母よ、あなたは強かった。その2

DSCN4637_convert_20161127183744.jpg


いち:父さんと母さんの生きてきた歴史を聞いていると、なんだか自分の小ささを思い知らされるね( ̄▽ ̄;)

母:そんな事ないよ!いちこは元気に産まれてくれただけで、赤ちゃんの時から家族みんなを癒してくれた♪

いち:ああっ、その話ね~(^▽^;) 

祖母が無くなってからわずか数年、そのちょっとしたしぐさもなぜか亡き祖母に瓜二つの私が誕生する事になりました。

母は若い時の貧しい生活から、体の栄養状態が万全ではなく、遅がけに出来た私の事を母体も子供の安全も保証できないので堕胎するようお医者様からキツク言われていたそうです。
そもそもがバリバリの看護師ですからその怖さも十分に理解していた事でしょう~

父ももちろん気が気で無かったはずですが、こうと決めたら一歩も引かない母の事を一番よく理解しているだけに、見守るしか出来なかったと言います。


DSCN3606_convert_20161127200906.jpg


母:この子は大丈夫、とても強い子。そして私も決して負けない。。。

そんな確固たる何かを強く信じていたようです。

そうして、それから無事にこの世に誕生させてもらった私、それはそれは小さく、未熟児ギリギリのラインの弱弱しさながら、何とか無事で、もちろん母も元気だった訳です。

ところが、その産まれて間もなく、またしても母はやらかしてくれていました(-_-;)

母:母さんな~、いちこが産まれてほぼ一週間で病院勤めに戻ったの♪

いち:えええーーー?どういう事?お金の為???

母:それも全く無かった訳じゃないけど、その頃は父さんの稼ぎが十分あったんだけどねっ、、、でも病院のみんなが大人しく座っているだけでいいからって!赤ちゃんのお世話もするでって、しょっちゅう言われてしまってね"r(^_^;)

いち:あなたっ!それ無茶苦茶じゃない!ベビーベット代わりの病室ベットはそりゃ沢山あっただろうけどさっ、産前産後、育児休暇はその当時無かったのか???今じゃ産後1年や1年半なんて普通になっている話だよ!

母:どうやったんやろな~?でもみんなこぞって何かあったら処置も看病も出来る体制だから心配するなって…(笑)それに心配な患者さんも沢山居たし、そもそもそれだけその当時の病院は大忙しで大変だったのよー

いち:おいおいっ!そこは生後7日の生まれたての私を心配しようよー( ▽|||)


DSCN4646_convert_20161127201206.jpg


母:大人しく座って指示だけで良いと言われても、出勤したらしたでそういう訳にもいかず、結局ご近所の個人のお宅に預ける事になったんだけどねー。

いち:母さんチャキチャキの看護婦だったらしいね!つい最近もそんな話が偶然耳に入ってきたよ~(^▽^;)
今現在もその病院の歴代の看護師長さんはなかなかの厳しい厳格な婦長さん揃いらしい…、そんな方々が頭が上がらないのが、母さんだったってオチ付きの話で、母さんどんだけ~???と青ざめたよー(¬ε¬;)

母:母さんはとても優しかったんよ~♪ でね、預けていた個人のお宅が、個人なだけにかなり高額でキビシかったんだけど、そこにいちこを溺愛してくれた志摩のお義母さん(父方祖母)が助けに来てくれたのよ~

いち:ああっそれ知ってる!『可愛い子は元気かのぉ~♪』ってお決まりのフレーズで、始発のバスに乗り、志摩から山の上のこの家に子守りの為によく通って来てくれた志摩のおばあちゃんの話でしょ!

母:そうそう~♪ 志摩のばあちゃんは手広く農業をされてたから、それは忙しい身だっただろうに、いちこ会いたさに暇を見付けては飛んで来てくれてたの、ありがたかったよ!

いち:志摩のおばあちゃんは私に夢中~!?

母:(笑)その時、志摩にもすでに何人も孫が生まれていたけど、みんな男の子だったのねー、そこに突然現れたのが、いちこだったから、本家でも姫や姫やと大騒ぎ~♪初めての女児の孫だった事もあり、志摩のおばあちゃんも本家の皆さんもそれは大事にしてくれたのよ!

いち:姫っすか~私。。。(〃∇〃)ゞ 

母:志摩のおばあちゃんはとても面白くて、母さんに抱かれていちこがご機嫌さんでいると決まって不機嫌になる。で、わしが抱っこする~と奪って離さなくなるくらいの可愛がりよう♪

いち:おおっ!嫁姑バトル勃発ですなっ!しかも原因は私だったなんてそれどうなの…( ̄^ ̄)チ-ン
そうそう、そう言えば少し前、●子おばちゃん(父の下の弟嫁さん)からもその当時の話を聞いたのよ~!

母:え?なんて?

いち:おばさんは私の事をとても思い入れ深く、今もとっても可愛い姪っ子なんよって言ってくれた♪


DSCN3628_convert_20161127201241.jpg


おば:いちこが生まれた時、お目目くりくりのとっても可愛い赤ちゃんで、まるで動くキューピー人形さんやと親戚一同がみんな顔を見たがってたくらいの子やったんよ!お姉さん(私の母)はそんないちこにそれはいつも可愛いお洋服を着せ、お兄さん(私の父)と共にとても大事に育てていた。
その時、私はすでに結婚していたけど、まだ子供はもう少し先で良いと思ってはいたものの、いちこの可愛さにもうすぐにでも子供が欲しくなったし、結婚がまだだった弟さんの背中を知らぬまに押してた事もあった。
実際、いちこ誕生のあと親族の子供が増えてるのも事実でしょ(笑)

いち:もちろん、●子おばちゃんがお上手言って下さってるだけなのはわかっているけど、母さんもしかして、その可愛いお洋服ってのはお手製でしょうか~?

母:もっちろんです!昔取った杵柄ってヤツよね、それに私、センス抜群( ̄▽ ̄)v!!

ーーーーーー


DSCN4650_convert_20161127200803.jpg


私の母は昔からゴーイングマイウエイ的な妙な明るさ強さがある事を幼い時より感じていました。
でもこうやって初めてその苦労していたであろう子供時代からの話を聞いて、その妙な強さが、今日まで生きてきた経験と軌跡に基づいたものだと、とても芯から理解できたように思います。

苦労を苦労とも思わずに、その中で自分に出来る事を明るく楽しみながら重ねていった日々、到底現代を生きる私には逆立ちしてもマネできそうにありませんが、少なくともその明るい母と心根の優しい父の遺伝子をしっかり受け継ぐ娘として、又、今は亡き多くの親族が愛してくれた子供であった事実と共に、改めて誇りを持ち続けたいと温かな気持ちになりました。

スポンサーサイト
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード