。