真空

昨日無事に外宮さんの遷御の儀が執り行われた事と思います。
これで、外宮、内宮、両宮の最重要祭典が終了し、新たな生の始まりを日々に刻んで行くのだと思います。


この森の向こうが外宮さん
(10月6日の外宮さん方面)


そんな昨日がどういう日だったか、身近な自然を通して、いつもの私目線で恐縮ですが、お伝えしたいと思います。


私の家はもうおなじみかと思いますが、両宮のちょうど真ん中に位置する事から、間の山(あいのやま)と呼ばれる丘陵地帯にある小高い山の頂上にあります。

なにせ昔からある山ですから、当然自然も豊かで、木々や竹が風にそよぐ音、野鳥のおしゃべりや虫の音と言った自然の音がとても賑やかな環境です^^

又、どれだけ風の無い暑い日でも、山の上だけは別世界、豊かな風が吹き抜けるなんていつもの事です。

それを父は、ここは風の通り道やからな!っとよく言っていました。

だけども、昨日は本当に静かでした。静か過ぎる程の静寂感に包まれていました。

音と言う音が全て意図的に声をひそめている…。
そんな感覚に近く、山中の木の葉や笹がピクリとも動かない、表現が適切かは解りかねますが、くもの巣さえその揺れをひかえているような、、、なんだか静止画像の世界に迷い込んだのかとさえ感じられました。

なのでそれを一言で言い表わすならば、『真空』!?っと思いました。

でも、豊かな大気の流れは感じられ、山の草花の芳しい匂いはしっかり届けられるのに…なんです。

なんだか山のみんなが、間近に迫るその時を心静かに待っている~、そんな様子に感化され、私も極力生活での音を立てないように意識し、蒸留水のスイッチONを断念しました(笑)

遠くの景色に目をやると、朝熊山の向こうから、続々と真っ白な雲の集団が立ち昇っています。
それが、様々な形に変化して、目指すはやはり外宮さん!
それらは次々、とめどなく現れては流れ、意思ある存在が多数駆けつけて下さっている様子に思えてなりませんでした。
って事は上空にはかなり強い風が吹いている証、雲の流れる速度もとっても早かったです。


( ↓ 朝熊山の山並みを越え続々と現れる白雲なんですけど、見えますか~!?)
朝熊山の向こうから…


〔ちなみに内宮さんの遷御の時の、風の流れは当然逆!
外宮さん方面から吹いてくる、豊かで優しい大きな(強いでも激しいでもなく)風が一斉に内宮さん方向に流れていました。
最初外宮さんが送ってくれてるの!?っと思ったのですが、どうもそれだけじゃなく、伊勢を想う皆さんの想いが風に姿を変えているんだっと思ったものでした。
せん越ながら、我が山の大きな木々や竹達も、次々届く想いを一生懸命中継し、星明かりの下、先端をキラキラさせながら、内宮さんに向け届けている、そんなやたら頼もしい姿を見せてくれていました。
おとぎ話みたいでしょ、でも本当だから仕方ない…笑〕


駆けつける雲



話を昨日に戻して、、、お昼間にちょっと外に出た時があったのですが、そのわずかの間に、厚い雲が一瞬切れ、その上の青空の様子をうかがう事が叶いました。
そうしたら、青空と雲の間に、先日の大きな龍神さまを思わせる雲も、ちゃんと控えておいでになりました。


雲の切れ間に見えた姿


(こちらは、内宮さんの遷御の儀が終わった10月3日の朝 ↓ )


10月3日の雲



終始厚い雲に覆われた一日でしたが、幸いにも雨は降らずに済むかな~っと思っていた所、遷御の儀が行なわれていた頃のホンの数分間、かすかな霧雨が音も無しに地面を濡らしていたようです。

でもこのわずかな時間だけなら、屋根付きの回廊、雨儀廊(うぎろう)を渡っておられる時間帯と安堵したり、霧雨の演出が逆に必要だったのかなっ!?とも思ったりして、自然の形象が見せてくれた、心強い大応援団の存在が、私には安心感も運んでくれたようです。



建設中の雨儀廊



又、その頃には、我が山の虫さん音楽隊もいつもより控えめなボリュームで、その空気に華を添えてくれていました。

さぁ舞台は整いました。
あとはどういう時代を創っていくのか、きっと私達の力に懸かっているのだと思います。

でもきっと大丈夫、いつもお日様が一緒にいてくれますから~


(今朝10月6日の日の出です)
10月6日の日の出



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

黄金の国

燃えている?
黄金のようですね。

ただただありがたいです

いちこさんがアップしてくださったどのお写真も、拝見すると
「ありがたい」の想いが溢れ、鳥肌がたち、感動に魂が震えました。
神々しい自然の御姿と、その場にいなければ感じ取れない自然の息づかいを見事に伝えてくださっていることに感謝しています。
内宮の遷御の儀は姉の家で中継を拝見することが叶いました。
「清闇」という御言葉も初めて知った次第です。日本語はあまたありますが、清闇以外には表せないご様子だと思いました。
いちこさんのお蔭で、新たになった伊勢の神様のご様子を感じる事が出来て本当にありがたいです。

三郎さま

コメントありがとうございます~(*^-'*)>

そっか~そういう事なのですね!
昨日の雲がまだ低い位置で残っていて、お日様を拝せるかも微妙だったのですが、
海から昇るお日様の位置が絶妙で、その御姿を見る事が叶いました。
雲の影響もあり、黄金に燃え立つような様相は、私達にかける想いなのかもしれませんね~

みつばちエミリーさま

コメントありがとうございます~(*^-'*)>

いやぁ~表現についての自信は全く無いのですよ~、
言葉遣いにも難があるし、伝えようとすればするだけ、回りくどくもなってしまう_| ̄|〇
それでも伝えたい想いが溢れて仕方が無いので、もう開き直って書いてます(笑)

そんな気持ちを優しく汲んで下さる皆様に、いつも励ましていただいてる次第です~
こういう事が出来る環境に、受け止めて下さる皆様に、心から感謝申し上げますm(_ _)m


No title

10月の2日内宮の遷宮と同じ日に東京で美しい虹が出たそうです。
http://matome.naver.jp/odai/2138070278386797301
皇居でも天皇陛下による祭礼が行われるから、祝福されてたのでしょうね。
今「日本は天皇の祈りに守られてる」という本を読み終えたのですが、
その中に、この著者の教え子さんが黒田清子様の祭主のお姿を去年間近で拝見されたそうで、涙が出そうなくらい感激したそうです。じっさいにありがたさで泣いている方も多かったようですよ。
画像を拝見しただけでも神々しさを感じましたものねえ。
かわいい素朴なさ〜や様のイメージでしたのに、やはり倭姫様の魂がお入りになってるんですねえ。
遷宮の写真集が出たら 購入しなければ。

遠い空と、雲と、山々

遷宮の記事を読んで、思いました。私ったらなんて遠くに住んでんだろう、遠すぎて届かないヤ、と。石ころがあったらコツーンと蹴ってる(?)ちょこっとスネ桃でしたが。f^_^;
いちこさんの写真で慰められました。そしてよーく考えたら、こんなに遠くても、私はちゃんと生きてて、ほとんどタイムラグ無しで記事を読み、写真を堪能し、…いうことないです!まったく。ありがたいことをすぐにアタリマエにしてしまってる自分に、ゴラァ〜!とカツ入れ、明日もお日さま拝して一日を始めます。金色お日さまは、地球上どこにいても見られるのでしたー。どこにいても大地に感謝します。いちこさんの素敵な写真を目にダブらせながら*\(^o^)/*
日本に生まれ育って幸せです。

お写真ありがとうございます。

いちこさん。とっても素晴らしいお写真ばかりで拝見させて頂いて感激しました。電車で伊勢を訪れると、伊勢中川を過ぎた頃から、空が変化します。伊勢の空はいつ訪れても他の地とは違う雲のオンパレードで、いつも空を見上げるのが楽しみです。龍様のお写真もすごいですが、最後の日の出のお写真、森羅万象8の表紙の亀様が浮かんでいるようにも見えました。拝見出来て幸せです。ありがとう御座いました。

記事・お写真をありがとう御座います。

いちこさんの感じたままの文章が胸に迫って、感動します。
やはり伊勢という地には神様がおられて、私たちの感謝の念も通じるところなのだなと嬉しくなりました。
雲や風、虫たちさえもこの度の遷宮を祝うなんて
もうどこを見回しても輝く命ばかりなのですね!
む〜意味不明ですよね…でも感激しています。
神様に落ち着いてこの国を見ていて頂けるように、生きる私たちの思いや行動を良いものにしていきたいですね。
伊勢の空気を伝えて下さってありがとう御座います。

てんてこさま

コメントありがとうございます~(*^-'*)>

沢山の虹の画像ありがとうございました~♪
内宮さん上空に現れた虹とそっくりですね!

天皇陛下の祈りの御心や首都東京の皆様の御心が天に通じている証拠ですよね!
共に遷宮を祈る気持ちは、日本中の皆様と分かち合えているんだと嬉しくなりました^^
ましてや黒田さまの真剣な御神事、倭姫様からお名前をいただいた町民の一人としても
ありがたくも、畏くも、もうなんと表現すべきか解らない程の想いでいます~

空にいらして下さった龍の形のような雲、きっとその姿を必死でお守り下さってた御方にも思えたりしていました。

三月の桃日和 さま

コメントありがとうございます~(*^-'*)>

ありゃ~~、スネ桃って(笑)そんな事言ってると、
『伊勢に想いを馳せるJapanese ladyよ、今は我らが共にいる、だからそんな顔しないでおくれ…』
ってアルプスの御山に言われてしまいますヨ~(^_-)-☆

それにねっ!桃さんが気に入ってくれた巨木とモフモフの御山、アレ高倉山です~
巨木さんを眺めると、自動的に巨木さん越しに頂上を拝する事になるんです。
いくらいちこのヘナチョコ写真だとは言え、一途な想いのこもった眼差しを、決して無下にするような、そんな神様じゃない事は、もうすっかりご存知でしょ♪
大丈夫、きっと想いは届いてる!そういうものだと私は想うのですd(^-^)

利他さま

コメントありがとうございます~(*^-'*)>

実はいつも皆さんの自由な解釈で、伊勢の光景を見ていただけたらうれしいなっと願っておりました。
亀さんですか!ステキな解釈をして下さってとても嬉しいです~♪

よく、伊勢に来て下さる皆様が、駅を降りると空気が違うっと言われまして、そういうものなのか~っと不思議に思ったりしていました。
空の表情も違うのですねっ!皆様から教えていただく事ばかりです~(汗)
でも、私もちょこっと外宮さんと内宮さんの微かな空の色の違いは思っていたのです~、
例えば一枚目の写真の空、斜め右上方向と斜め左下と微妙に色が違って、真ん中付近で混ざり合っているような…!?たまたまの偶然かもですけどね(笑)

ううおさま

コメントありがとうございます~(*^-'*)>

意味不明だなんて全く無いですヨ!
贈って下さったお言葉の数々とても良く解りますし、私が伝えたかった事をそのまま受け取って下さったのだな~っと私も感動しうれしく思いました。
私達人間だけじゃなく、生きとし生きるもの全て、神様の大切な祭事には、心を合わせるのかも知れない…
今想えばそんな風に思います。仰るとおり、輝く命ばかりだという事ですね!
いやぁ~その時はその時で一生懸命で、ゆっくり考えてるヒマもなく、その方向に手を合わせてまして…(笑)

これからは、神様の祭事だけじゃなく、常日頃からそれが出来るんだっという事をちゃんと理解していきたいと思います。
ううおさんのお陰です♪こちらこそ、ありがとうございます~

No title

いちこさん、お疲れ様でした。
また、このブログの代表(いちこファン)としてのご神事遂行(勝手に決めてすみません)、ありがとうございました。
早く伊勢行きたいです!
旧正宮で最後に参拝出来なかったのは残念ですが、これからまた20年お願いします。
これまで伊勢に行くと古でんちに頭下げてる人がおったけど、今回のご遷宮でその理由がわかったような気がします。
いつも何かを教えてくれる神宮、ありがとう!
素敵な伊勢の景色をわけてくれるいちこさん、ありがとう!

放浪者さま

コメントありがとうございます~(*^-'*)>

私なんてそんな風に言っていただける事、ホント何も出来ていなくって、日頃の感謝と御遷宮のご無事をと、身近な自然の仲間達を見習って、ただ自分なりの心だけをこめるだけなんです。

でもねっ今日も周りの色んな人が話していました。
遷御の儀の時間帯、まだお仕事中だったある人は、その時間にちょっと手を休めて、その方角に手を合わせていたら、それに習って部下の人達も無言で手を合わせていたんだそうです~。

またある人は、少しでも御側でご無事を御祈りしたいと、閉鎖されていると知りながらその御宮に向ったら、同じような事を考えている人が沢山みえていたんだとか…

みんな本当に真摯な想いでいらっしゃいます。
ありがたい事ですよね~
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード