虹・虹・虹。。。

毎日じじの病院とばばの介護施設とウチの用事に奔走しているいちこを見てた友人から、

『1日有給取れるから行きたいとこがあったら連れてってあげるよ!』

とうれしいお誘いを受けました。

友人曰く、今の状況で、いちこが倒れてしまっては元も子もない…
必死になるのは判るけど、息抜きも大事な事だよ!

そこで、遠慮なく行きたい所をお願いしました(*^-^*)

“津市にある、白山神社!!2ヶ所!!”

友人は心良く、そのお願いを聞き入れてくれました。

これはその時の事です。

初めて伺う神社ですし、そのお宮も素晴らしいとの事で、
当然いちこのテンションも行きしなから盛り上がります(^з^)~♪

その道中、やたらに大きな虹が進行方向右側に見えた時には、もう気分もMAX!
いちこにとって久しぶりの虹です♪あまりに大きくてアーチの一部分しか見えなかったのですが。。。
(これが1回目の虹)
目的地はまだまだ先の為、車を止める訳にもいかず、写真は断念しました。


そして最初の目的地、“川口白山ひめ神社”にお参りさせていただきました。


川口白山ひめ神社

色鮮やかな社殿がとても綺麗な神社でした。


参拝を終え、次の南出白山比め神社に向かおうとした時、
空に本日2回目の虹が見えました(^-^)∠-☆


虹1


低い位置にアーチを描く様子が全部分かる素晴らしい光景!


虹2


思わず車を飛び降りて夢中でカメラを向けました( ̄▽ ̄)ゞ
その光景に後ろ髪を引かれる思いを残したまま、次の“南出白山比め神社”へ向かいます。


…が、途中道に迷ってしまいました(;´・`)>
地元の方に声をかけ、教えていただいたりしたものの、さっぱり判らず…
行ったり、来たりを何度も繰り返す中、細~い雨が降り出してきて一気に体感温度が下がってきました
これは諦めないと、友人にも迷惑だな~と思いながら(~ヘ~;)
かなり冷えてきたもので、温かい物でも食べようよ!っとお店に入ろうとした時、


さっきの細い雨の影響でしょうか!?色鮮やかな、本日3回目の虹が。。。


虹3


虹4


写真では薄っすらですが、目の前に見ていた虹はとても鮮明な色合いでした(´▽`)


お食事を終えた私達は、まるで、最初から虹に導かれていたかのように、
最後の目的地“南出白山比め神社”にお参りさせていただく事が出来ました。



南出白山比め神社


いちこへの優しい心使いをしてくれた友人に、神様からのギフトでしょうか…

もっとも、その光景にはしゃぎ回っていたのは、いちこの方ですが(〃∇〃)ゞ

『いつもありがとう!』 この言葉を支えてくれている友人に贈ります。



スポンサーサイト

伊雑宮

伊雑宮



ここは志摩市磯辺にある“伊雑宮”です
御祭神は言わずと知れた天照御太神さまですヽ(^o^)ノ


こちらのお宮にちょくちょく伺うようになったのは、
私の中ではとても重要な気付き(奇跡)からでした…
この気付きを授けていただいた事によって私の流木作品生活が始まります



ここから〝とんでも話〟に入りま~す♪


その時私は人生で初めて経験するような八方ふさがりの想い抱いて
大好きな倭姫宮を参拝していました (昨日のお話よりもっと前の事です)


その時は別段変わった感じもなく、またまた倭姫さまに癒していただいて
気分もリフレッシュされ元気復活!!なんてお気楽に考えていました


ただそのお宮を後にしてから、なぜだか“伊雑宮”が頭に浮かぶのです
私はそれまで、伊雑宮に行ったことがありませんでした(…と思います)
志摩市は伊勢市の隣の市で、車で30分ほどで行けます!
まして志摩市はじじの本家がある地区なので、幼いころから散々その近所
には行ってました(^_^)ゞ


どうして行った事もない“伊雑宮”が浮かぶ(気になる)のかわからないまま、
対して気にも止めずにいたのですが、
それから、見るもの、聞くものなぜか“伊雑宮”に繋がります。。。


さすがの鈍感な私も興味を持ち出して、“伊雑宮”に参拝したいと思うようになったのですが
いい年して、初めての所へ一人きりで出かける事をなかなか出来ないチキンハートのわたくし
(;><)・・・
父を誘っても、友人を誘ってもいい返事がもらえずに悶々とした日々を過ごしていました


そんなある日、これまたひょんな事から、早朝より志摩の方に家族の送迎で行くハメになります
(あとにも先のも、こんな偶然の送迎はこの一度きりでした)


無事家族の送迎役が終わり、勇気を出して一人きりの朝の参拝に行きました
倭姫さまのお宮が大好きな私ですが、そことはまた違う歴史を感じさせる様な
温かみのある優しさとでも言いましょうか…なんか言葉に出来ない感覚を持ちながら
参拝させていただいていた時、突然ある方から声をかけていただきました


伊雑宮1



その方はこのお宮のすぐ側にお住まいの方でして、初めてお会いしたにも関わらず
色んなお話をして下さいました。そのお話に乗せられるかのように、自分の事、家族の事など
を神様のまん前で色々話している自分がいました

いち ( ̄~ ̄)ξ :(初対面の人にこんなに話すなんて…)

後で聞いた話、どうもその方は私が一人で参拝していた様子が気になり、
なぜだか、ふと声をかけてしまったとの事でした
(たぶん私と一緒に誰かが居たならばその状況にはならなかったはずです)


その方が居てくださるお陰で、チキンハートの私がそれからもちょくちょくこのお宮に一人で
足を運ぶ事となります♪それからはその方のお陰も持ちまして、色んな奇跡の連続でした
もちろん今でも交流があり、私個人の事を心から応援してくださる貴重な存在です
そうした一連の行動が、今となっては言える流木作品の製作に繋がる最初の切っ掛けでもあります


・・・色んな想いを抱えて倭姫宮に参拝したある日、そんな私を見かねた姫神様が

倭姫さまノσ_σ|| : <伊雑宮の天照様にお会いしておいで!!>

天照さま川∂_∂し : <倭姫さまやこのお宮の中をよく見てごらん!そしてよく考えるのです…あなたはこの神風のふく常世の国で生活していますね!気付けるはずですよ!あなたの周りの優しさに…>

なんておっしゃってくださったように勝手に受け取らせていただいていますm(_ _)m
それからまもなくしての事ですウチの周りの木々を見て、じじの趣味であった流木磨きの
作品を見て、お宮の森、神様の森、五十鈴川、バラバラだったパズルのピースがピタッと
ピタッとはまるような感覚を覚えて今に至っています


また当初この流木作品の製作、発表に大、大反対だったじじのかたくなな心を解きほぐして
下さったのは伊勢神宮外宮の神様方で、それでもちゅうちょしているじじのその背中を最後に
ポンッ!と押して下さったのは伊勢神宮内宮の神々様だとこれまた勝手に受け取らせて
いただいておりますm(_ _)m

だってぇ~じじと一緒に参拝したあと(どうしても行かなくてはならない状況になります)、
決まってコロッとやる気がみなぎるじじなんですもの(^_-)-☆


御神田


これは私の勝手な想い込みかもしれません
今になって振り返ってみると全てがそのように繋がるのです
その瞬間はいつもその時々で一杯いっぱいでした。
そしていつの間にか忘れる…の繰り返し…

ただどうしても忘れたくない大切な軌跡(奇跡)の記憶として
この場に残して置きたいと思いました


最後まで読んで下さってありがとうございましたm(_ _)m

プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード