スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きている神事

宇治橋の上より


ご無沙汰してます~(汗)おかげ様で元気いっぱいのいちこです(*^-^*)
今日は先月内宮さんに初詣に行かせていただいた時のもようを書きたいと思います。

いちこ家では、外宮さん内宮さんへの初詣は成人式が済んでから…という暗黙の約束事があります。
ココで言う成人式は一昔前の成人式で、1月半ば以降にしようね!っと言うものです。

お正月や松の内、その後の連休を使って遠方の方々が沢山御参りに来られます。
両親曰く、私達地元の者はいつでも御参りに行ける訳で、わざわざ時間もお金も使ってお越しいただく方々に、心置きなく参拝していただけるよう、この期間はちょっと遠慮させていただこうヨ!っという主旨からのものです。

なので、氏神さんや伊勢の氏神様の倭姫宮、父の地元の伊雑宮には早々に御参りさせていただいても、
外宮内宮の両宮は後回しにさせていただくのが恒例です。

でも、この暗黙の約束事は、どうも幼い私が父の休みの度に『はつもうで~♪』とせがむ事を阻止する役目があったという説も浮上しております… (≧∇≦)すり込まれていたかも~笑

それで、一月の半ばも過ぎた頃、そろそろ~っと考えていたのですが、さすがに昨今のお伊勢参りブームの再来!
もう休日の人手は考えられない程です。(でもソレが何よりうれしかったりしてるのですけどね!)

途中まで行っても余りの大渋滞に何度出直した事か…(汗)

それで、結局内宮さんには、「今日行けないと初詣とは呼べないかも~」と1月の最終日になりました~!
でも、そのおかげで快晴のお天気のもと、素晴らしい光景を見せていただく事が出来ました(*^▽^*)ゞ


神苑より


ちょうど、大祓の神事が行われる直前だったみたいです。
『良かったら、見学されていかれますか!』と声を掛けていただいて、ワクワクしながら待っていました。

それは、始まりを告げる太鼓の音から厳かに始まりました。


始まりの太鼓の音


神職様のお出ましです。


神職さんの行進


この時、カメラ越しの私の目には神職さんお一人お一人の頭上と天を繋ぐ光の柱がはっきり見えていました。
神職さんの行進であり、頭上を見ると光柱の行進なのです。


祓い所にて


総勢50名もの神職さんが座された姿は圧巻です。
この神事は五十鈴川に下りる階段の上にある祓所で行なわれます。

この後、神職さん全員に榊が配られ、お一人の代表神職さんによるの祝詞の奏上が始まりました。
その間、他の神職さんはひざまずいたままで深く頭を下げられています。

その時、代表神職さんのすぐ側の寄り代の辺りから、風がグオゥ~とうなり声を上げ森の木々を揺らし始めました。
そしてその風はひざまづいた神職さんの上を順番に駆け回っていました。
白装束のすそを頭上まで巻き上げる勢いのまま、お一人お一人の背中をなでるようにです。


白装束のお姿


そこには、正しく生きている神事がありました。
神様と自然と人が一体となった日常が粛々と積み重ねられてる光景とでも言うのでしょうか~!?
私のつたない表現ではお伝えするのに無理があるのですが…_| ̄|〇

ありがたさに涙こぼるる。。。

よっしゃ~!私も頑張ろう~!!っと自然に思いました(⌒▽⌒〃)o


この直後の五十鈴川の輝きはもう何とも言えない美しさでした。↓


五十鈴川より


スポンサーサイト
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。