お正月に寄せて…

DSCN1879_convert_20150101212629.jpg


これは紅葉も今が盛りの11月30日に行われました倭姫宮の御白石持ちの様子です。
もう1カ月も経ってしまいましたが、本当に心温まる素晴らしい奉献で感動しました。
もう少し早くその様子をお伝えしたかったのですが、なかなかじっくり家に居る事も出来ず、まとめる事が困難でした。

ですが、そのお飾りはお正月にもぴったりなお目出度い色合い、また奉献行事で歌われる木遣唄は古の先人から受け継いだ伊勢の自然への寿ぎの歌であり、真摯な祈りの言葉だったりしますから、このタイミングもちょうど良かったのかも知れません。


DSCN1931_convert_20150101212854.jpg


私の町は伊勢の中でも倭姫命様の御縁深き土地柄なので、ありがたい事にその御名前を町名にいただいています。
もちろんそれが我が町の誇りであり、倭姫宮の御白石奉献にはもう本当に気合いを入れて待ち望んでいました。

この倭姫宮の奉献行事、四台の川曳き用のそりと、一台の陸曳き用の車が出ました。
車輪の付いていないそりも道路を普通に曳くのですヨ~(|| ゚Д゚)


DSCN1887_convert_20150101212717.jpg


川曳き用のそりは様々な町が合同で一つのそりを曳くのに対し、我が町の陸曳き用の奉献車だけは倭町町民約400名で曳かせていただきました。(新聞社発表この日の参加総数は3000人)

そこかしこにあふれる喜びの笑顔は、この町と共に生かしていただいている心からの感謝を、氏子である我らにぜひともーさせていただきたい!!そんな志の現われに他ならないとも感じました。

だけどだけど、これは私の勝手な自論なのですが、日本国中の全ての町が『倭町』ではないかと密かに思っているんです~(´ー`) ウフフ

倭の町って言った方がピンときていただけるかなっ!?
我が国はやまとの国、そこに住まう人々は全て倭の町の氏子であるとも言ってイイでしょ(∩.∩)v
倭=大和=大きな和=大きな調和 だとするなら、もしかしたら私達の町の絆の強さや想いが、何かの雛型にも成り得るのかも~~なんて、やたらスケール大きく捉えたりしたくなるほどの心を込めた奉献だったと思います。


倭町の民


なので、そんな想いでご覧いただけたら幸いです。
でね~っ!前回の伊雑宮御白石持ちの木遣り動画で味をしめた私♪

味をしめたという言い方は悪いですが、何度やっても勝手に静止画が動画に変わってしまった誤作動を通じて、
はじめて動画で伝える意味を理解出来ました。

以前からこの木遣り唄をどうにかしてお届け出来れば、、、っと思っていたものですから~
前に内宮さんの御白石持ちの時、その歌詞を書いたと思いますが、
参考記事:今ひと度の静寂を…

それが素晴らしい讃歌の言葉なので、真摯に歌い上げられている所を中心に撮ってはみたのですけれど、、、

さすがにまだ二度目でしょ!泣けるほど完成度が低すぎなのです~(T^T) ヒック
どこを撮っていいかオロオロしちゃてて、やたらにブレブレで悪酔いしそうです~ゴメンナサイ
ブレの補正をすると画像がやたら荒くなってしまい、これまた見れたモノでは無くなってしまったので、申し訳ありませんが、主に奏上する歌声にお耳を貸していただき、動画はチラ見程度でお許し下さい。

※1/11伊勢の風景写真と差替えました。
私の町の木遣り唄

DSCN1922_convert_20150101212823.jpg



ーーーーーーーーーーー
木遣り唄

ヨオ~
豊さかのぼる日の本は ア~エ~
<千代も八千代もよろづ代も>
なお静かなり四海波 ヨ~オイ ヨ~イトセ
<エ~ンヤ~ア ヤレ~コ~ノ ハリワサ~ノ エ~サッサ>


ホンエ~
いよよ栄える ヤ~エ~
<ヤットコセ~ ヨ~イヤナ>
いよよ栄える 内外の宮に
目出度くおさめる倭町
ハ~ヨ~イト~セ~
<ソリャ ハ~リワ アリャリャリャリャ ヨ~イトコ ヨ~イトコセ>

ヨオ~
美し流れの 五十鈴川 ア~エ~
<千代も八千代もよろづ代も>
輝く峰の 神路山 ヨ~オイ ヨ~イトセ
<エ~ンヤ~ア ヤレ~コ~ノ ハリワサ~ノ エ~サッサ>

エ~
しめろ や~れ~
<エ~ンヤ~ア ヤレ~コ~ノ ハリワサ~ノ エ~サッサ>
曳いてくりょ 

エンヤ!!! 


ーーーーーーーーーーー

御木や御白石は20年に一度しかお届け出来ないけれど、感謝の気持ちなら、いつだってどこにいたってお届け出来るはずですよね~(^_-)-☆

それじゃ~今年もいっちょ行きますか~~!
エンヤ!!! 
スポンサーサイト

伊雑宮 御白石持ち 奉献編

前回記事に続きまして奉献の様子からアップしてみます~(^-^)

真新しい法被に袖を通させていただき、そのデザインをしみじみ見ていました。
背中に鮮やかに書かれた文字は 『志まし』

志摩市が志ましと、まし(摩市)がひらがなで書かれていました。
本来の由来は知りませんが、私は志(こころざし)がまし(増し)なんじゃないかと妙に納得しました。
伊雑宮をずーっと慕い支え続けて来た、この志摩の皆さんのお心そのもののような気がしてなりませんでした。

今回の御白石持ちに集まった志摩の皆様、新聞社発表では約1000人とか、、、
伊勢の神宮を想う伊勢市民も、伊雑宮を大切にする志摩市民も、
本当にこの土地や神様が大切で大事で仕方がない、そんな真摯な喜びがアチコチで輝いていたように思います。


奉献車



木遣披露


これは出発前の木遣唄のご披露の様子です。
その時の最後のお唄が、エンヤ曳きの直前に唄われる木遣りでした。
エンヤ曳きとは、伊勢では外宮、内宮さんへの到着直前に、猛ダッシュで走り込む時の様子です。

あと私達の町では、帰り車(氏神さんへの帰り道)の最終にある、かなり長~い上り坂を、全員で車を曳きながら猛ダッシュで登りきります~~~~~~(/ ̄▽)/ 汗
志摩では走り込みのエンヤ曳きはなかったのですが、ここ一番で皆の心意気を一つに結集させたい時、決まってこのお唄を歌うので、きっと同じ意味合いだと思います。
歌声をお届けしたくて動画アップに挑戦してみました、よろしければ見てみて下さい(∩.∩)↓

伊雑宮御白石持ち 木遣り


伊雑宮へと続く人々。。。↓

伊雑宮へと続く人々


最後まで雲一つない快晴。。。↓

伊雑宮


伊雑宮へ到着した奉献車と御白石。。。↓

伊雑宮到着


新しくなった大鳥居。。。↓

新しい鳥居


奉納させていただいた御白石。。。↓

御白石


伊雑宮遷御は11月28日に執り行われます。

伊雑宮 御白石持ち

おはようございます!
昨日の伊雑宮の御白石持ちの様子をお伝え出来ればと思いアップします。

父方の在所が志摩のいちこ家、身内から新しい法被も用意してあるからね~♪
とのお誘いに喜んでご一緒させていただきました。


御白石持ちの朝


まずは今日のお天気ですが、実は週刊天気予報に今日(11/22)の予報が出だしてから、毎日チェックしていたんです。
予報はずっーーと曇りでした。

ん?天照太御神様とそれを支える志摩の皆様との喜びの祭典、この予報はきっとハズレるのでは~(^_-)v っと
伊勢のミラクルお天気を良く知る者として、密かな予感を抱いていたのですが、、、

結果は↑の写真のように、雲を探す事の方が困難な程の上天気でした~(^-^)

約束の時間より少し早めに志摩に行き、まずは参加させていただける喜びのご挨拶を…っと伺った御宮


お日様そのものの新宮


新宮が太陽そのものの輝きで光輝いて撮れました。
今の御宮と新しい御宮、両宮を繋ぐ雨儀廊も完成し、周りの色も飛んでしまう程の強い光で満ちていました。


並んだ御宮


放射状に広がる影を見ても、どうしても御宮が地上の太陽としか思えなくて、、、
まして雨儀廊ごしの御宮はもう光しか解らない程でした。


雨儀廊


私達もここまで光輝かせる事が出来る地上の太陽。。。
次の世はそういう時代なんだと伊雑宮が示して下さっているかのような光景が数多く見られました。

本日御白石をお届けする真新しい新宮の御姿。。。


新宮


この日をこの時間を共にさせていただける事を感謝致します。

月讀宮 遷御の儀

こんばんは、いちこです。

皆様台風は大丈夫でしたでしょうか?
こちら伊勢は朝方かなり吹き荒れていましたが、おかげ様で只今の時間はとても静かになっています。

本日、月讀様の宮遷り、とても美しい月明かりが伊勢を照らしています。

20:00~月讀宮
22:00~月讀荒御魂宮

月讀様に想いを寄せながら、記事更新をしたいと思います。


月讀宮


これは、一昨日の土曜日、今の御宮に最後の御参りをと伺った時のものです。
大型台風の接近もその時すでに解ってましたから、余計に心配になり、ビュンっと飛んで行ったのですが、、、
(と言っても学区内(笑)…( ´ー`)ノ )

ちょうど新宮の最後の仕上げをされているのだろうっと思われる、真っ白な作業着の老齢のおじ様方とすれ違いました。
たぶんお歳から棟梁クラスの熟練の技術者さん達だと思いました。

その方々、私の心配をよそに物凄くいい笑顔をされていたんです~!
そのお顔をチラッと拝見した瞬間に、『そっかぁ~!』と閃いて、それと同時に心配だった自分が少し恥ずかしくも思いました。

そのいい笑顔は誠心誠意心を尽くして、懸命に取り組んだ自信の現われだと理解しました。
きっと無心に魂を込めて自分の出来る事は全てやった!そういう時こういうお顔が出来るんだろうなーっと考えました。

こういう言い方は誠に失礼かもしれませんが、老齢のおじ様(棟梁)方、まるで少年のような良いお顔をされていましたから~

雨儀廊越しの御宮


そしてさらに、月讀宮の御前に立った瞬間、みるみる心が静かに鎮まっていくのをリアルに感じました。
まるで美しくおだやかな海をずっーと眺めている時の心境のような、そんな感じなのです。

きっと心配無用だよと、神様に教えていただいたように思えました。

↑の写真ですが奥から、
1、月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)
2、月讀宮(つきよみのみや)
3、伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)
4、伊佐奈弥宮(いざなみのみや)
となり、参拝順は 2→1→3→4 となっています。


輝く雨儀廊


本当に、今朝の台風がウソの様、祓い清められた空気が、月明かりを際立たせるかのようです。

月讀様の新宮は旧の御宮の正面、少し高い場所になります。
その為、雨儀廊がU字を描くように長く張り巡らされていました。


新宮


木々の奥に見える新宮から、 『ギィーーー』 っという御扉が開かれる荘厳な音が森中に響いていました。

きっと今頃も。。。


御屋根がおめみえー!

こんばんは、いちこです(^-^)/~~~

今日はもう説明不要ですねっ!早速ご覧いただきましょう~d(’-’*)
(写真はクリックでぜひ大きくしてご覧ください)


伊雑宮


伊雑宮 新宮


新宮の茅葺


新宮の茅葺


千木と鰹木


今まで白い大きなテント状の建物に覆われていましたが、その建物が外されまして、真新しいピッカピカの御屋根がおめみえしました~!

本当にえもいわれぬ美しさに、一時息をするのを忘れますよ~Σ(〃▽〃;)

でも、まだまだ完成ではないようです。
これから御扉や玉垣を始め、前面の御門が造営されます。

11月の末の遷御の日まで粛々と大事な行事が続きます。



マダマダツヅキマス。。。



引き続きまして、こちらの御宮もご覧ください(^-^*))


佐美長神社


佐美長神社 新宮


こちらも眩いほどの光を放ち、静かに荘厳さに満ちてたたずんでおられました。


ソレト。。。


御神田の稲


御神田の稲


この時期の御神田の稲です~

真っ直ぐに真っ直ぐに天に向かって伸びていましたヽ(´▽`)/~♪

プロフィール

いちこ

Author:いちこ

伊勢神宮の神様の森は甲子園球場の1300倍!だから伊勢の空気や水はとても清らかなのです

コメントもお待ちしております^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード