いちこ始動!!ナンチャッテ^^

氏神様の紅梅
<氏神様の紅梅、六枚花びらの子発見!>


ご無沙汰しておりましたいちこです~(^^)∠-☆
おかげ様で父の49日納骨も終え、私自身も春に向け始動を始めたところです。

伊勢では、49日の間は故人を偲び、静かに密やかにすごしましょう~っという慣わしがあります。
全国各地どこでもきっと同じですよね~

伊勢独特と言えば、少なくとも49日間は神宮参拝は遠慮しましょう~!(一年間禁止と言う話もあります)
家族が亡くなった翌年は玄関先の注連縄(蘇民将来や笑門)等のお飾りはNG!!っと言う暗黙の約束事があったり、
少し前までは49日を待たず、御骨にしたらすぐお墓へ入れ、49日(ところにより35日)が終えるまでは毎日お墓に御参りし、お膳を整えるっという風習があったようです。

自宅の祭壇を豪華に飾るよりも、お墓に祭壇を設け、家さながらににぎやかに飾るという形式が、市内のどこの家庭でも普通に神棚を持っている、この地区ならではの神宮さんに配慮した昔の形なんだと、ご近所の石材屋さんに教えていただきました。

その形の名残から、志摩地方では御骨にしたら今でもすぐお墓に入れます。(父方の実家が志摩ですから、そうしていたのを知っています~)
伊勢ではちょうど49日に納骨しますが、それまでは毎日お墓に通う習慣が色濃く残っています。


ウチの白梅
<今年は最初に咲いた子から六枚花びらが登場したウチの白梅>



とにかく、故人に心を寄せ、静かにしめやかに日々をおくるのが何よりという地域の風習に習い、心だけは穏やかに過ごしたいと心に決めていた私でした。

でもね、色々あるんですよ~(汗)

ウチの場合偶然にも、七日置きの法要が日曜日になったもので、会社は休まずに済んだのですが、月曜日~金曜日はビッシリお仕事でしょ、土曜日は母の顔を見に施設に行ってあげたいし、父の名義変更の準備や手続き、日曜の法要準備やお墓の準備にお返しの段取り、その他諸々の家の用事とかねっ!

で、毎週日曜日の朝から大掃除してご住職様をお迎えに行ってお経を上げていただき、父の御膳のお料理したりしてあっという間に一週間が終わるっという、いつも以上にアタフタ連続の七週間でした~(笑)


ウチの白梅


ウチの白梅
<咲き始めた梅の枝越しの空、ウチの山からの空の色です>



だけど、おかげ様で、無事やり遂げたと思います。
決して豪華な法事ではありませんが、ところどころにいちこオリジナルをちりばめた、父に対してしてあげたかった事は全部出来たんじゃないかと、自分では思っています。

少しでも父の為になり、父が喜んでくれたとしたら、それはそれはうれしい事ではありますが、
これはむしろ自分自身の為だなっ!っと途中から思うようになりました。



倭姫宮参道
<この明るい参道が私が想う倭姫宮なのです~、遷宮に向けた準備が始まっていました>



これからの人生を私が生きていく上で、今回の様々の事を全部一人でやり切ったのなら、それは私にとってとても大きな自信に繋がるっと思ったのです。

私も自分の家から出す葬儀は初めての経験、何もかもが解らない事だらけなら、どこまでが大切にしなければならない慣わしで、どこからが簡略化して良い物なのかの線引きもアヤフヤなままだったのです。

なので、人とのご縁を大切にして、全ての事を教わりながら一つ一つに心を込めて行ったつもりです。

そうすると、どういう事でしょう~♪、周りの全ての人が応援団として支えて下さいました。


伊雑宮
<伊雑宮の古殿地にも仕切りが取り付けられていました。11月下旬の遷御に向け新しい御宮の準備が始まります>



時に母や姉のようなお優しさで接して下さった御住職様、あなたの明るさや人柄が良いご縁を運んでるようね~
な~んておっしゃって、いつも励まして下さったり、

かなりボラレかけそうになった墓石屋さんから救出して下さった、氏神様近くの男気溢れる石材屋の社長さん。
余りにお安くして下さる上に、お墓堀りも無料で手伝うと駆けつけて下さったので、御礼の気持ちを少し包むと、安くした意味が無いから受取れないっと断固拒否。

香典返しの御品類はウチの裏山に住んでいるっと言う方に全てお願いしたら、仕事以上のサポートを惜しまずやって下さいました。

又、ご縁ある御宮から御心配りを頂戴したり、地域の方から父の御供えにっといただいた上質の干菓子には、なぜか菊の御紋が付いていたりして、、、

(〇o〇;)なんだか畏れ多過ぎて、両手に持ったままのけぞった私。。。

父へのお気遣いだけでなく、同時に私を励ます為のご厚意にどれだけ支えていただいたかわからない程です。



伊雑宮の森
<伊雑宮の森と青い空、立ち昇る一筋の雲がそっと漂っていました>



ですから、どんなアタフタも必ず自分の糧にしていくから、大船に乗った気持ちで、、、っというのは無理だと思うけど、せめて小船~? それも無理なら、お池に浮かぶ、足こぎ白鳥さんにでも乗って、ゆるりっと見ててくれてたらうれしいなっと思う今日この頃なのでした( ̄∇ ̄〃)>


今日の写真は49日の納骨を終えた翌々日、建国記念日の伊勢の風景です。その日の空の青さにご注目下さい。


で、ここからの写真は今日(2月13日)の伊勢の空に現れた、幻日付きのハロ(内暈)です。
仕事で外出してて見付けました~、急遽外宮さんの駐車場に停めさせていただき、そこから撮影した光景になります。


2.13 幻日と内暈



同じ場所からの写真ですが、お日様の横の雲、私には長い黒髪をなびかせて、スキーやスノボーしている女の子のように見えるのですけど~~


2.13 幻日と内暈


伊勢の空も全力応援!SOCHI!!でしょうか~~d(^_^o)

スポンサーサイト
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード