じじが重症です

3連休最後の12日じじが登っていたハシゴから落ちました

よく晴れたその日、台風後の後始末をやってたらしいのです


台風が通過した直後から、家や裏庭の手入れを気にしてたのですが、
じじ本人ももう高い所は怖いからなぁ~!なんて言っていたので、
私が連休明けたら業者の方に相談するから…と言って納得していたはずなのに、
気が付いたら裏庭で倒れてました

救急車で大きな病院に運んでいただき、救命病棟の集中治療室へ。。。

診断結果は、外傷性くも膜下出血、右側頭骨、鎖骨、C2椎弓骨折、
かなりの脳内出血も認められ、肺挫傷とあばら骨の骨折もあり、
今日で入院から6日経ちましたが、以前意識がはっきりしません

でも、脳内出血が入院から3日ほどで治まってきたので、
頭の緊急手術は免れました。
じじは来月で80歳になります。その高齢のせいで、イヤでも脳の萎縮が進んでいるので隙間があり、
脳内の真ん中にある一番大事な部位を圧迫するまではいっていない事がわかりました。
これが20代の人なら、有無を言わさず緊急開頭手術になっていたそうです

あと、意識はないものの手足を異常なほどバタつかせています
酸素マスクを自分で外そうとしたり、両手にはめられたミトン(グローブ)を引き抜こう
と無意識ながらやっております。
…と言うことはそこには麻痺が残っていないと言うことみたい

正直このブログ休止しようかと本気で思いました
じじの磨いた流木を見るのも辛かったし、大好きな身近な自然にさえ目を背けていたからです
自然とのつながりを自らシャットアウトし、もう書けないなぁ~なんて真剣に考えていました

そんな時、偶然おむすび3さんからメールをいただいたんです。
もちろん、じじの事故のこともご存じなく、私に下さった初めてのメールです
そのメールの最初の一行、こんな書き出しから始まっていました↓


『いちこさんの言葉がとても心地よくて気に入ってます』


この一行で目が覚めました。私のつたない表現でも気に入って大切に想ってくれる人がいる。
私の言葉=全て身近な自然が教えてくれたことです。まだきっとつながれるはず。。。


そして思い出したんです
私に『大切なことは全部自然が教えてくれるよ!』と教えてくれた人がいます。
その人の神様が以前こんな話をしてくれました。


『どんなに最悪の方向へ進もうともそれは自分から見てそう見えるだけ、
もちろん逆に、自分が行っていることが相手には最悪のものに見えることもある。
最後に行きつく先は幸せしか待っていないのである。
なぜならば、お互いに思い描き行きつく先は同じ幸せなのだから。』


今のこの事故のことだけを切り取って考えるから、不幸のどん底で不安に駆られるんです
未来なんて決まってないのに、これからのことが頭をかすめ、
最悪な事態を考えてますます自分で自分を不安にしているのです
これでは一番イヤな最悪な未来を創造してしまっているのも同じです


だけど、私達には本来幸せしか用意されていないのです。
どんな道を通っても行き着く先は、必ず幸せなはずなんです。
だったら、いつの日か、この事故のことさえも、
あの事故があってきっと良かったんだよ!って言えるようにやりきっちゃおう!と思いました。


折りしも、事故の前日の11日伊勢神宮のとある有名なお宮にみえる
名物宮司さんにお話を伺える機会を頂戴しました。
流木作品をお宮に持ち込み、流木のこと、伊勢の自然のこと、たくさんのお話をさせていただき、
どう思われるかをお聞きしました。(又後日このことは記事にさせて下さい)
その方が最後私にこういう言葉を贈ってくれました↓


『先(未来)を心配することなく、過去に囚われることなく、今に集中しなさい!!』


要は、まだわからない先のことに心を使い漏電するな!の教えですよね!
流木作品にも、じじのことにも…全てに通じることです


そんな事情もありまして、記事の更新、コメント、メールのお返事に時間がかかる場合も
多々あるかと思いますが、今のいちこを表現できる唯一の場所であり、心の整理をする大切な時間だったりするものですから、ぼちぼち更新をどうかお許しくださいませm(_ _)m


台風が過ぎ去って、青空が戻った10日の神前岬
流木に組合す白石を拾いに行きました↓

10/10 神前岬

その時、雲が一瞬で形を変え鳥の形になりましたよ↓

鳥の形の雲

スポンサーサイト
プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード