スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きらやかなお正月

新年あけましておめでとうございます

DSCN4830_convert_20170103210816.jpg
<元日の朝熊山からの初日の出>


皆様におかれましては、良いお正月をお過ごしの事と存じます。
旧年中は、いつ更新するのか?しないのか?全く予測不能な当ブログにも関わらず、いつもお優しいお気持ちをかけ続けて下さり、本当に心から感謝致しておりました。

今年も相変わらずのバタバタの日常ではありますが、バタバタ出来る気力と体力、そうしたいと心から想える支えたい何かがある事に感謝しながら日々大切にしていく所存です。
こんな私ではありますが、今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m


さて、上記の写真、元日の初日の出でありますが、数枚撮影した中に、初日の出より尾花にピントが合ってしまってるこの写真がありました。
迷カメラマンと、自己主張の強いカメラのする事ですから、撮れたものを見て出来の良し悪しを判断するしかないのですが~(>_<;)

例えば、私が設定を触ろうとすると、高速のスロットマシンのように勝手に動き、その設定を変える事も不可能なんです。
フラッシュのオフやオンやオートの切り替えでさえ、高速でパタパタ動き、それを目打ち状態なくらいなんですよ~、目打ちしても思い通りにならず、1/3の確率を当てるまでやるしかないというトンでも具合のカメラです 。°°・(;>_<;)・°°。

でも、その綿毛の部分の一つ一つが、きらやかな羽のとんぼのようにも見えて、飛び立つ時を風を待っているその瞬間のようにも思えました。(拡大して見てみて下さい、無数のとんぼ達がスタンバイに見えますよ~)

尾花って秋の季語にも使われますが、早い話がススキでございます。
1月になってもすくっと立つこの姿は、植物としての最終形態の姿なのでしょうが、その種子である綿毛の一つ一つは元日の朝日を浴びてそれは美しく、空に舞う時を今か今かと待っている、連綿と続く命の輝きそのものにも感じた次第で、この写真を今年の一番に使わせてもらいました。

ススキと言えばかやぶき屋根の萱(かや)です。
神宮の御正殿のかやぶき屋根でお馴染みですよね~!
伊勢神宮は度会町に神宮御萱場と言う清浄に保たれた専用の御山を所有し、その萱を大切に育て収穫しています。
一度の遷宮で使われる萱は御萱場のざっと五年分にも相当する量が必要と聞きます。
(入山禁止の御山ですからね(^_-)-☆)

DSCN4747_convert_20170103210946.jpg
(外宮御正宮)


ところで、日本神話に登場する萱(かや)の名前を持たれる神様がいらっしゃるのご存じでしょうか?
その名もズバリの『カヤノヒメ』と言う、草の神様なのであります~(^-^)

ーーーーーーーーーー
wikiより。。。神話での記述
『古事記』では鹿屋野比売神、『日本書紀』では草祖草野姫(くさのおやかやのひめ。草祖は草の祖神の意味)と表記し、『古事記』では別名が野椎神(のづちのかみ)であると記している。
神産みにおいて伊弉諾尊 (いざなぎ)・伊弉冉尊(いざなみ)の間に生まれた。 『古事記』においては、山の神である大山祇神との間に、4対8柱の神を生んだ。神名の「カヤ」は萱のことである。
萱は屋根を葺くのに使われるなど、人間にとって身近な草であり、家の屋根の葺く草の霊として草の神の名前となった。
別名の「ノヅチ(野槌)」は「野の精霊(野つ霊)」の意味である。
ーーーーーーーーーー

ウチの山に自生していたススキは、今の季節もすくっと立ち続け、朝日が昇る朝熊山を優し気に見つめ続けているようにも思いました。
大いなる山の神様である大山祇神(オオヤマツミ)と、奥さんである草の祖神のカヤノヒメは命を産み出し、数百、数千、万倍にも育む源でもある訳ですよね~!まさに命の最強カップルとも言えそうな御夫婦神であられます

で、その御夫婦の子供として有名な神様が木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ・イワナガヒメ)であり、天孫ニニギノミコトと結婚をされ、その子孫が神武天皇へと続く訳です。


DSCN4780_convert_20170103211037.jpg



ところで、、、
話は大晦日の事に変わりますが、今年も大晦日神宮参拝をさせていただく事が叶いまして、友人と内宮で行われる大祓の様子も拝見出来ました。

慌ただしい年末を何とか乗り切り、厳かな気持ちで新年を迎えられるよう、その神事を見させていただく事で心身も清まるように思えます。


DSCN4809_convert_20170103211200.jpg



DSCN4813_convert_20170103211225.jpg


いつも斎館で御仕度を整えられた神職さんが、始まりを告げる太鼓の後に、一列になり続々と登場されます。
例年、一番先頭は大宮司様で、その後上位の方々が続くのだと思いますが、ちょっと光の加減でその御姿や御顔まで確認出来ておりませんが、、、


DSCN4792_convert_20170103211138.jpg


光り輝く大宮司様、一足先に飛んでおられませんか…(〇o〇;)!?





大宮司様はとてもお身体の大きな御方で、足元の浅沓(あさぐつ)がつややかな黒で、一瞬の光のマジックがそう見せただけなのでしょうが、、、

伊勢神宮の神鶏(しんけい)さんは、森の野生動物達に狙われるから、木の上まで飛んで枝先でくつろいでるっていう話を普通に信じている伊勢市民なので、まして酉年なだけに大宮司様までもと一瞬汗ってしまいました。Σ(・ω・ノ)ノ!


今年も良い年にしていきましょうね~(^_-)-☆
スポンサーサイト
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。