今ひと度の静寂を…

奉曳車


おかげ様で9月1日、無事、大成功を収めた我が町の白石持ち行事。

いよいよに迫った遷御(せんぎょ)を控え、夢の中にいた様な熱い日々を、神領民の一人一人が静かに胸に刻んでいる最中だと伝わります。

振り返れば、平成18年の春から、第六十二回遷宮行事の御木曳きが始まった訳ですが、我が町の奉曳車の心棒は、その更に八年も前から、五年間水に浸け、三年間乾燥しといった事を始めておりました。
(ワン鳴りでよい音を出す為に…)


奉曳車の心棒


それを考慮すると、約15年以上も前から、その準備を大切に育んできた訳です。

また、ここ数ヶ月は、奉献の為のもろもろの準備が、毎日の生活の一部として、お役を務めて下さった方々の日常の全てにありました。

夜は木遣の練習に精を出し、週末は奉曳車の整備にあたり、仕事の合間のわずかな休憩時間に他の町の奉献の様子を見に出掛け、志を高めるべく昼夜を問わず奔走されていました。



本木遣



遷宮行事に携われる事こそが、この町に生かされた喜びと感謝を現す唯一の手段、誰しもの喜び勇むその背中が、無言で語りかけてくるように、日に日に町中の人々に浸透して行きました。


そして、奉献の最終日、今まで育んで来た感謝の想いを一気に盛り上げ、町民全員の心はまぎれも無く一つになりました。

それは、目には見えずとも、ワン鳴りの音が、綱を伝い私達の手に振動として届くように、
真摯に唄い上げる木遣唄に心が震えるように、確かに明確に伝わり、多くの皆さんと共に感動を分かち合えたひと時でした。



少年本木遣


御白石を奉献出来た場所は、二度と立つ事は叶わない場所なれば、今は身体に残るわずかな痛みが、唯一、その日々が夢ではなく現実だった証のような想いで、それらさえ愛しく感じられる日々のようです。

木遣や掛け声で、枯らしたノド、
采(ザイ)の振りすぎで、痛めた腕、
練りの綱ですりむけた背中、その全てを慈しみ嬉しそうに話す人々を見ていました。


女性木遣と町の人々



豊さかのぼる日の本は 千代も八千代も万代も なほ静かなり四海浪
     
しめろやれサッサ 曳いてくりよ エンヤ!!!
  (木遣唄の一節より)


これからとこしえに続く未来、四つの海が静かであり、日の本が豊かな国であり続けるよう、
今我らの心はひとつ、曳いておくれ、神のもとへ…。


外宮奉献白石



古(いにしえ)から受け継がれた古い木遣唄に、先人からの変わらぬ願いが込められていました。  


身体の傷が癒える日々に、脈々と繋がる二十年という循環を各々がしっかりと胸に刻み、
そして新たな二十年、『生』の始まりを、今静かにお待ち申し上げるところでもあります。



内宮宇治橋の鳥居



豊さかのぼる日の本は 千代も八千代も万代も なほ静かなり四海浪



スポンサーサイト
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード