町内初曳き

今日は一足先にお白石持ち奉献車をご紹介させていただきます。


御白石持ち奉献車


先日浜参宮を終えた私達は、本日、本番のリハーサルも兼ねた“町内初曳き”に望みました。

この日まで、週末はもちろんの事、氏神様の境内に車方(くるまがた)梃子方(てこがた)の皆々様が集まっておられ、その仕度や調整に余念がありませんでした。

それらが、全て問題なく仕上がっているかを、氏子達と一緒に試し曳きをします。

澄み渡る青空の元、町内の人々の気持ちが一つになりました。



鳥居の奥に御白石



奉献車の一番高い所に、鳥居が見えます~!
この奥に白石を入れた樽がきちんっと並んでいるのです~。少し見えてるでしょ!


氏神様を出発に、この写真を撮ってたのはちょうど折り返し地点の休憩所、

狭い敷地内での方向転換は大変な作業ですが、ソコは熟練の車方や梃子方さんの指示でキレイに決まりました。


方向転換


綱を身体に回し付け、満身の力を込める車方、梃子方さんの気迫漂う姿は圧巻で、法被の背中の桜の花びらが一緒に舞っていました。


満身の力を込める梃子方



後ろから見た奉献車です!

白石を入れた樽に架けられた綱も見えると思いますが、コレらも全て型が決まっていると聞きます。
全てが神事なだけに、守り継がれた伝統は、人から人へ大切に継承されて生きます。



鳥居の前に立つ神様


鳥居の前に立つは、古式麗しい神様装束に身を包んだ本木遣のお兄さん!

その目に映るのは、式年遷宮御白石持ち本番でしょうか~!?



ワン鳴りを支える車方


こちらは、全身全霊、五感を研ぎ澄ましワン鳴りの調整にあたる車方さん!

陸曳き(おかびき)の命とも言われる、ワン鳴りは、車軸である心棒と車軸受けの椀木がこすれあって共鳴する音。
車軸が先端に向うほどに細くなり、車軸受けもその形と合わせるので、ちょうどお椀のような形になっています。

そこから音が出るので “ワン鳴り” と言います。

又、こすれ合い過ぎると、その摩擦から心棒が焼き切れてしまう事もあり、かと言って、摩擦をなくしすべりを良くすると音が消えてしまう…
各町自慢の音を響き渡らせるのに、車方さん達は道中ずっとこの体勢で、調整に余念がありません。

私個人はこのワン鳴りの音、『大地との共鳴音』 だと思っています。

少し前に世界中の大地や空から謎の音が聞こえると話題になってましたよね~、
あの音を始めて聞いた時、「これって、ワン鳴りの音だっ!」っと思いました。

陸曳きのワン鳴りに対し、川曳きは車ではなく、五十鈴川を進む舟(ソリ)なのでホラ貝を用います。
両方ともこの神事には、欠かせない重要な音なのです~



町内を埋める氏子


ユーターンを終え、氏神様への帰り車、次世代を担う子供木遣さんの素晴らしい木遣歌が町内にこだましていました。



今日の空



空の青も森の緑も心を寄せてくれているような、そんな色を贈ってくれていました。


スポンサーサイト
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード